レビュー
» 2012年05月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ERPのグローバル展開による連結経営管理へのアプローチ

株式会社アイ・ティ・アール、プリンシパル・アナリストである浅利浩一氏が、グローバルシステムの構築において求められる、柔軟性と拡張性の高いシステム基盤と連結経営管理ソリューションの重要性について、具体例を挙げて語る。

[PR/ITmedia]

 今後5年間、国内中堅製造業におけるグローバルシステム導入は大きな注目を集めるといえるが、その構築において、すべてをスクラッチで設計/開発することはもはや前近代的なアプローチである。ERPパッケージを効果的に活用することで、成熟度の発展段階をショートカットすることができよう。また、その後の最適化/最適配置へと段階を進めていくためには、柔軟性と拡張性の高いシステム基盤と連結経営管理ソリューションを重視すべきである。

 本ホワイトペーパーでは、そのための施策と情報基盤について、株式会社アイ・ティ・アール、プリンシパル・アナリストである浅利浩一氏による分析が行われている。浅利氏は、日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社が提供するInfor ERP LN、Infor IONといった情報基盤と、京セラコミュニケーションシステム株式会社が提供するGreenOffice Profit Managementを組み合わせたソリューションが、次世代のシステム像を具現化した好例であると結んでいる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -