ニュース
» 2012年07月25日 20時01分 UPDATE

SAPジャパン、モバイル端末/アプリ管理製品の機能強化パックをリリース

「SAP Afaria」のサービスパックではユーザー自身でモバイルアプリの管理ができる機能やSamsung製端末向けのセキュリティ機能などが提供される。

[ITmedia]

 SAPジャパンは7月25日、モバイル端末やモバイル向け業務アプリケーションの統合管理基盤製品「SAP Afaria」の機能を拡張するサービスパック(SP1)の提供を開始した。

 SP1ではBYOD(個人所有の情報機器を業務につかうこと)されるiOSとAndroid端末に対して、企業が利用を推奨するモバイルアプリケーションをプロファイル(設定情報)と一緒に配布する機能を搭載。iOS端末ではユーザーの社員が退職する際に端末からアクセスした業務データや会社が購入を負担した有料アプリケーションを、管理者がリモートで削除できる。また作業手順表示などカスタマイズも可能で、モバイル端末の登録や管理をユーザー自身ができるようにした。

 このほか韓国Samsungとの協業を通じて、同社製の企業向け端末に対応したセキュリティ管理機能も提供。アプリの利用制御やポリシー、一般設定のユーザーによる変更の許可、周辺機器の利用制限といったきめ細かいセキュリティ対策が講じられるようになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -