ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Googleがデジタルコンテンツの真正性を高める業界団体「C2PA」に参加 YouTubeなどへの「出所/来歴確認」機能の追加を推進
ディープフェイクや無断転載されたコンテンツが問題視される中、Googleがデジタルコンテンツの真正性を高めるための業界団体に中心メンバーとして参加することになった。Google検索やYouTubeなど、各種サービスにC2PA規格の出所/来歴確認機能を組み込むための検証を進めていくという。(2024/2/8)

Google検索からキャッシュ消える 公式Xが理由を説明
Googleの検索結果に表示されたWebページの内容を、ページにアクセスしなくても確認できるキャッシュ機能が2月までに削除された。(2024/2/7)

適切なコンテンツ評価を支援:
アドエビスが「Google Search Console」とデータ連携 どんないいことがある?
マーケティングDX支援事業を手掛けるイルグルムは、広告効果測定プラットフォームにGoogle Search Consoleとのデータ連携機能を追加した。(2024/2/2)

画面に映るものを「かこって検索」――Android向け「Google検索」に実装 Galaxy S24シリーズとPixel 8/8 Proから
Googleが、Androidスマートフォン向けの「Google検索」に新機能「かこって検索(Circle to Search)」が実装される。1月31日からPixel 8シリーズとGalaxy S24シリーズで利用できるようになるという。(2024/1/18)

Tech TIPS:
ChromeのGoogle検索結果で生成AI表示を有効/無効(オフ)にする方法
GoogleアカウントでGoogle Bardを有効にしておくと、Google ChromeのGoogle検索で、生成AIによる回答を得ることができる。Google Bardを有効にする方法、Google検索で生成AIを有効/無効にする方法を紹介しよう。(2023/12/15)

今日のリサーチ:
2023年Google検索ランキング、世界も注目したゲームの名は?
2023年中にGoogleで検索が急上昇した言葉のランキングです。(2023/12/11)

「責任あるAI」も考慮:
Googleが画像と文章の生成AI機能を検索に追加 ユーザー体験はどう変わるのか
Googleが、Google検索使用時にAIで画像を生成したり、文書の最初の下書きを作成したりする機能を一部ユーザー向けに限定公開した。アイデアを実現する画像を作成したり、文書の下書きをサポートしたりするなどの機能をテストしているという。(2023/10/28)

スマホにはなぜ最初からグーグル検索アプリが……“寡占の実態”に斬り込む
米グーグルとスマートフォンメーカーの契約について、公正取引委員会が審査に乗り出したことが23日、明らかになった。背景に……。(2023/10/24)

Google検索で「コナン」と調べると…… “目が覚めたら体が縮んでしまっていた”を再現
Google Japanの公式Xアカウントは(@googlejapan)は、Google検索に仕掛けられた「名探偵コナン」にまつわるイースターエッグを紹介した。(2023/10/20)

Google、AI検索「SGE」に画像生成と文書下書き機能を追加
GoogleはGoogle検索の生成AI機能テスト「SGE」に、画像生成と文書下書きの2つの機能を追加した。画像生成は同社のImagenを採用し、結果にはラベルと透かしが追加される。(2023/10/13)

絵文字×絵文字=カオス? 「Emoji kitchen」がSNSで話題 X上では大喜利状態に
2つの絵文字をミックスして新しい絵文字を生み出す機能「Emoji kitchen」がSNSで話題だ。Google検索からも利用可能になり、X(元Twitter)ではカオスな絵文字を投稿するユーザーが相次いでいる。(2023/9/15)

Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第4回】
知れば怖くない? Google検索で超重要な「コアアップデート」とは
検索アルゴリズムのアップデートは、Google検索におけるWebサイトの掲載順位に大きな影響を与えることがある。主要なアップデートには、どのようなものがあるのか。Googleは何のためにアップデートを繰り返すのか。(2023/9/14)

Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第3回】
「Google検索に強いWebサイト」の条件はこれだ
Google検索のSERPで上位に表示されるWebサイトを構築するには、どうすればよいのか。「Google検索に強いWebサイトの条件」を、11個のポイントに分けて説明する。(2023/9/7)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
Google検索に生成AI、試験提供が始まった日本語版はどんな感じ?
今週は「Google Chrome」に新機能として追加された生成AI(人工知能)による検索体験など、4つのニュースを紹介する。(2023/9/1)

Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第2回】
Google検索の上位サイトと下位サイトを分ける「5つの要素」とは?
Google検索は、複数の要素を基にWebサイトの内容を判断し、SERPを表示している。Google検索のSERPにおいて、Webサイトの掲載順位を左右する5つの要素を解説する。(2023/8/31)

Bing×GPTに対抗?:
Googleが日本語での「生成AI検索」の試験を開始 検索ワードから要約/回答を表示
Googleが「生成AIによる検索体験 (Search Generative Experience:SGE)」の日本語版のテストを開始する。Google検索に生成AIによる要約/回答が表示されるようになりより便利になるが、利用にはデスクトップ版のChromeブラウザ(ChromeOSを含む)またはGoogleアプリから「Google Serarch Labs」に申し込む必要がある。【更新】(2023/8/30)

Google検索の生成AI機能「SGE」、日本語版提供開始
Googleは、米国では5月から提供しているGoogle検索の生成AI機能「SGE」の日本語版の提供を開始した。競合するMicrosoftの「新しいBing」と同様、試験運用という位置づけだ。(2023/8/30)

Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第1回】
「Google検索」の基礎知識 Webサイトの掲載順位が変わるのはなぜ?
「Google検索」での掲載順位を上げることは、Webサイトへの訪問数を増やす有力な方法だ。掲載順位はどのように決まるのか。Google検索の基本的な仕組みを整理しよう。(2023/8/25)

Google検索、“自分の住所がさらされると通知”や露骨画像の自動ぼかしなどの新機能
Googleは、検索結果をユーザーが管理するための複数の新機能を発表した。例えば自分の住所が表示されていると通知が届き、ここから削除をリクエストできるようになる。(2023/8/4)

Googleの生成AI搭載検索エンジン「SGE」の検索結果に画像や動画表示
Googleが米国で提供しているGoogle検索の生成AI機能テスト「Search Generative Experience」(SGE)の検索結果に画像や動画が表示されるようになった。また、検索結果の表示までの時間が短縮された。(2023/8/3)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google検索と生成AIが融合する今、「SEOの意義」を再考する
Search Generative Experience(SGE)の登場により、SEOを取り巻くユーザーと検索エンジン、自社サイトの関係はどのように変化するのでしょうか。この機会に、SEO自身の意義について、あらためて考えてみましょう。(2023/6/28)

Googleで「ChatGPT」と検索すると、謎のサイト「ChatGPT 日本サイト」がトップに 運営者は不明
Google検索にて「ChatGPT」と調べると、「ChatGPT 日本サイト」という非公式サイトが検索トップに載っている。同サイトの運営元は不明であるため、検索する際は注意が必要だ。(2023/6/26)

仕事・授業中はやっちゃダメ! Google検索で遊べるゲームまとめ
Google検索にはさまざまなイースターエッグが隠されていることをご存じだろうか。今回はその中から、手軽に遊ぶことができるミニゲームをいくつか紹介する。(2023/6/20)

Googleで「1万×1万」を計算してみよう → まさかの結果に「Google検索もお疲れのようで」「万がゲシュタルト崩壊」
これは斜め上だった。(2023/6/20)

Google検索で「塊魂」と検索すると…… インターネットが壊れちゃった
検索サービスGoogle.co.jpで「塊魂」と検索すると現れる、イースターエッグが話題になっている。(2023/6/13)

Google検索が“改行”対応の謎アップデート 「何に使うんだ」「アスキーアート検索にはよいですね」
長いワードを検索する際に便利との声。(2023/6/6)

「それ、必要?」 Google検索で改行が可能に
Web版Google検索の検索窓で改行が可能に。ユーザーは、「それ、必要?」「何に使うの?」などと困惑している。(2023/6/6)

Google、生成AI搭載検索エンジンのお試し利用を米国で開始
Googleは、生成AI搭載版Google検索のテストを米国で開始した。複合的なクエリに対応し、フォローアップの質問にも答える。ショッピングの相談では従来通りの広告も表示される。(2023/5/26)

Marketing Dive:
Google検索を根本的に変える生成AI、広告への影響は?
開発者会議「Google I/O」で明らかにされたように、Googleは検索分野において生成AIをテストしている。ユーザー体験からEコマース機能、広告に至るまで、大きな変化があるようだ。(2023/5/26)

過熱する「AI検索」の覇権争い【第1回】
「BingがGoogle検索に勝つ日」がまさかの現実に?
Microsoftは検索エンジン「Bing」に、ジェネレーティブAIの代表格「ChatGPT」を生んだOpenAIの技術を組み込み始めた。「Google検索」の圧倒的勝利で終わったはずの検索エンジン戦争が、再び活発化しようとしている。(2023/5/2)

Google検索に旅行に便利な3つの新機能 米国では航空券の最安値保証も
Googleが旅行に便利な3つの新機能を紹介した。ホテル検索で各ホテルの情報をまとめたカード状のコーナーが表示される。米国だけだが、最安値とした航空券が購入後さらに安くなると差額をGoogleが払う機能も。(2023/4/4)

Google検索、今夏から“猛暑アラート”表示へ
Google検索で猛暑などについて検索すると、関連するアラートを表示するようになる。向こう数カ月中に展開する。熱波の時期予測や涼しくすごすためのヒントなどを提供する。(2023/3/30)

Google検索の「この結果について」が日本でも正式版に
Googleは、「世界ファクトチェックデー」に向けて複数の取り組みを発表した。現在日本ではβ版として提供している「この結果について」が正式版になる。米国版では、多様な視点を紹介する「Perspectives」の表示も開始する。(2023/3/29)

Social Media Today:
AI生成コンテンツはペナルティー? Google検索におけるNGとは
AIによるコンテンツ生成が活用され始めた。Webサイトにこうしたコンテンツを掲載する際、気になるのは検索順位への影響だ。(2023/3/27)

「東京電力」と検索すると「東京電“カ”」が広告枠に いったい何者? 東電に聞いた
Google検索で「東京電力」と調べると、広告を表示するスポンサー欄に「東京電カ」(漢字の“力”ではなく片仮名の“カ”)というWebサイトが現れることがある。いったい何者か。東京電力などに問い合わせを行った。(2023/3/23)

ChatGPT対抗、Googleの対話AI「Bard」一般公開 「Google検索の補完」 将来は検索との統合も
Googleの対話型AI「Bard」が英米で一般公開。Google検索と連動する機能や、複数の回答候補を提示してくれる機能が特徴だ。(2023/3/22)

円周率、何桁まで覚えてる? Google検索で「π」と調べると隠しゲームが出現
3月14日は円周率π=3.14にちなんで、円周率の日とされている。円周率の値は、3.14159265……のように無限に少数が続く。それらの桁数をたくさん覚えているような、記憶力に自信がある人にぴったりなゲームを米Googleは公開している。(2023/3/14)

Googleと労働者の戦い【中編】
「Google勤務なのに生活に困る」 非正規従業員の“厳し過ぎる現実”
Google検索を支える重要な仕事をしているにもかかわらず、時給はたったの10ドル――。こうした現実に悩む非正規従業員がいる。労働組合と共に昇給を勝ち取った人々に、実態を聞いた。(2023/3/9)

Googleで「マンダロリアン」を検索すると……
Google検索で「マンダロリアン」や「グローグー」を検索すると、画面右下にグローグーが登場する。クリックするとフォースを使いだす。Disney+でのシーズン3配信開始に合わせたイースターエッグのようだ。(2023/3/3)

Googleと労働者の戦い【前編】
Google検索を裏で支える「評価担当者」の時給は? その意外過ぎる実態
検索エンジンの代名詞であるGoogle検索。その“質”を支えるのが「評価担当者」だ。この評価担当者の役割を担う外部企業の従業員が、交渉で異例の昇級を果たした。さまざまな意味で驚くべき、評価担当者の実態とは。(2023/3/3)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
AIはSEOをどう進化させるのか
AIを用いたGoogle検索の改良をは従来もあった取り組みですが、今起きていることはそれとどう違うのでしょうか。(2023/3/1)

Google検索から偽のAWSログインページに誘導、マルバタイジングに注意
Google広告を悪用して偽のAWSログインページに誘導するマルバタイジングキャンペーンが見つかった。ユーザーが目視で見破ることは難しいため、注意が必要だ。(2023/2/11)

Googleが会話型AIサービス「Bard」発表、まずはテストユーザーに公開
米Googleは、2月7日に対話アプリ用言語モデル「LaMDA」を活用した実験的な会話型AIサービス「Bard」を発表。まずは「信頼できるテストユーザー」にのみ公開し、今後はGoogle検索へAIの新機能を追加するという。(2023/2/7)

Google、OpenAIの「ChatGPT」競合「Bard」を限定公開
Googleは、「ChatGPT」と競合する“実験的な会話型AIサービス”の「Bard」の提供を開始する。まずは限定公開だが、「向こう数週間中により広く公開する」。また、Google検索にクエリにテキストで答える新AI機能を間もなく追加する。(2023/2/7)

一番“ググられる”言葉は:
23年1月時点、日本で最もGoogle検索されたキーワード 3位「ヤフー」、2位「天気」、1位は?
フルスピードは、Googleの検索ボリューム上位100件のキーワードを調査した。3位は「ヤフー」、2位は「天気」という結果に。気になる1位は?(2023/1/24)

マクラーレン、ノリス選手がGalaxy Z Flip4でGoogle検索する動画公開
を公開した。ノリスがGoogleアシスタントや検索を使いこなす。端末はSamsungのGalaxy Z Flip4だ。(2023/1/19)

プレイバック注目コンテンツ:
Google検索が変わらなければいけない理由
Googleが進化を急ぐ理由とは何か。その背景と進化の方向性を理解することは、マーケターが時代に乗り遅れないために不可欠と言えます。(2023/1/14)

Googleで「えきねっと」検索するとトップに偽サイト 現在は非表示 JR東の対応は
JR東日本の切符予約サービス「えきねっと」をGoogle検索で調べると偽のサイトが表示される──。そんな投稿がTwitterで12月11日から12日未明にかけて相次いだ。(2022/12/14)

Marketing Dive:
“TikTok対抗策”でGoogle検索が変わる 「時代遅れマーケター」にならないためには?
Googleは2022年9月に年次イベントで検索機能の拡充計画を発表した。従来のテキスト検索からマルチメディア検索へと進化しようとする同社の動きに対処するために、マーケターは何ができるのか。(2022/12/12)

2022年のGoogle検索ランキング、3位に「au通信障害」
Googleが2022年の検索ランキングを公開した。さまざまな時事問題に関するキーワードがランクインした中で、「急上昇ランキング」の3位には「au通信障害」が挙がった。(2022/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。