ニュース
» 2012年04月25日 19時07分 UPDATE

NEC、高速演算向け新ワークステーションを発売

高速演算を目的としたGPU用ボードを最大2枚搭載でき、データ解析用途などに向くというワークステーションをNECが発売。

[ITmedia]
photo SEGUENTE Express5800/55Xa

 NECは4月25日、ワークステーションの新製品「SEGUENTE Express5800/55Xa」を発売した。高速演算を目的としたGPU用コンピューティングボード「nVIDIA TESLA C2075」を最大2枚搭載でき、CADなどのCGを用いる設計・開発用途やデータ解析用途などに適するとしている。

 新製品はCPUに「インテル XeonプロセッサE5ファミリー」を搭載。同CPUによる最大20Mバイトのレイヤ3キャッシュと、プロセッサの消費電力や温度に応じてパフォーマンスを最適化する「ターボ・ブースト・テクノロジ」により、複数のソフトの同時処理や処理負荷の高いビデオ編集などを高速かつ省電力で行えるという。

 また、nVIDIA TESLA C2075を搭載すれば、CPUのみで演算処理を実施する場合と比べて消費電力を20分の1、コストを10分の1に削減できるという。このほか、グラフィックスアクセラレータに「AMD FirePro V4900」などを採用すれば、最大3画面の同時出力を行える。

 CPUにXeon E5-1620(3.60GHz)、2Gバイトメモリ、500GバイトHDD、DVD-ROMドライブ、グラフィックスアクセラレータにnVIDIA NVS300、OSにWindows7 Professionalを搭載する場合の価格が32万1000円。4月26日に出荷を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -