レビュー
» 2012年05月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Oracleのリアルタイム・レプリケーションを実現する 「SharePlex」とは?

データベースのレプリケーションは、今も昔も頭の痛い問題である。特に「リアルタイム性」が要求されると、ハードルは一気に上がる。本稿ではOracleDBを対象に、その解決方法とレプリケーションによって生まれる新たな価値・活用手法をご紹介する。

[PR/ITmedia]

 3.11の震災後、ディザスタ・リカバリ(DR)ツール群に多くの注目が集まっている。既に「DR」という言葉に辟易としているシステム担当者も多いかもしれない。ただ、多くのDRツールは「ある時点」の状態を再現するものの、「ある時点以降」に発生する更新分の扱いには殆ど言及していないのが実情だ。

 しかし、DBの果たしている役割を考えると、更新されたデータを見捨てることは難しい。「どの時点までのデータが保障されるのか」という点は、やはり重要な課題である。つまり、DBの「リアルタイム性」は、別の方法で担保しなければならない。

 本稿では、QuestSoftware社の「SharePlex」を通じて、Oracle DBのリアルタイム・レプリケーション方法をご紹介する。また、DBのレプリケーションを実施することによる新たな活用シーンやその価値についても解説をする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -