ニュース
» 2012年05月24日 07時15分 UPDATE

Google、検索結果でマルウェア感染マシンに警告

マルウェア「DNSChanger」に感染したマシンでGoogle検索を利用すると、「あなたのコンピュータは悪質なソフトウェアに感染していると思われます」との警告が表示される。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは5月22日、世界各地で猛威を振るったマルウェア「DNSChanger」に感染していながら、まだ駆除していないユーザーに対応を促すため、検索結果ページへの警告メッセージ表示を開始すると発表した。

 DNSChangerはコンピュータやルータのDNS設定を書き換えて検索結果を乗っ取り、不正なDNSサーバにトラフィックを誘導するマルウェア。米連邦捜査局(FBI)などが2011年11月に摘発に乗り出し、DNSChangerに使われていた不正なサーバを押収、クリーンなサーバに入れ替えて運用を続けていた。

 しかし、このサーバの運用期限切れが7月9日に迫っており、DNSChangerに感染したままのマシンではこの日以降、インターネットに接続できなくなる可能性がある。

 Googleでは、まだ感染マシンを使い続けているユーザーは50万人に上ると推計。こうしたユーザーに対応を促すため、感染したマシンでGoogle検索を利用すると、検索結果画面の上部に「あなたのコンピュータは悪質なソフトウェアに感染していると思われます。対策を講じなければ、いずれインターネットに接続できなくなるかもしれません」というメッセージを表示する。

tk_ggle01.jpg 警告メッセージの例(Googleより)

 DNSChanger感染についてはFBIなども対応を呼び掛けているが、Googleでは「信頼できるWebサイトから自分の言語で直接通告されれば成果が上がる」と見込んでいる。

関連キーワード

感染 | DNS | マルウェア | FBI | Google検索


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ