ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google検索」に関する情報が集まったページです。

Google、検索アルゴリズム「MUM」で自殺などの危機にある個人のクエリを検知する取り組み
Google検索に、向こう数週間中に検索アルゴリズム「MUM」が採用される。MUMはクエリの背後にある意図を検知し、自殺を考えるなど個人的な危機にあるユーザーにより適切な検索結果を提示する。(2022/3/31)

Googleで「バットシグナル」を検索すると……
Google検索で「バットシグナル」や「ブルース・ウェイン」、「ゴッサム・シティ」などを検索すると、バットシグナル装置のイラストが表示される。これをクリック(タップ)すると画面にバットシグナルが表示され、バットマンのシルエットが横切る。「THE BATMAN−ザ・バットマン−」の日本公開は3月11日。(2022/2/25)

「広告やまとめサイトなどは出ません」Google検索を“まとも”にしてしまうウェブサービス「まとも検索」が公開
「Google検索は死んでいる」バズりを受けて制作。(2022/2/22)

広告やまとめサイトを表示しない「まとも検索」 公的機関や医療機関などに限定してググれる
ブロガーで個人開発者の村上福之さんが、まとめサイトや広告を表示しない検索サイト「まとも検索」を公開した。Google検索の検索先を公的機関や医療機関、論文などに限定できる。(2022/2/21)

Googleさん:
Google検索で「魚釣りおじさん」で遊ぶ方法 マリオっぽい恐竜ゲームを楽しむやり方
Google検索で、昨年秋ごろからある操作をするとのんびり魚釣りをするおじさんが表示されるようになりました。ついでに昔からエラーで表示される恐竜をゲームにする方法もご紹介。(2022/2/11)

2月1日にGoogleで「旧正月」を検索すると……
太陰暦の正月、旧正月の2月1日にGoogle検索で「旧正月」を検索すると、検索結果ページに花火が上がる。開いた花火は干支のトラの顔だ。(2022/2/1)

Googleで「ベティ・ホワイト」を検索するとバラの花びらが──故人の100歳の誕生日を祝して
1月17日にGoogle検索で「ベティ・ホワイト」を検索すると特別なエフェクトが表示される。100歳の誕生日目前に亡くなった女優のベディ・ホワイトさんの誕生日を祝すものだ。(2022/1/18)

検索ランキングに“大谷旋風” GoogleでもYahoo!でも人物カテゴリーで1位に
「Yahoo!検索」で検索数が最も急上昇した人物や作品をランキング形式で表彰する「Yahoo!検索大賞2021」が公開された。大賞は大谷翔平選手で、Google検索ランキングの「話題の人」カテゴリーでも1位を獲得した。(2021/12/9)

2021年のGoogle検索急上昇ランキング 2位「大谷翔平」、3位「東京リベンジャーズ」
Google Japanが2021年のGoogle検索ランキングを発表した。20年と比較して21年中により多く検索されたキーワードを反映した「急上昇ランキング」では、「東京2020オリンピック」が1位となり、「大谷翔平」「東京リベンジャーズ」などが続いた。(2021/12/8)

「鬼滅の刃」がGoogle検索ランキングに入らなかった理由
Google Japanが「2021年Google検索ランキング」を発表した。しかし「鬼滅の刃」は「映画」カテゴリーにすらランクインしていない。なぜか。(2021/12/8)

モバイル版Google検索、結果の“連続スクロール”が可能に(まずは米国で)
モバイル版Google検索で、検索結果を「もっと見る」ボタンをタップせずに連続スクロールできるようになる。まずは米国の英語版でロールアウト中だ。(2021/10/15)

Googleで「Google tuner」を検索するとマイクでチューニングできる
Google検索で「Google tuner」を検索すると、チューナーが表示される。端末のマイクから音を入力すると音程が表示される。「National Carry a Tune Week」を祝して追加したものだ。(2021/10/9)

Google検索、ショッピングに便利な機能 Lensで画像検索(まずはiOSで)や最寄り点の在庫確認など
Googleは、Google検索での新しいショッピング機能を発表した。iOS版Googleアプリへの「画像を検索」ボタンの追加や検索結果を在庫でフィルタする機能などだ。(2021/9/30)

Google検索、「Lens」とテキストクエリの併用などMUM採用の新機能
Googleは、AIのMUM(Multitask Unified Model)採用の新機能を発表した。例えばGoogle Lensとテキストクエリを併用することで、名称の分からない部品の修理方法などが検索できるようになる。(2021/9/30)

9月27日のGoogle Doodleは創立23周年のバースデーケーキ
Google検索ページは9月27日、バースデーケーキになっている。Google創立23周年記念だ。Googleストアでは特別キャンペーンを開催中。(2021/9/27)

Google検索のデスクトップページ、ダークモード設定が可能に
デスクトップ版のGoogle検索のページをダークモードに設定できるようになった。向こう数週間でロールアウトしていく。(2021/9/12)

Googleさん:
あなたが知りたいことを探し出す、Google検索の仕組み
世界中の人が毎日のように使っているGoogle検索。その仕組みを平易に紹介するWebサイトがより読みやすくなりました。(2021/9/12)

Google検索の“勝手にタイトルを変える仕様”に波紋 消費者庁などの注意喚起ページが逆の詐欺タイトルに
Googleが導入した、検索結果に表示されるページのタイトルを自動生成するシステムにより検索結果に混乱が起きている。詐欺に対する注意喚起ページのタイトルが詐欺的なタイトルになってしまうなどの事態も。Googleは「必ずしも完璧ではない」としている。(2021/8/30)

実店舗の事前調べ、Googleマップを使う人が69%
事前に店舗の情報を調べるとき、どんなサービスを利用しているかの質問では、トップが「Google検索」で77%、次いで「お店の公式HP」が70.0%となった。また3位には「Googleマップ」(69%)が入った。(2021/7/1)

中村研太のSEOウォッチ(2021年1〜6月):
Google検索2021年上半期の動向振り返り――コアウェブバイタルがランキングシグナル化など
Google検索の2021年上半期の動向を振り返ります。(2021/6/25)

Google検索、いわれなき中傷の被害者を守るアルゴリズム変更
Googleが、個人を中傷する投稿を公開するWebサイトから被害者を守るため、検索アルゴリズムを変更した。削除リクエストのあったWebサイトの類似サイトの結果も表示しないようにする。(2021/6/11)

Tech TIPS:
Microsoft Edgeの「新しいタブ」をBingでなくGoogle検索にする
Microsoft Edgeの「新しいタブ」を開くと、デフォルトではBing検索ページが開く。常にGoogle検索を使っている場合、ここをGoogle検索ページにして、Google Chrome風に使いたいのではないだろうか。そこで、「新しいタブ」をGoogle検索ページにする方法を紹介しよう。(2021/5/17)

身長“りんご5個分”のハローキティが家に来ると「意外と大きい」 Google検索のAR機能にかわいく動くサンリオキャラクターたちが登場
しゃべったり動いたりとかわいさ満載です。(2021/4/24)

とらのあなの偽サイトに注意 Google検索の上位に
虎の穴が、同人サークル向けのログインページを模した偽サイトを確認したとして、注意を呼び掛けた。Google検索でも偽サイトが上位に掲載される状況という。(2021/4/23)

ニコニコ大百科に偽サイト、Google検索の上位に 公式が注意喚起
「ニコニコ大百科」「ニコニ立体」といったサービスの偽サイトを確認したとして、ドワンゴが注意を呼び掛けた。Google検索などでも偽サイトが上位に表示される状況という。(2021/4/21)

ググるだけで「ガンダム」「エヴァ」をAR召喚! Google検索のAR機能に日本の有名キャラ14種が登場
AndroidでもiPhoneでも、ブラウザでキャラ名をググるだけでOK。(2021/4/21)

Google検索のAR機能に有名キャラ登場 エヴァやガンダムなど全14種
米Googleが同社の検索サイト「Google」などの検索結果から14種類の有名キャラクターを3D表示する機能を公開。Google検索のAR機能を活用したもの。キャラクター名を検索して「3D表示」をタップすることで利用できる。(2021/4/20)

ガンダム、エヴァ、パックマン──モバイル版Google検索結果のAR表示に日本の人気キャラが大集合
モバイル版Google検索で「エヴァンゲリオン」や「ガンダム」を検索すると、キャラクターを3D表示でき、さらにARにして部屋の中に立たせることができるようになった。日本の人気キャラ14種を楽しめる。(2021/4/20)

Google検索で見つけたテンプレサイト、実はマルウェア配布サイト
怪しいリンクはクリックせず、リスクあるページを検索結果から除外してくれる検索エンジンを介してアクセスすることが、フィッシング詐欺対策の有効な手段とされてきた。だがその前提を覆す資料が公表された。(2021/4/15)

攻撃者も人間だもの:
サイバー攻撃者、誤って盗んだ資格情報をGoogle検索可能にして手の内を暴かれる
サイバー攻撃者がせっかく盗んだ情報をググれる場所に放置した。結果として手法や利用したツールがセキュリティベンダーに筒抜けになってしまった。(2021/1/22)

中村研太のSEOウォッチ(2020年総まとめ):
GoogleにおけるSEO 2020年の5つのトピックスと2021年の展望
Google検索の2020年の動向を振り返ります。(2020/12/25)

モバイル版Google検索結果のAR表示に柴犬やシャム猫、ハムスターなど50種追加
Googleが昨年6月から提供しているモバイル版Google検索結果のAR表示で、新たに50種類の動物が3D表示できるようになった。コーギーなどの犬種、ペルシャなどの猫種、ブタ、キリンなどだ。特徴的なしぐさや鳴き声も確認できる。(2020/12/14)

2020年のGoogle検索ランキング、「Zoom」「あつ森」「鬼滅」は何位?
Google日本法人が、2020年のGoogle検索ランキングトップ10を発表。IT関連のワードでは「Zoom」が10位にランクインした。ネット上で話題になった「鬼滅の刃」は4位、「あつまれ どうぶつの森」は5位だった。(2020/12/11)

「Google広告設定」でYouTubeとGoogleでの酒とギャンブルの広告表示削減が可能に
YouTubeとGoogle検索で、アルコールとギャンブルの広告表示を減らす設定が来年からできるようになる。「Google広告設定」にカテゴリ別に表示を少なくする設定項目が追加される。(2020/12/11)

モバイル版Google検索で猫や犬をAR表示する機能のハロウィーン版(たぶん期間限定)
モバイル版Google検索で動物や恐竜を検索するとAR表示できる機能のハロウィーン版が登場。猫は魔女の帽子をかぶった黒猫として表示される他、踊る骸骨やかぼちゃのランタンなど、6種類を表示できる。(2020/10/29)

Apple、Google検索に代わる独自検索エンジンを開発中か──Financial Times報道
「iOS 14」のホーム画面での検索では、Googleエンジンを介さずに検索結果が表示されることなどから、Appleが独自検索エンジンを開発中だとFinancial Timesが報じた。(2020/10/29)

Googleさん:
「Google検索は競争を阻害している」のか? 米司法省とGoogleの言い分を整理してみた
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴しました。これから長くなりそうなので、訴訟の要旨をまとめてみました。(2020/10/25)

名刺SNS「Eight」で情報機関員などの本名が閲覧できる状態に 非公開にする方法は
治安や防衛、情報収集活動に関わる人物の中でも、Sansanの名刺SNS「Eight」を利用している人の一部の所属と本名がGoogle検索で誰でも見られる状態だった。Eightの設定で外部に公開しないよう変更できるため、自分自身の情報を慎重に扱うべきユーザーはいま一度設定を見直すべきだろう。(2020/8/12)

Google、Android端末利用のグローバルな地震検知ネットワークを構築
Googleが、Android端末の加速度計を活用するグローバルな地震検知ネットワークの構築を発表した。Google検索結果に最寄りで発生した地震を表示する他、将来的にはこのネットワークに基づく緊急地震警報を表示する計画だ。(2020/8/12)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Dataset Search:Googleによる「データセット検索」サイト
世界中のデータセットがググれる(=Google検索できる)「Dataset Search」を紹介。検索結果のフィルタリングや、日本語対応、対象ページを開く方法、内容記載などについて言及する。(2020/7/15)

中村研太のSEOウォッチ(2020年1〜6月):
Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向においては、どのような変化があったでしょうか。(2020/6/30)

Google Newsで「高品質な一部メディアに対価を支払う」プログラム、年内始動
Google検索結果にニュースを掲載するのは「ただ乗り」だとメディアから批判されているGoogleが、高品質なコンテンツを提供する一部のメディアに対価を支払うライセンスプログラムを立ち上げた。年内開始の“新しいニュース体験”のパートナーが対象だ。(2020/6/26)

Google検索、マップ、YouTubeの「シークレットモード」がプロフィール長押しで起動可能に(まずはiOSで)
Google検索、Googleマップ、YouTubeで履歴を残さず閲覧できる「シークレットモード」の起動が簡単になる。画面右上のプロフィール画像を長押しすることで起動する。まずはiOSで可能になり、間もなくAndroidでも対応する。(2020/6/25)

Google Doodle、「STAY HOME」で過去の人気Doodleゲームを毎日更新
Google検索ページのロゴが4月27日から「過去の人気Doodleゲームで楽しく家で過ごそう」に変わった。向こう10日間、毎日1つずつ過去の人気Doodleゲームが追加されていく。第一弾は子ども向けコーディングゲームだ。(2020/4/27)

「アースデイ」のGoogle Doodleはミツバチ受粉ゲーム
4月22日は地球の環境について考える「アースデイ」。Google検索のトップページのロゴが絶滅の危機に瀕しているミツバチの受粉を助ける縦スクロールゲームになった。(2020/4/22)

Google Doodle、3月20日は正しい手洗い方法紹介のアニメ
Google検索ページトップのロゴが変わる「Google Doodle」の3月20日版は、世界統一で手洗いを推奨したハンガリーのイグナッツ・ゼンメルワイス医師による手洗い方法紹介アニメだ。(2020/3/20)

全ポケモン対象の投票企画スタート Google検索の投票機能を利用
全890種類のポケモンを対象にした投票企画が始まった。Google検索の投票機能を利用する。(2020/2/6)

Google、新型コロナウイルス対策でWHOと協力 検索結果に「SOSアラート」
新型コロナウイルスが世界に拡散する中、Googleは世界保健機関(WHO)と協力し、関連するGoogle検索結果に「SOSアラート」を表示し、WHOによる正確な情報を優先的に表示するようにした。(2020/1/31)

Google、デスクトップ検索デザイン変更への批判を受け改めてテストを開始
デスクトップでのGoogle検索結果のデザイン変更へのフィードバックを受け、Googleが改善のためのテストを開始した。デザイン変更ではファビコン(情報源を示すロゴ)を表示するようになったが、これを表示しないデザインや、表示位置を変えるデザインをテストしていく。(2020/1/25)

Google検索結果、デスクトップでもデザイン変更 ファビコン付きに
デスクトップでのGoogle検索結果の表示が変わった。昨年5月にモバイル版で行ったデザイン変更が反映され、URLの表示位置が変わり、ファビコンが表示されるようになった。広告の区別が付きにくくなったという意見もある。(2020/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。