ニュース
» 2012年07月02日 15時42分 UPDATE

中堅中小企業のIT市場、2012年はマイナス成長に IDC

IT調査会社のIDC Japanは中堅・中小企業のIT市場予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは7月2日、国内中堅・中小企業(社員999人以下)のIT市場予測を発表した。2012年はIT支出が抑制傾向にありマイナス成長を予測している。

国内中堅中小企業IT市場 地域別前年比成長率予測 2011年〜2016年(出典:IDC Japan) 国内中堅中小企業IT市場 地域別前年比成長率予測 2011年〜2016年(出典:IDC Japan)

 同調査によると、2012年の中堅・中小企業におけるIT市場規模は3兆5490億円で、前年比マイナス0.6%となった。国内経済は復興需要の本格化が見込まれているが、全国規模での電力不足の懸念が高まっているほか、円高、欧米経済の動向などの影響によって、不透明な状況が続いていることなどが影響しているという。産業分野別では、情報サービスが前年比で1.5%の成長となるほか、多くの企業において本格的な回復は2015年以降を予測している。

 地域別では、2012年は近畿地方、九州/沖縄地方を除いた各地域でマイナス成長を予測する。特に東日本大震災で被災した北海道/東北地方では、復興需要が拡大しているが、2012年も4.0%のマイナス成長にとどまる。

関連キーワード

IDC | SMB | IT投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -