ニュース
» 2012年06月14日 14時49分 UPDATE

「OpenFlow/SDN」のネットワークセキュリティで協業、NECとラドウェア

OpenFlowベースのネットワークに適用できるDDoS(分散型サービス妨害)攻撃対策ソリューションを開発する。

[ITmedia]

 日本ラドウェアとNECは6月14日、ネットワーク仮想化技術「OpenFlow/SDN」におけるセキュリティソリューション開発で協業すると発表した。NECのOpenFlow対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」とラドウェアのDDoS(分散型サービス妨害)攻撃対策製品「DefenseProシリーズ」を組み合わせる。

 具体的にはUNIVERGE PFシリーズで構築された環境で、OpenFlowのフローテーブルに記録されるカウンタ情報から異常な通信を検出し、適切な通信のみをDefenseProにリダイレクトすることで安定した接続性を確保させるようにする。

 またルータ、スイッチベースの従来のネットワークセキュリティ対策にも拡大できるようにしていくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ