ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワークステーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワークステーション」に関する情報が集まったページです。

CPUはXeonからEPYCに:
NVIDIAが新型AIワークステーション「DGX Station A100」を発表 2020年末までに発売
AIデータ処理に特化したNVIDIA製のワークステーションに新モデルが登場する。CPUをIntelのXeonからAMDのEPYCに変更した他、AmpereベースのハイエンドGPU「NVIDIA A100」を4基搭載することで「データセンター並みの機械学習処理を机の下で実現」した。(2020/11/16)

ユニットコム、Xeon W-2200搭載デスクトップワークステーションを販売開始
ユニットコムは、Xeon W-2200シリーズを採用したデスクトップワークステーション4製品の販売を開始した。(2020/11/16)

TSUKUMO、第4世代Ryzenを採用したミドルタワー型デスクトップWS
Project Whiteは、第4世代Ryzenプロセッサを搭載したミドルタワー型デスクトップワークステーション「WA5A-D204/XT」を発売する。(2020/11/13)

モバイルワークステーション「ThinkPad P14s」にRyzenモデル 10万5908円(税込み)から
ThinkPadのモバイルワークステーションに、第3世代Ryzenを搭載するモデルが登場した。クーポン適用時の価格は約11万円と手頃だ。(2020/11/6)

「ワークステーションの利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/11/5)

HP、同社製ワークステーション向けのリモートワークソリューション「HP ZCentral」 WS製品11機種を投入
日本HPは、リモートワークでの遠隔共同作業などを実現できるソリューション「HP ZCentral」の発表を行った。(2020/10/22)

マウス、クリエイター向けPC「DAIV」にワコム製液晶ペンタブが付属するセットモデル
マウスコンピューターは、同社製のクリエイター向けPC「DAIV」にワコム製液晶ペンタブレットを付属したセットモデルを発売する。(2020/10/20)

TSUKUMO、Ryzen Threadripper搭載モデルなどクリエイター向けPC4製品を投入
Project Whiteは、Ryzen+Radeonを標準搭載したクリエイター向けデスクトップPC計4製品を発売する。(2020/10/8)

サードウェーブ、Ryzen+Radeonを搭載したクリエイター向けPCを発売
サードウェーブは、Ryzen+Radeonを標準等題したクリエイター向けデスクトップPC「raytrek Quebico使用スペックモデル」を発売した。(2020/10/8)

レノボ、Ryzen Threadripper PRO採用のデスクトップWSを発売 Quadro RTX×2基の装着も可能
レノボ・ジャパンは、CPUとしてRyzen Threadripper PROを搭載したハイパフォーマンス設計のデスクトップWS「ThinkStation P620」を発表した。(2020/10/6)

サードウェーブ、RTX 2060を標準装備したクリエイター向け15.6型ノートPC
サードウェーブは、クリエイター向けPC「raytrek」シリーズから第10世代Coreプロセッサ採用15.6型ノートPC「raytrek R5」の販売を開始した。(2020/9/24)

ルネサス 5DB0148:
DDR5メモリモジュール用データバッファー
ルネサス エレクトロニクスは、JEDEC準拠のDDR5メモリモジュール用データバッファー「5DB0148」を発売した。高速転送と低消費電力を特長とし、多くのメモリや帯域幅を必要とするデータセンター、高性能ワークステーション用途に適している。(2020/9/24)

サイコム、クリエイター向けPC「Lepton」にアニメスタジオ使用構成モデルを追加
サイコムは、アニメ制作会社が使用するモデルと同構成のクリエイター向けワークステーション計2製品を発売した。(2020/9/15)

モバイルワークステーション:
PR:技術者を“インドア”から解放、最新GPU搭載モバイルワークステーションの可能性
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業の設計開発業務にもリモートワークが求められている。そのソリューションの1つとしてモバイルワークステーションの採用が検討されているが、これまでは業務を行うのに十分な性能を出せないという評価が多かった。しかし、NVIDIAの最新GPUを搭載する「HP ZBook Mobile Workstation」であれば、デスクトップワークステーションに引けをとらない性能を発揮できる。(2020/9/15)

スマート工場に潜むサイバーセキュリティリスク(2):
産業用アプリストアの脆弱性を悪用したワークステーションからの侵入
スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。本連載ではトレンドマイクロがまとめた工場のスマート化に伴う新たなセキュリティリスクについての実証実験研究の結果を基に注意すべきセキュリティリスクを考察する。第2回目となる今回は、開発に不可欠なEWS(エンジニアリングワークステーション)の役割と、EWSの接続先である産業用のアプリケーションストアに着目する。(2020/9/7)

PR:AI開発をブーストする「DEEP∞」が世界一を目指すエッジAIとタッグを組む理由
パソコン工房やグッドウィルを運営するユニットコムが手がけるAI開発/ディープラーニング専用PC/ワークステーションシリーズの「DEEP∞」に、新たな相棒としてアクセルおよびaxが提供する「ailia」が加わった。本取り組みにかける思いや狙い、そこに至った経緯などを伺った。(2020/9/2)

レノボ、Xeon W/Quadro RTXの搭載にも対応したハイスペック17.3型モバイルワークステーション
レノボ・ジャパンは、Xeon Wプロセッサの搭載に対応した17.3型モバイルワークステーション「ThinkPad P17」を発表した。(2020/9/1)

デル、70mm幅の超小型筐体を採用したXeon対応コンパクトワークステーション
デルは、コンパクト筐体を採用するXeon対応デスクトップWS「Precision 3240 Compact」を発売した。(2020/8/27)

MSI、第10世代Core i7+Quadro搭載の15.6型モバイルWS
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i7プロセッサを採用した15.6型モバイルワークステーション「WF65-10TH-1216JP」を発売する。(2020/8/27)

ZOTAC、容積約2.65Lで第10世代Core i7搭載の超小型ワークステーションベアボーンキットを投入
ZOTACは8月20日、容積が約2.65Lとコンパクトボディーに、第10世代Core i7のCPUとQuadro RTX 3000のGPUを備えたワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。(2020/8/21)

ユニットコム、Xeon W-1200シリーズ搭載のデスクトップWS
ユニットコムは、同社製のXeon搭載ワークステーション「SOLUTION∞」にXeon W-1200シリーズ搭載の新構成モデルを追加した。(2020/8/19)

ユニットコム、Quadro P4200を搭載したクリエイター向けモバイルワークステーションを発売
ユニットコムは、同社が展開するブランド「SENSE∞(センス インフィニティ)」より、Quadro P4200を搭載したクリエイター向けモバイルワークステーションを発売した。(2020/8/12)

マウス、第10世代Core i7とGeForce RTX 2060を搭載したクリエイター向けノートPCを発売
マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランドDAIVから、4K有機ELパネルを採用し、Core i7-10875HとGeForce RTX 2060を搭載した15.6型ノートパソコン「DAIV 5N-OLED」を発売(2020/8/11)

MSI、Quadro RTX 5000搭載のハイエンドモバイルWSなど2製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i9を標準搭載したハイエンド構成のモバイルWS「WS66」を発表した。(2020/8/6)

レノボ、Xeon Wの搭載に対応した15.6型モバイルWSなど2製品
レノボ・ジャパンは、コストパフォーマンスを重視した15.6型モバイルWS「ThinkPad P15v」など2製品を発表した。(2020/8/4)

CADニュース:
Xeon W-1200プロセッサ搭載のプロクリエーター向けワークステーション
ASUSは、ワークステーションシステム「W480」シリーズのプロクリエーター向け機種「Pro E500 G6」を発表した。最新の「Intel Xeon W-1200」プロセッサを搭載し、複雑な設計やモデリング、分析作業において優れたパフォーマンスを提供する。(2020/7/29)

ASUS、Xeon W-1200を搭載したデスクトップWS
ASUS JAPANは、Xeon W-1200プロセッサを標準搭載したタワー型WS「ASUS Pro E500 G6」を発売する。(2020/7/14)

Creo 7.0の新機能を徹底検証:
PR:リアルタイムシミュレーションやジェネレーティブデザインを“より快適”に使うには
PTCの3次元設計ソリューション「 Creo 7.0 」では、解析結果を瞬時に得ることができるリアルタイムシミュレーションが強化された他、3D CAD業界のトレンドの1つであるジェネレーティブデザインを実現する機能が実装された。本稿では「 Creo 7.0 のパフォーマンスを最大限に発揮すること」をテーマに、最新鋭のハイエンドワークステーションを用い、 Creo 7.0 の目玉機能の動作検証を行った。(2020/7/13)

マウス、第10世代Core i7+RTX 2060搭載のクリエイター向け15.6型ノート
マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」から第10世代Coreプロセッサ搭載15.6型ノートPCを発売する。(2020/7/9)

レノボ、新デザイン筐体を採用したデスクトップWS「ThinkStation P340」
レノボ・ジャパンは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したデスクトップWS「ThinkStation P340」シリーズを発表した。(2020/7/7)

VR:
BIMに効くワークステーションと外部センサー不要のHMDを開発
日本HPは、BIMやCADのデータ作成をスピーディーに進められるモバイルワークステーション「HP ZBook G7」シリーズと、外部センサー無しで6DoFを実現するヘッドマウントディスプレイ「HP Reverb G2 VR Headset」を開発した。(2020/7/10)

脱2次元のカギは環境選びにあり!:
PR:大規模アセンブリも軽々動く、最新3D CADとワークステーションを徹底検証
装置設計の現場は今なお2次元設計が主流だ。装置単体だけでなく、生産ラインの設計にもなると数万点にも及ぶ大規模アセンブリを取り扱うケースもあるため、3次元化が思うように進んでこなかった。だが、そうした考えも過去の話。最新の3D CADとワークステーション環境があれば、これまで諦めていた3次元による装置/生産ライン設計が可能となる。(2020/7/6)

日本HP、Quadro RTXを搭載したモバイルWSなどクリエイター向けPC新モデルを一挙投入
日本HPが、薄型軽量設計のモバイルワークステーション「HP ZBook」新モデルなど計11シリーズを発表した。新製品は、8月上旬から順次発売される。【更新】(2020/6/29)

デル、モバイルワークステーション「Precision」シリーズ6製品を投入 第10世代Core採用
デルは、モバイルWS「Dell Precision」の新モデル計6製品の発表を行った。(2020/6/11)

TSUKUMO、第10世代Core採用のタワー型ワークステーションを発売
Project Whiteは、第10世代Coreプロセッサを採用したタワー型WSの販売を開始した。(2020/5/22)

Intelの10コア20スレッドCore i9+Z490:
第10世代Core×Quadro RTX 4000のパワーはいかに? マウスのクリエイター向けPCを試す
Intelが投入したデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake)と、Intel Z490チップセットを搭載したPCが続々と登場している。その中から、マウスコンピューターのクリエイター向けモデル「DAIV Z7-QR4」を取り上げる。新モデルの性能はどの程度のものなのだろうか。(2020/5/21)

マウス、第10世代Core搭載のハイスペックデスクトップ2機種を発売
マウスコンピューターは、ゲーミングPC「G-Tune」およびクリエイターPC「DAIV」に第10世代Core搭載のハイスペックモデルを追加した。(2020/5/20)

TSUKUMO、第10世代Core Xを搭載したタワー型ワークステーション
Project Whiteは、第10世代Core Xプロセッサを標準装備したタワー型ワークステーション「WA9J」シリーズ3製品を発表した。(2020/4/7)

BOXX、Ryzen Threadripperを採用したタワー型ワークステーションなど3製品を投入
トーワ電機は、米BOXX Technologies製のRyzen搭載デスクトップワークステーション計3製品の取り扱いを開始する。(2020/3/19)

ゲーミングPCの道:
第11世代Iris Plus Graphicsは本当にゲームに使えるのか――「Razer Blade Stealth 13 Mercury White」で試す
最近ではクリエイター向けPCも投入しているRazerだが、やはりゲーミングPCの動向が気になるところだ。今回は、同社のPCでは珍しくシルバー&ホワイトカラーを採用した「Razer Blade Stealth 13 Mercury White」を2回に分けてチェックしよう。(2020/3/17)

Razer、Quadro RTXを搭載したクリエイター向けハイエンドモバイルWS
デジカは、Quadro RTX 5000と4K対応ディスプレイを標準装備したハイスペック仕様のモバイルWS「Razer Blade 15 Studio Edition」を発売する。(2020/2/20)

日本HPの2020事業戦略:
Windows MR「HP Reverb」とワークステーション×5Gで、建築/土木のデジタルツイン構想
日本HPは2019年のトピックスと2020年の事業戦略を発表する説明会で、PC/産業用プリンタ/3Dプリンタのそれぞれの方針を示した。このうちPC部門では、セキュリティ強化と攻めのVR/AIを目標としている。とくにVRとワークステーションに5Gを組み合わせ、建設業界の業務改善を目標にしたNTTドコモと共同で検証を行うデジタルツイン構想は、今までに無い新規事業の創出にもつながるとも期待されている。(2020/2/6)

CES 2020:
注目はイーゼル(画架)型ノート Acerがクリエイター向けPC「ConceptD」を3機種発表
Acerのクリエイター向けブランド「ConceptD」から3機種が登場。イーゼル型の画面を備えるハイエンドノートPCが2機種、デスクトップPCが1機種、ラインアップに加わる(日本発売は未定)。(2020/1/6)

マウス、Ryzen 7搭載のクリエイター向けデスクトップ
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」シリーズからRyzenプロセッサ搭載ミドルタワー型デスクトップPCを発売する。(2019/11/28)

パフォーマンステストで分かる“快適さ”:
PR:進化した3D CADとワークステーション、これからの設計者に必要なスペックとは
近年の3D CADにおける進化は目覚ましく、CAE/CAMやレンダリングツールなどとの連携も格段にしやすくなっている。これらを駆使してデジタルエンジニアリングを加速させていくためにはソフトウェアの性能を最大限に引き出すハードウェアが欠かせない。最新かつ最適なスペックのワークステーションを選定することで処理遅延のイライラからいますぐ解放され、設計業務に専念できる環境を構築することが重要。パフォーマンステストを通じて“これからの設計者”に必要なスペックを探ってみよう。(2019/12/2)

Mac Pro、12月から注文受付 Appleのハイエンドワークステーション
「秋に発売」だったが、注文受付は12月からとなった。(2019/11/14)

サードウェーブ、Xeon搭載の法人向けタワー型ワークステーション
サードウェーブは、第2世代Xeonスケーラブルプロセッサを搭載した法人向けワークステーションの販売を開始する。(2019/11/12)

マウス、「DAIV」シリーズBTOメニューに10GbE対応有線LANアダプターを追加
マウスコンピューターは、クリエイターPC「DAIV」シリーズ一部モデルのBTOオプションとして10GbE対応有線LANアダプターの販売を開始している。(2019/10/30)

クリエイター向けPCやビジネスPCを強化:
キヤノンMJとMSIが直販ECサイト「MSIストア」を開設、第10世代Coreの専用モデルや5K液晶を展開
キヤノンマーケティングジャパンとエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、10月17日から直販ECサイト「MSIストア」を開設し、クリエイター向けPCやゲーミングPC、ビジネスPCの拡販を目指す。(2019/10/17)

エルザ、Quadro RTXを標準装備したプロ向けモバイルWS
エルザ ジャパンは、Quadro RTXシリーズを装備したモバイルワークステーション「ELSA VELUGA」シリーズを発売する。(2019/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。