ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

血便が出てるのに病院に行かなかったら…… 漫画家の闘病体験つづった漫画に反響
コミカルな描写で描く闘病記。(2019/3/19)

メルカリ、「写真検索機能」導入 写真に写った物と似た商品をAIが探してくれる
商品やブランドの名前が分からない物も探せます。(2019/3/18)

「楽天ペイ」アプリで個人間送金が可能に、最大20%還元キャンペーンも
楽天が、「楽天ペイ(アプリ決済)」アプリを大幅更新。同社が手がけるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を使った個人間送金機能を実装した他、Android版アプリでは「楽天Edy」アプリへのショートカットも追加した。(2019/3/18)

Twitterがスレッドの定期購読機能を開発中 登録した会話に進展があると通知してもらえる
通知機能付きのブックマークとして使えそう。(2019/3/18)

メルカリに「写真検索機能」登場 商品名知らなくても
フリマアプリ「メルカリ」が、スマートフォンで撮影した画像を使ってほしいものを探せる「写真検索機能」を追加した。まずはiOS版から。(2019/3/18)

iOS版「Gboard」にGoogle翻訳機能追加
Googleのキーボードアプリ「Gboard」のiOS版でも翻訳しながらの入力が可能になった。103言語から翻訳元と翻訳先を選んで入力すると、自動的に翻訳される。Googleのサーバで翻訳するので言語データのインストールは不要だ。(2019/3/18)

メルペイがコード決済スタート まずはiOSで
メルカリの売上金が使える決済サービス「メルペイ」が、コード決済機能に対応した。(2019/3/14)

Google、視覚障害者向けAI採用アプリ「Lookout」公開
Googleが、目の不自由な人に周囲の様子を音声で説明するAndroidアプリ「Lookout」を米国のGoogle Play Storeで公開した。「Google Lens」と同じ画像認識技術を採用している。まずはPixel端末向けの英語版のみだが、今後対応端末と提供地域を拡大していく計画だ。(2019/3/14)

Google Earthで「カルメン・サンディエゴを探せ」ゲーム
Google Earthで、「カルメン・サンディエゴ」のNetflixでの復活を祝したゲームをプレイできる。かつての教育ゲームのように、世界中を飛び回る怪盗カルメンを追いながら世界の地理や文化について学べる。(2019/3/14)

Spotify、Appleを欧州委員会に提訴 「公平な競争を」
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、競合するAppleがApp StoreでSpotifyを不当に扱っているとして、Euの欧州委員会に調査を申した立てた。(2019/3/14)

Firefoxアカウントで2.5GBまで共有可能:
Mozilla、ファイルを暗号化して共有できる無料サービス「Firefox Send」の正式提供を開始
Mozillaは、ファイルを暗号化して簡単に共有できるWebベースの無料サービス「Firefox Send」の正式提供を開始した。Androidアプリの提供も予定している。(2019/3/14)

ホームIoT「au HOME」「with HOME」がスリープテックに進出 ニューロスペース、フランスベッドとコラボ
au(KDDIと沖縄セルラー電話)のホームIoTサービスが、睡眠の質を向上する「スリープテック」に進出。ニューロスペースと協業による睡眠アプリを提供する他、フランスベッドから対応睡眠センサーを内蔵したスマートマットレスが発売される。(2019/3/13)

SlackのiOS/Androidアプリ、「ダークモード」設定が可能に
コラボレーションアプリのSlackでダークモードの設定が可能になった。まずはiOSおよびAndroidアプリでのみ可能だが、将来的にWebアプリにも追加する。「Settings」で切り替えられる。(2019/3/12)

Google、インドの子どもたち向けAI採用英語学習アプリ「Bolo」リリース
Googleが、インドの小学生向けにヒンディー語と英語を音読しながら学習するAndroidアプリ「Bolo」を公開した。音声認識とテキスト読み上げ技術を採用し、AIアシスタントのディアが勉強を手伝う。(2019/3/11)

生体認証普及の道筋が整う
10億台のAndroid端末が「パスワードのない世界」へ FIDO2取得でログインはどうなる?
FIDO Allianceは、Android 7以降の全デバイスがFIDO2認定を取得したと発表した。これにより、パスワードの代わりに生体認証を使ってWebサイトやアプリへのログインを実現できるようになる。(2019/3/10)

リテールテックJAPAN2019:
スマホ1台でコード決済を導入できる SBペイメントのキャッシュレス戦略
2018年からスマホ決済、特にバーコードやQRコードを使ったコード決済がにわかに盛りあがっている。しかし店舗にとっては、扱うサービスが増えるほどオペレーションが煩雑になる。そこで注目したいのが、SBペイメントサービスの決済ソリューションだ。(2019/3/7)

FacebookのザッカーバーグCEO「プライバシー重視のプラットフォームを構築する」
プライバシー問題で批判が高まるFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、従来のオープンなプラットフォームではなく、プライバシー重視のプラットフォームを構築すると発表した。エンドツーエンドの暗号化などで、決済や金融取引にも使えるものにするとしている。(2019/3/7)

ふぉーんなハナシ:
やっと来たAndroid版「メルペイ」 セットアップして使ってみよう!(注意点あり)
2月28日から順次対応すると発表されたAndroid向け「メルペイ」。3月4日の夜、筆者の環境でもようやく使えるようになったので早速セットアップして使ってみました。(2019/3/5)

「Facebook Messenger」でダークモード設定が可能に
メッセージングアプリ「Facebook Messenger」でダークモードの設定が可能になった。誰かに三日月の絵文字を送ると設定を追加できる。(2019/3/5)

「Microsoft 365」のExcelアプリ、表組みの画像をデータに変換する新機能
Android版Excelアプリに、カメラで取り込んだ表組みの画像をExcelにデータとして挿入する新機能「画像からデータを挿入」が追加される。(2019/3/4)

メルカリ売上金を店舗で使える「メルペイ」、Android版も提供開始
メルカリ子会社のメルペイが、スマートフォン向け決済サービス「メルペイ」のAndroid版の提供を始めた。(2019/3/1)

ユーザーと金融の間にある“ギャップ”を埋めるために:
PR:LINEがチャレンジするのは“誰も経験したことのない領域の金融サービス”の実現――そこに求められるエンジニア像とは
コミュニケーションアプリで国内7900万の月間アクティブユーザーを抱えるLINEが、金融サービス事業へ本格参入し、話題を呼んでいる。同事業をリードしているのは、LINEのグループ会社として2018年1月に設立されたLINE Financialだ。LINEはなぜここにきて金融サービス事業に力を入れ始めたのか。今回から3回に分けて、LINE Financialの役割と狙い、そこで働くエンジニアの声を紹介する。第1回は、LINE Financialで開発室 室長を務める池田英和氏に、同社のビジネスビジョンと求めるエンジニア像について話を伺った。(2019/3/1)

「メルペイ」のAndroid版が2月28日に開始 iOS版と同じく「iD」を利用
フリマアプリ「メルカリ」の売上金を使った決済サービス「メルペイ」のAndroid版が、2月28日に開始。非接触決済の「iD」を使う。おサイフケータイで利用できる。(2019/2/28)

デバッグとアプリ分析を支援する「Dart DevTools」を提供:
Google、モバイルアプリ開発向けオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開
Googleは、iOSおよびAndroidアプリ開発のためのオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開した。(2019/2/28)

「不正ユーザーの95%が利用する手法」を解説:
「未対策なら1分でできる」 スマホアプリの改ざんを防ぐには?
スマートフォン向けアプリケーションを開発する際にもセキュリティ対策は欠かせない。DeNAの舟久保氏は内製ツールと自作アプリを利用して模擬的に改ざん行為を行い、アプリ開発時にどういった対策が有効になるかを解説した。(2019/2/27)

「風来のシレン」がスマホ向けに登場 DS版をベースにさまざまな要素を追加
また1000回遊べそう。(2019/2/26)

思い描いたヘアスタイルに近づける――個室シェアサロンがカードレス後払いに対応する理由
東京都内で、シェアリングエコノミーを志向する美容室を運営する「GO TODAY SHAiRE SALON」が、新たな支払い方法として「atone(アトネ)」を導入する。その狙いは「現金客」にあるようだ。(2019/2/26)

「Googleアシスタント」がAndroidアプリ「メッセージ」でも利用可能に
Googleの公式RCSアプリ「メッセンジャー」で、「Googleアシスタント」が利用可能になる。会話の内容に即した情報を適宜提供する。まずは英語版から。(2019/2/26)

A/Bテストには落とし穴も
モバイルアプリのA/Bテスト 実施のポイントとおすすめツールは?
モバイルアプリのA/Bテストは、アプリ更新時のバグを防ぎ、より良いユーザー体験を提供するのに最適な方法だ。しかし着手にはコツがいる。本稿では、A/Bテストのコツとおすすめのテスト用ツールを紹介する。(2019/2/26)

iOS/Androidの体重や月経管理アプリがFacebookに個人情報を提供──Wall Street Journal報道
Facebookの個人情報の扱いに対する批判が高まる中、体重管理などのモバイルアプリがユーザーが知らない間にデータをFacebookに提供しているとWall Street Journalが報じた。(2019/2/25)

石野純也のMobile Eye:
Samsungが折りたたみ「Galaxy Fold」を投入する狙い、S10シリーズの本命は「S10e」?
2月20日(現地時間)に、米サンフランシスコで2019年最初の「Samsung Galaxy UNPACKED」が開催された。ラインアップは折りたたみ型「Galaxy Fold」や、「Galaxy S10」シリーズ。注目を集めたGalaxy Fold、本命といえるS10シリーズの狙いを解説する。(2019/2/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
アプリを通じてモバイル市場を攻略するMicrosoft
Microsoftが、「MWC 2019」の開催直前にプレスイベントを実施する。そこで新製品だけでなく、今後に向けた発表も行われる見込みだ。(2019/2/23)

ダウンロード数は合計1000万回超:
Google Playに不正な動画広告アプリ、月間10Gバイトのデータ消費も
Google Playで提供されていた人気アプリに不正な動画広告を再生させるコードを仕込み、月間10Gバイトものデータ量を浪費させてしまうモバイル広告詐欺の手口が見つかった。(2019/2/22)

スマホ画面に発話内容を文字で表示する「みえる電話」 ドコモが3月1日提供開始
NTTドコモは、3月1日から耳の聞こえにくいユーザーに向けたサービス「みえる電話」を提供開始。NTTドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行い、スマートフォン画面上へリアルタイムに文字を表示する。利用者はアプリをダウンロードするだけで使うことができ、通話相手はアプリなどの準備をする必要がない。(2019/2/21)

Facebook、公式Androidアプリの起動しなくても位置情報を収める設定を無効化できるように
FacebookのAndroidアプリで位置情報へのアクセスを許可すると、これまではアプリを終了しても位置情報を提供し続けるしかなかったが、iOSアプリ同様にバックグラウンドでは位置情報提供を無効にできるようになった。(2019/2/21)

PR:社内のスマホ、守ってますか? 「Symantec Endpoint Protection Cloud」でモバイルデバイスもまとめて安全
専任IT担当者がいない規模の企業でもエンタープライズレベルのセキュリティを安価に構築できる「Symantec Endpoint Protection Cloud」。今回は社用・私用問わず使われるモバイルデバイスの保護について見ていこう。(2019/2/21)

「ポイントばらまきで終わるのは最悪のシナリオ」 乱立するコード決済サービス、後発・メルペイの戦略は
メルカリ子会社のメルペイが、スマートフォン決済サービス「メルペイ」の事業構想を発表。メルカリが持つユーザー基盤やデータを活用する他、他社とも積極的に連携していくという。(2019/2/20)

どの鍵盤を押しても大丈夫 ヤマハから“練習いらず”で楽しめる「JAM機能」搭載の電子キーボードが発売
新しい楽器の楽しみ方です。(2019/2/20)

メルカリ売上金を店舗で使える「メルペイ」、コード決済にも対応 3月から
フリマアプリ「メルカリ」で使えるスマートフォン向け決済サービス「メルペイ」が、3月中旬以降にコード決済サービスに対応する。iOSアプリで先行して提供している「iD」を使った非接触決済も、2月末から3月初旬にAndroidアプリで提供を始める。(2019/2/20)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「打倒iPad Pro」なBOOXのペン付き電子ペーパータブレットに触れた
電子ペーパーをディスプレイに採用したタブレット「BOOXシリーズ」を手掛けるONYX。Android OSを採用しAndroidタブレットとしても使える魅力を備えています。1月のCES 2019で展示されていた「Pro」シリーズを触りました。(2019/2/16)

「Google Play」申請却下のアプリは55%増、公開停止は66%増 Googleが対策の成果を説明
有害アプリの削減を目的とした不正検出技術やシステムの改善、人員の増大などが奏功したと強調している。(2019/2/15)

ふぉーんなハナシ:
スマホ×カード 組みあわせで“明暗”が分かれる非接触決済
Apple Pay対応のiPhoneや、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンを買ったら、非接触決済を使ってみたいですよね。でも、持っているスマホとカードの組みあわせによっては、使えないこともあるのです……。(2019/2/14)

知っトクWindowsツール:
Excelの確認・編集もできる無料オンラインサービス「Office Online」とは
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のオンラインサービス「Office Online」の利用が可能か検討してはどうだろうか?(2019/2/14)

「一定回数の広告視聴で全広告削除」 個人制作アプリの広告手法が人気、作者に話を聞いた
非常に好評ながら収支面での課題は残るようです。(2019/2/13)

iOS/Androidアプリ「周波数帳2019」リリース 検索機能を強化
ハンズエイドは、2月13日にメジャーアップデート版「<検索強化版>周波数帳2019」のiOS/Android版を同時リリース。フリー検索画面を電卓風に使いやすく改善し、過去にチェックしたデータが把握できる「閲覧済みマーク」機能も搭載。書籍コンテンツも2018年度版データにアップデートしている。(2019/2/13)

仮想通貨を盗むマルウェアが「Google Play」に セキュリティ企業に発見され削除
仮想通貨を盗み出すマルウェア「Clipper」が、米Googleの公式アプリストア「Google Play」で発見された。(2019/2/12)

Googleさん:
言い間違いも直してくれるGoogleの「音声文字変換」、かなり使える
Googleが早期アクセス版として公開した音声をリアルタイムで字幕にして表示する「音声文字変換」アプリを使ってみました。多少滑舌が悪くても意味が通るよう解釈してくれ、書籍タイトルなどもばっちり正しく表示してくれます。(2019/2/11)

歩くだけでポイントがたまる Agoopがウォーキングアプリ「WalkCoin(アルコイン)」を公開
位置情報を使ったビッグデータ事業を行っているソフトバンクの子会社が、新たな事業としてウォーキングアプリの提供を開始する。歩くとポイントがたまり、ためたポイントでプレゼントの抽選に参加できる仕組みだ。(2019/2/7)

「ラブプラス EVERY」iOSでクローズドテスト実施決定 約1年の延長を経て選ばれしカレシにのみ姿を現す
クローズドテストの内容をSNSサービスやWebサイトなどで一般に開示することは禁止。(2019/2/6)

ドコモの「dmenu ニュース」Android版が提供開始 インストールでdポイントプレゼントも
NTTドコモは、2月5日にiOS向けニュースアプリ「dmenu ニュース」のリニューアルを実施。デザインを一新し、操作感の向上やカスタマイズ機能の強化に合わせてAndroid版の提供も開始する。これに伴い、dポイントを最大600ポイントをプレゼントするキャンペーンも行う。(2019/2/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。