ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FBI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Federal Bureau of Investigation:連邦捜査局

DarkSideの新ブランド? ランサムウェア「BlackMatter」にCISAらが注意喚起
2021年7月に発見されたランサムウェア「BlackMatter」が米国で猛威を振るっている。CISAとFBI、NSAはこれに向け、共同でセキュリティアドバイザリを発行した。(2021/10/20)

CISA、FBI、NSAがBlackMatterランサムウェア対策アドバイザリー公開
CISA、FBI、NSAがランサムウェア対策アドバイザリーを公開した。サンドボックス環境で分析したBlackMatterランサムウェアのデータに基づく、犯罪者の戦術、技術、攻撃手順に関する情報を提供するもの。(2021/10/19)

食料・農業分野へのランサムウェア攻撃が活発化 FBIが推奨する対策は
FBIは、食料・農業分野を標的にしたランサムウェア攻撃の活発化を受けて民間企業通知を発行した。ランサムウェア攻撃は、企業だけでなくサプライチェーン全体を標的にしており注意が必要だ。(2021/9/7)

日本企業も人ごとではない?:
米国で「休日出勤」するランサムウェアが増加中 FBIとCISAがベストプラクティスを発行
米国では、祝日や祝日のある週の週末など防御が手薄になる期間を狙ったサイバー攻撃が増加傾向にある。FBIとCISAはこれを受けて共同のセキュリティアドバイザリを発行し、短期的/中長期的な対策を打ち出した。(2021/9/2)

二重脅迫型のランサムウェア「Hive」に要注意 FBIが報告書を公開
2021年6月にはじめて活動が観測されたRaaSである「Hive」は、複数の攻撃者に利用されており、セキュリティに大きな課題を突きつけている。FBIはこれを受けてHiveに関する報告書を公開した。(2021/8/31)

米国、対ランサムウェアで官民連携 MicrosoftやGoogle、FBIやNSAなどが参加
米連邦政府のサイバーセキュリティ諮問機関CISAがランサムウェアと戦う新イニシアチブ「Joint Cyber Defense Collaborative」(JCDC)を発表。MicrosoftやGoogleなど、20社以上の民間企業も参加する。(2021/8/6)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
FBI、暗号化チャットの“わな”で国際犯罪を一斉摘発 数年にわたって傍受
FBIは、「安全に情報のやりとりができる」と見せかけた暗号化チャットサービスを運営し、世界中の犯罪者を呼び寄せた。欧州やオーストラリアの警察と手を組んだ“異例の作戦”はどのようなものだったのか。(2021/7/19)

Kaseya VSAサプライチェーンランサムウェア攻撃、CISAとFBIが強く対策呼びかけ
Kaseya VSAの脆弱性を利用したサプライチェーンランサムウェア攻撃が活発化している。米CISA、FBIが共同で対策ガイダンスを発表しており、直ちに対策するよう求めている状況だ。(2021/7/7)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」の攻撃が欧米で多発 FBIがセキュリティ警告
ランサムウェア「Conti」の攻撃が相次ぎ、米国や欧州の医療機関を中心に被害が広がっている。FBIも目を光らせるこれらの攻撃はどのような手口を使っているのか。(2021/6/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
“暗号スマホ”とはどんなモノか 「FBIのビジネス流儀」はとことん
FBIの暗号化メッセージアプリ「ANOM」を使った国際おとり捜査で、800人以上が逮捕されたという。「暗号」「おとり」といった言葉が出てくると、映画の世界を想像するが、どのようなモノなのか。(2021/6/17)

FBI、EUROPOL、AFPがおとり暗号化アプリ搭載スマホで犯罪組織を多数摘発
FBIは2018年に立ち上げた暗号化チャットのプラットフォームによる国際的なおとり作戦「Trojan Shield」の成果を発表した。専用スマートフォンを犯罪組織などに1万2000台上販売し、管理するマスターキーで復号したメッセージを読むことで多数の犯罪者逮捕や麻薬押収という成果を上げた。(2021/6/9)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

食料流通に混乱 JBS Foodsへのサイバー攻撃に見るナショナルリスク
米国をはじめ、オーストラリアやカナダなどで牛肉の生産などを手掛ける国際企業であるJBS Foodsがサイバー攻撃を受け、工場の操業を一時停止するなど影響が出た。FBIは一連の攻撃がランサムウェアによるものだと特定している。(2021/6/3)

TechTarget発 世界のITニュース
FBIが警鐘を鳴らす「FortiOS」の脆弱性 “パッチ未適用”の製品が標的に
FBIとCISAによると、Fortinet製品が搭載する「FortiOS」の脆弱性を悪用したAPT攻撃が発生している。アップデートしていない製品が狙われているとみられる。(2021/5/18)

石油パイプラインを操業停止に追い込んだのはランサムウェア「Darkside」、FBIが報じる
サイバー攻撃によって、石油パイプラインの操業が停止に追い込まれた。このサイバーセキュリティインシデントは依然として調査段階にあり、操業も停止した状態が続いている。この事件に関してFBIが情報をアップデートし、サイバー攻撃に使われたマルウェアが「Darksideランサムウェア」であることを確認したと伝えた。(2021/5/11)

米石油パイプライン大手へのサイバー攻撃、犯人はロシアを拠点とする集団「DarkSide」とFBIが発表
FBIは、7日石油パイプライン大手のColonialが発表したランサムウェア攻撃には「DarkSide」というハッカー集団が関わっていると発表した。バイデン大統領は「この集団はロシア政府とは無関係だがロシアを拠点としている」と語った。(2021/5/11)

FBI、「Exchange Server」攻撃を受けた未対策サーバのWebシェル削除を“代行”
米司法省は、1月ごろから拡散している「Microsoft Exchange Server」の脆弱性を悪用する大規模な攻撃で悪意あるWebシェルを仕込まれ、自ら対処できていない米国内の数百のサーバからリモートでWebシェルを削除したと発表した。(2021/4/14)

緊急通報が使えなくなる「TDoS攻撃」に注意 FBIがアナログな対策方法を示す
FBIが「TDoS攻撃」へのアラートと対処法を告知した。TDoS攻撃を受けると万一の際に緊急通報が使えない状況に陥る可能性がある。(2021/2/23)

教育を揺るがすランサムウェア【後編】
学校は「ランサムウェア」で教育を止めないために何をすればよいのか?
オンライン教育を実施する学校を標的にしたランサムウェア攻撃は、2021年も続くことが予想されている。FBIやCISAなどの米国機関は、学校に対してどのような対策を実施すべきだと呼び掛けているのか。(2021/2/10)

マリリン・マンソン、元交際女優らから虐待・暴行を告発される 本人は否定もレーベルは契約打ち切り、FBI捜査の可能性も
5人の女性が次々と告発。(2021/2/2)

米議会議事堂襲撃者、盗んだペロシ議長のノートPCをロシア対外情報庁に売ろうとしていた──FBI供述書
1月6日に米議会議事堂を襲撃した暴徒の1人が、ナンシー・ペロシ下院議長のノートPCを盗み、それをロシア対外情報庁(SVR)に売ろうとしていたことがFBIの供述書で明らかになった。(2021/1/19)

FBI、議事堂乱入者特定のためTwitterで画像・動画を募集中 首都警察はパワポ画像で情報募集
1月6日に連邦議会議事堂に乱入した数百人のトランプ大統領支持者のほとんどは逮捕されていない。FBIはTwitterで、首都警察はPowerPointで編集した画像で、暴動参加容疑者情報の提供を求めている。(2021/1/8)

AT&Tのナッシュビル施設爆破犯(63)は5G陰謀論者の可能性
テネシー州ナッシュビルのAT&Tの施設が被害を受けた大規模自爆の犯人は、“コンピュータオタク”の63歳の単独犯だった。FBIから聴取された関係者は、犯人が5G陰謀論を信じていたかどうか尋ねられたと語った。(2020/12/28)

欧米の法執行機関、サイバー犯罪者愛用のVPNを差し押さえ、ユーザー特定
世界のサイバー犯罪者を助ける「防弾ホスティング」を行っていたVPNサービスの3つのドメインを、EuropolやFBIが協力して停止し、サーバを押収した。一部のユーザーは特定できており、捜査中だ。(2020/12/23)

サイバー攻撃のリスクに用心:
FBIが「ホテルのWi-Fiリスク」について注意喚起
米連邦捜査局(FBI)は、ホテルのWi-Fiをテレワークで利用する際は、セキュリティリスクに注意するよう米国民に呼び掛けた。日本でホテルを利用する場合にも十分当てはまる内容だ。(2020/10/26)

米情報長官、イランとロシアが米国の有権者情報を盗み、悪用したと発表
米国家情報長官は、イランとロシアが米選挙制度の信頼を損なう目的で有権者登録情報を窃取したと発表。FBIとCISAは翌日、ロシアは遅くとも9月から米政府機関をサイバー攻撃の標的にしていると説明した。(2020/10/23)

NSAとFBI、ロシアがスパイ活動で利用というLinux向けマルウェア「Drovorub」のアドバイザリー公開
米国家安全保障局(NSA)と米連邦捜査局(FBI)が、ロシア政府とつながるハッカー組織apt28が利用しているというLinux用マルウェア「Drovorub」のセキュリティアドバイザリーを公開した。(2020/8/14)

Twitterの大規模アカウントハッキング、FBIが捜査開始
Apple公式やビル・ゲイツ氏など、多数の認証済みアカウントが乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートを投稿した問題について、FBIが捜査に乗り出したとReutersが報じた。Twitterは24時間体制で調査中として経過をツイートで報告している。(2020/7/17)

Zoomを襲う悪質行為【後編】
「Zoombombing」(Zoom爆撃)の被害を防ぐ方法とは? FBIの推奨策は
在宅勤務などのテレワークの手段として導入が進むWeb会議ツール「Zoom」。その利用時に注意すべき脅威が、第三者が会議に乱入する「Zoombombing」だ。どう対処すればよいのか。(2020/7/4)

Facebook、匿名化OS「Tails」ユーザーの正体暴く技術を開発 米FBIへ提供していたことが明らかに
米Facebookが米連邦捜査局(FBI)に協力し、犯罪者のネット上での足取りを割り出す技術を開発、提供していたことが分かったと、米ニュースサイトが報じた。この技術の利用により、ネット上での動きを“匿名化”していた性犯罪者の逮捕に至ったという。日本でも、ウイルスを使った捜査を取り入れるか検討の準備が始まっている。(2020/6/30)

Zoom、エンドツーエンドの暗号化を有料プランのみにするのは「FBIに協力したいから」とCEO
ZoomのCEOが業績発表後のWeb会見で、エンドツーエンドの暗号化を有料版にのみ追加する理由を、「悪用された場合に法執行機関に協力するため」と語った。(2020/6/4)

「Zoom」エンドツーエンド暗号化、無料版では提供せず 悪用されればFBIとも連携
Zoomのエリック・ユアンCEOは、エンドツーエンドの暗号化機能について、「無料ユーザーには提供しない」と説明した。(2020/6/4)

米司法長官、銃乱射事件解決に協力しなかったとAppleを批判
ウィリアム・バー米司法長官が、昨年12月に海軍基地で発生した銃撃事件の犯人のiPhoneのロック解除をAppleに拒否されたが、FBIがついに成功したと発表。「公共の安全より金儲けを重視する大企業に国家安全を委ねるわけにはいかない」と語った。(2020/5/19)

コロナ禍悪用の新手マルウェア、医療機関や企業に攻撃拡大か――FBIが警戒呼びかけ
「ProLock」と呼ばれるランサムウェアは、被害者のネットワーク内部で収集したファイルを暗号化して身代金を要求する。医療機関や政府機関、金融機関、小売業者が標的にされているという。(2020/5/19)

「中国が新型コロナウイルス関連の研究機関にサイバー攻撃」米政府が注意喚起
FBIとCISAは、中国が新型コロナウイルス感染症研究に携わる組織へ不正アクセスを試みているとして、警戒を促した。(2020/5/14)

Zoombombingは犯罪 米司法省が警告
新型コロナの影響でユーザーが急増したWeb会議サービス「Zoom」で問題になっている「Zoombombing」は逮捕または罰金の対象であると、米司法省が警告し、被害者はFBIに報告するよう呼び掛けた。(2020/4/5)

FBIが警戒を呼び掛け:
Zoomに複数の脆弱性が判明 Web会議の「乗っ取り」被害、全米で相次ぐ
ZoomのWindowsクライアントとmacOSクライアントに未解決の脆弱性が判明した。FBIは「ZoomのWeb会議が乗っ取られる被害が相次いでいる」として注意を呼び掛けた。(2020/4/2)

医療業界を狙うマルウェア「Kwampirs」、医療機器やソフトウェアアップデート経由で感染拡大
FBIの推定によれば、大手多国籍企業から地域の病院まで幅広い組織が標的にされ、ベンダーのソフトウェアサプライチェーンやハードウェア製品を通じて世界中の多数の病院が不正アクセスされている。(2020/4/1)

この頃、セキュリティ界隈で:
「パスワードは複雑さより長さが大切」 FBIが指南
パスワードの常識が変わりつつある。FBIの新しい指針は?(2020/3/2)

米司法省、中国軍人4人をEquifax不正侵入で提訴 FBIが指名手配
米国民の約半数に当たる約1億5000万人の個人情報が流出した2017年のEquifax事件の容疑者として、4人の中国軍軍人が米国で起訴された。バー司法長官はこの事件を「中国軍部隊による組織化された強盗」と呼んだ。(2020/2/11)

赤井秀一ファミリーが映画で勢ぞろい! 「名探偵コナン 緋色の弾丸」タイトル&ビジュアル解禁!
ファン待望のFBI捜査官、赤井秀一が4年ぶりにスクリーンに登場。【追記】(2019/12/4)

281人を容疑者として逮捕
ランサムウェアを超える勢いの「ビジネスメール詐欺」(BEC) FBIの推奨策は
2016年6月から2019年7月にかけて、世界のビジネスメール詐欺(BEC)の被害総額が260億ドルに達したことを米連邦捜査局(FBI)が明らかにした。さらに、BECに関わった容疑のある281人を逮捕したという。(2019/10/21)

SNSから身元を特定
AWSの元エンジニアが大手金融から1億件以上の個人情報を盗んだ疑い、FBIが逮捕
米連邦捜査局(FBI)がAmazon Web Services(AWS)の元エンジニアを逮捕した。金融企業Capital Oneの顧客と、クレジットカードの発行を申請した個人利用客1億人以上のデータを盗んだ容疑だ。(2019/8/31)

米国大手カード会社から1億600万人の情報流出、逮捕された女はAmazonの元従業員か
報道によると、FBIに逮捕された女はAmazonの元従業員で、セキュリティ上の不備があるAmazonクラウドインスタンスをハッキングすることによって、他の大手企業のデータにも不正アクセスしていた形跡がある。(2019/7/31)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
FBIが警戒する攻撃手法とは? 新たな脅威に対抗するハードウェアセキュリティ
サイバー犯罪者は、対策や監視が手薄で、高い成果が得られる攻撃手法を常に模索している。その中でもFBIが特に警戒するサイバー犯罪の最新手法と、企業を守るハードウェアセキュリティについて詳しく解説する。(2019/8/2)

被害は2万件以上、米国で横行するビジネスメール詐欺――FBI報告書が2018年インターネット犯罪報告書を発表
犯罪者が企業の電子メールアカウントに侵入し、経営者や取引先の担当者などになりすまして不正送金させる「ビジネスメール詐欺(BEC)」の被害が増大している。(2019/4/24)

マルウェア被害を防ぐには
マルウェア「Mirai」摘発の舞台裏 FBI捜査官が語る
2016年の大規模DDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」。米連邦捜査局(FBI)でMiraiの摘発に関わった捜査官が、捜査の舞台裏とマルウェア被害を防ぐ方法について語った。(2019/3/20)

Citrixのネットワークに不正アクセス、国家が絡むサイバースパイか FBIが捜査
FBIは国際サイバー犯罪集団による不正アクセスと見て捜査している。攻撃には、弱いパスワードを突く「パスワードスプレー」と呼ばれる手口が使われた公算が大きい。(2019/3/12)

現状と対策を解説
「ビジネスメール詐欺」(BEC)なぜ多発? 「ほぼ全企業が標的」との推計も
米連邦捜査局(FBI)のインターネット犯罪報告書によると、2017年の「ビジネスメール詐欺」(BEC)による損失は6億7600万ドル以上に達した。BECの現状と対策のポイントを解説する。(2018/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。