ニュース
» 2012年08月15日 12時36分 UPDATE

富士通、既存のアプリ資産を日本語設計書に変換する新サービス

「APMモダナイゼーションサービス for Cloud」の新メニューとして、アプリの業務ロジックを日本語設計書に変換するサービスを提供する。

[ITmedia]

 富士通は8月15日、既存アプリケーションを基に新システムの開発を支援するサービス「APMモダナイゼーションサービス for Cloud」の新メニューとなる「設計書化モダナイゼーションサービス」の販売を開始した。

 「設計書化モダナイゼーションサービス」は富士通アドバンストソリューションズが開発したもので、COBOやPL/I、BAGLES IIで記述された既存アプリケーション資産の業務ロジックを日本語設計書に変換するサービス。さらに、変換した設計書からJavaソースを生成して動作テストを行えるようにしており、システム開発の期間短縮やコスト抑制を可能にするという。

 販売価格は個別見積りになる。

tkfjt01.jpg 変換イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -