ニュース
» 2012年07月24日 17時57分 UPDATE

スマホの節電をうたうアプリに不審な機能、シマンテックが注意喚起

「バッテリの駆動時間が2倍以上になる」と称して、連絡先データを外部サーバに送信するAndroidアプリが見つかった。

[ITmedia]

 シマンテックは7月24日、「スマートフォンのバッテリを長持ちさせる」とうたいながら、実際には連絡先データを外部サーバに送信する不審なAndroidアプリが出回っているとしてユーザーに注意を呼び掛けた。

 同社によると、このアプリはスパムメールからダウンロードしてインストールさせる仕組みで配布されている。インストール時に、「ネットワーク通信(完全なインターネットアクセス)」と「個人情報(連絡先データの読み取り)」の2つの権限の許可を求める。

 これを実行すると、設定画面にバッテリの駆動時間が2倍以上になるといったメッセージが表示されるが、すぐにユーザーの端末が未対応で使用できないというメッセージに切り替わる。実際には、この間に端末の連絡先データを読み取って外部のサーバに送信してしまうという。

 同社の調査で、このアプリの作成者はスパム送信のSNSや出会い系サイトなどを運営し、有名ブランドを連想させるドメイン名を所有していたといい、Androidアプリで不正に取得したデータを詐欺行為に悪用する可能性があると指摘している。

tksymc01.jpg シマンテックが発見した不正アプリのスクリーンショット。インストール時に要求する権限を少なくみせて、ユーザーに警戒心を解く狙いがあるという

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ