レビュー
» 2012年07月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:オンライン動画コンテンツの上手な使い方、8つの要素に分解して理解する「動画戦略フレームワーク」の詳細

ブライトコーブの「動画戦略フレームワーク」は8つの要素(「ミックス」「数量」「品質」「発見」「配信」「デバイス」「収益化」「解析」)で構成されている。本レポートを通じて、投資利益を最大化させるブライトコーブの動画戦略を解説する。

[PR/ITmedia]

 ビジネス上でのオンライン動画の役割を考え、成果を向上させるための実行可能な基準を特定し、その優先順位を定めること――。ブライトコーブの「動画戦略フレームワーク」は、オンライン動画における投資収益の最大化を目的として設計された「手順書」である。手順に沿って1つ1つのステップを踏めば、読者はオンライン動画のビジネス的な価値を理解し、ビジネスの成果を最大化させる施策の立案に思考を巡らすことができる。

 ブライトコーブは戦略全体を「ミックス」「数量」「品質」「発見」「配信」「デバイス」「収益化」「解析」という8つの要素に分解している。それぞれの要素ごとに達成基準を設けることで、施行される戦略全体の成功を狙うのである。

 なお、本ホワイトペーパーには、オンライン動画の活用に関する現在のパフォーマンス評価、および改善箇所の確認ができる「動画戦略自己評価ワークシート」が付属している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -