ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モダナイゼーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モダナイゼーション」に関する情報が集まったページです。

効率改善とコスト削減の切り札、見逃したままではありませんか?:
PR:3つの“あるある”で解き明かす、SSD「本当の話」
ITインフラのパフォーマンス向上、コスト削減は多くの企業に共通する悩み。サーバ、ストレージへのSSD導入は即効性ある解決策となり得るであろうことは分かっていても、“SSDに関する思い込み”から、まだ導入を見送っている企業も多い。ではそのイメージ、本当なのだろうか?――NECの3人のプロフェッショナルにSSDの「最新かつ本当の話」を聞いた。(2020/2/28)

特集:AIOpsとは何か(2):
AIが明らかにする「運用管理者の役割」
ITシステム/サービスがビジネスとイコールの関係になっている今、運用管理の在り方こそが「ビジネスの成果」を左右し得る状況になっている。こうした中、一部で注目を集めているAIOps(Artificial intelligence for IT Operations)は運用管理者の役割をどう変えていくのだろうか。(2020/1/17)

製造業DX:
PR:現場のDXを飛躍させる最強のITパートナー、強みの源泉とは
経済産業省のガイドラインにもうたわれている通り、デジタルトランスフォーメーション(DX)は製品やサービス、ビジネスモデルの変革だけでなく、企業文化・風土の変革でもある。しかし業務を止めることなく、現状の課題を解決しながら、企業を生まれ変わらせるほど大きなテーマであるDXに取り組むのは、非常に困難だ。DXによって競争力を高めるためには、どんなパートナーを選ぶべきなのか。(2020/1/7)

定期的な確認が大切
古いハードウェアを使い続けるリスクと、それでも使い続ける際の注意点
古いハードウェアは脅威をもたらす恐れがある。今日の企業が扱う機密データの量を考えれば、その可能性は十分ある。セキュリティリスクを低減するために何をすべきか。(2019/12/26)

「2025年の崖」問題を解決
DXの近道「モダナイゼーション」の始め方 成功の秘策とは
運用コストの増大、新サービス開発の迅速性や柔軟性の低下など、レガシーシステム特有の課題を解決してデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するには、モダナイゼーション(最新化)が不可欠だ。成功のセオリーは。(2019/12/27)

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)パイプラインの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。最終回はOpenShiftを使ったCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)について。(2019/12/12)

自動化や分散クラウドなどに問題山積み:
Gartner、ITインフラ&オペレーションに影響を与える2020年のトレンドトップ10を発表
Gartnerは、2020年以降のデジタルインフラサポートに大きな影響を与えるトレンドのトップ10を発表した。これまでの自動化戦略を考え直す必要が生じる、さらに従来のディザスタリカバリー対策が無効になるといった新たな課題が生まれるという。(2019/12/13)

クラウドを生かすモダナイゼーション【後編】
保険会社がレガシーアプリのモダナイゼーションになぜ「EA」を使うのか?
クラウドを利用したアプリケーションのモダナイゼーションを進める保険会社Helvetia Insuranceは、エンタープライズアーキテクチャ(EA)ツールを活用している。なぜEAツールを活用するのか。得られた効果とは。(2019/12/3)

Red Hat買収の成果は花開くのか IBM Cloud Paksが打ち出すコンテナ戦略とは
IBMによるRed Hat買収発表からほぼ1年。その成果から生まれたのが新たなソフトウェア戦略「IBM Cloud Paks」だ。その強みはどこにあるのか。日本IBMの幹部が今後の戦略とともに語った。(2019/12/2)

クラウドシフトを成功に導くエキスパート集団「アピリオ」に聞く:
PR:「2025年の崖」を回避するために企業が今すぐ踏み出すべきステップとは?
社会のあらゆる領域でデジタル化が進む中、企業には、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現が求められている。企業が、より柔軟性とコスト合理性が高いクラウドへの移行を進めつつ、DX実現のロードマップを進んでいくために解決すべき課題は何か。エンタープライズ向けクラウドコンサルティング事業をグローバルで展開する、アピリオ社長の渡邉崇氏に聞いた。(2020/1/27)

DX実現を支えるITインフラのポイント
オンプレミスとクラウドの境目を意識させないモダナイゼーション
注目のインフラソリューションとして、さまざまなベンダーがHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を提供している。ITインフラのモダナイゼーションの基盤となるHCIを選ぶために、検討すべきポイントを紹介しよう。(2019/12/11)

クラウドを生かすモダナイゼーション【前編】
レガシーアプリをクラウド化してモダナイズする4アプローチと乗り越えるべき壁
Helvetia Insuranceは、自社で利用するアプリケーションのモダナイゼーションに取り組んでいる。バックエンドでは自動化による効率化を、フロントエンドでは顧客体験の向上を図り、データ保護を実現している。(2019/11/25)

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、モノリシックなJava EEアプリを分割しマイクロサービスとして動かすのはどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。2回目はマイクロサービス化と運用監視について。(2019/11/13)

AIの効果はスピードに現れる:
世界のDX市場は今後5年間でどう変わるか、IDCが予測
IDCは、企業がDXを推進し、2023年までにDX支出がITC支出全体の5割を超えるとの見通しを示した。DXへの投資が収益として実を結び、デジタル投資を怠った企業が市場から退場していくとした。(2019/11/5)

「配置から運用まで一貫してサポート」:
コンテナ運用だけでなく認証機能や開発支援も含めたコンテナサービスを提供 NEC
NECは「NEC Cloud Solutions」について、コンテナアプリケーションの開発と活用のプラットフォームを拡充する。マルチクラウドとマルチコンテナプラットフォームを組み合わせて、コンテナの配置や展開から運用まで一貫したマネージドサービスとして提供する。(2019/11/5)

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:IBMのRed Hat買収の成果「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、複雑なマルチゾーンのOpenShiftクラスタの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。(2019/10/18)

第一生命保険の次世代システム基盤を日本マイクロソフトがAzure上に構築、DX推進へ
次世代システム基盤「ホームクラウド」は、デジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤。PaaSの活用やAzure DevOpsとの連携によって、省力化とともにシステムの俊敏性を高めた。(2019/10/11)

「エッジコンピューティング」事例集【中編】
垂直農法の企業は「エッジコンピューティング」で植物栽培をどう改善したのか
AeroFarmsはエッジコンピューティングを園芸に取り入れることで、室内環境を細かに監視し、植物栽培の生産性を飛躍的に高めた。どう実現したのか。(2019/10/2)

Microsoft Focus:
現場にAI&クラウド人材は定着するのか? MSの新支援プログラムの狙いとは
日本マイクロソフトは、企業のDXを推進するために新たな支援プログラムを開始した。教育体制を顧客まで対象を拡大したプログラムの狙いとは。(2019/9/30)

コストを削減できない可能性も
「脱クラウド」でオンプレミス回帰 選ぶべき戻り方は?
クラウドに移行させたシステムをオンプレミスに戻す際、どのような点に注意する必要があるのだろうか。例えばハードウェアの保守期間が過ぎているために、新しいハードウェアの調達が必要になる可能性がある。(2019/9/24)

Gartner Insights Pickup(124):
デジタルビジネスの成功に不可欠な「ContinuousNext」戦略、5つの要素とは
2019年6月にカナダのトロントで開催された「Gartner IT Symposium/Xpo」において、Gartnerのアナリストが、同社の「ContinuousNext」のコンセプトと、CIOがこのコンセプトに基づいて新しい考え方とプラクティスをどのように構築・推進し、共有できるかを解説した。(2019/9/13)

「限られた人数だからこそ生産性を最大化」
札幌中央信用組合がITインフラで「業務の合理化」を実現できた理由
地方の金融機関を取り巻く環境は厳しく、常に徹底した「業務の合理化」が求められる。合理化の一環としてITインフラのモダナイゼーション(近代化)を「クラウドではなくオンプレミス」で成し遂げた札幌中央信用組合の事例を紹介する。(2019/8/28)

Weekly Memo:
日本マイクロソフト、経営方針の注目点と平野拓也社長語録
日本マイクロソフトが7月からスタートした2020年度の経営方針を発表した。本稿では、「インダストリーソリューションへの注力を強調」および「最後の経営方針発表会見となった平野拓也社長の足跡」といった2つの観点で考察したい。(2019/8/26)

モビリティサービス:
MaaSに熱視線を注ぐマイクロソフト、2020年には日本クラウド市場で首位を狙う
日本マイクロソフトはMaaS(Mobility-as-a-Service)に熱い視線を注いでいる。Microsoft Azureは自動運転やコネクテッドサービス領域でシェアを固めつつあるが、MaaSにおいても自動車メーカーやモビリティサービス事業者などとの関係の深化を狙う。(2019/8/23)

旧システムから新システムへ「スムーズな移行を」 NECが製品群を強化
ハイパーコンバージドインフラやアプリケーション環境のモダナイゼーションなどを支援する製品群を強化し、順次提供を開始する。(2019/8/22)

Google Cloud Next Tokyo ’19:
Google CloudはAnthosで「次のVMware」になろうとしている FFGはCloud Spannerで次世代銀行システムを開発
Google Cloudのイベント「Google Cloud Next Tokyo ’19」では、分散データベース「Cloud Spanner」の利用が、金融基幹システムにも広がりつつあることが示された。一方マルチクラウドコンテナ環境の「Anthos」でGoogle Cloudは、アプリケーションのモダナイゼーションツールとしての役割を強調した。Google CloudはAnthosで、「次のVMware」になろうとしている。(2019/8/13)

決め手はチェンジマネジメント
フィットネスチェーンが従来型PCから「Pixelbook」へ移行 成功の秘訣は
「Google Pixelbook」の導入やクラウドへの大規模な移行を進めたフィットネスチェーンのSoulCycle。成功の決め手は、包括的なチェンジマネジメント計画だった。(2019/8/13)

コード変換サービス、ハンズオンなどを提供:
Microsoft Azureのクラウドアナリティクス支援プログラムを発表 MicrosoftとInformatica
MicrosoftとInformaticaは、企業が「Microsoft Azure」を使ったクラウドアナリティクスの取り組みを容易に開始できるようにする共同プログラムを発表した。(2019/8/8)

Google Cloud Next '19 Tokyo:
Googleが“激戦”クラウド業界に投じた切り札 「Anthos」とは何か
AWSやAzure、IBM Cloudなどの競合がひしめくクラウド業界に、Googleが新たな一石を投じている。それまでの自社製品一択の戦略からマルチクラウド戦略への転換を支える新製品の流れを追った。(2019/8/7)

Weekly Memo:
ハイブリッド、マルチクラウド化に本腰を入れ始めたGoogle Cloudの思惑
ハイブリッド、マルチクラウド化へのニーズが高まる企業のIT利用に対し、これまでクラウドサービスしかなかったGoogleがその対応に本腰を入れ始めた。果たして同社の思惑とは――。(2019/8/5)

転換期のハイブリッドクラウド【第3回】
Azure StackやAWS Outpostsなどの「クラウドアプライアンス」が必要な理由
クラウドベンダーが提供するアプライアンスは、PaaSなどパブリッククラウドと同様の機能を利用してハイブリッドクラウドの運用環境に一貫性を持たせることに有効だ。(2019/8/30)

モダナイゼーション実現の特効薬?
読者調査で分かった基幹アプリの「次の基盤」とは
アイティメディアが実施したアプリケーションモダナイゼーションに関する読者調査で「今後2年以内に基幹アプリをクラウド化する」と答えた企業が40%に迫った。本稿は読者調査の結果からアプリ移行の現状と課題を考察する。(2019/7/17)

「2025年の崖」「インフラの壁」にクラウドで対処
「仮想化環境をそのままクラウド」が最適解 クラウド移行初めの一歩
オンプレミス環境が老朽化し、ITインフラのライフサイクル管理に行き詰まる「インフラの崖」に直面する企業は少なくない。「仮想マシンのクラウド移行」という観点から、安全で低コストのクラウド移行について説明する。(2019/7/11)

転換期のハイブリッドクラウド【第1回】
Microsoft、AWS、Google、IBM、Oracleの「ハイブリッドクラウド」の本気度は?
主要クラウドベンダーは、ハイブリッドクラウドにどう向き合い、どのような製品を提供しているのか。クラウドベンダーのハイブリッドクラウドに対するスタンスや製品展開の方向性を整理する。(2019/6/24)

DXは今のビジネスの必要条件:
20年以上Yahoo! JAPANを運営するヤフーは「モダナイゼーション」にどう取り組んでいるのか?
日本の企業はデジタルトランスフォーメーションにどう関わるべきか。モダナイゼーションにどう取り組むべきか。20年以上Yahoo! JAPANを運営するヤフーの事例や、ベンダーとして多くの企業の相談に乗ってきた日本IBMの講演、そして、両者の議論から探る。(2019/6/4)

ビル設備:
三菱ビルテクノがリニューアル専用の研修棟「練」開設、2020年までに70人の技術者育成
三菱電機ビルテクノサービスは、3.3ヘクタールの広大な敷地を有する自社の研修施設に、昇降機のリニューアル工事に特化した研修棟を新設した。新研修棟の名称は、繰り返し手をかけ質の良いものにするの意味を込め、「練(れん)」とし、高まる技術者不足の解消に向け、2020年までに据付技術者70人の育成を目標としている。(2019/6/3)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(10):
クラウドに対する淡い期待を5つ持っていませんか?――富士フイルム柴田氏が明かす、現実とのギャップの解消方法
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? 富士フイルムホールディングスの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/26)

Weekly Memo:
Microsoftはなぜ「Azure Stack HCI」を市場投入したのか
Microsoftがハイブリッドクラウド需要の拡大に向けて、「Azure Stack HCI」を市場投入した。なぜ、Azure StackにHCI版を追加したのか。そこにはIT市場の最前線の動きが見て取れる。(2019/4/22)

古いシステムとのギャップをどう埋める?
Windows Serverのレガシーアプリを「Docker」に移行、製造受託大手が直面した課題は
「Docker」を使い、「Windows Server」のレガシーアプリケーションをモダナイゼーションしようとする企業が直面する課題とは何か。製造受託大手Jabilの事例から探る。(2019/4/19)

PR:「歴史ある企業は変われない」を打ち砕く 既存システムを“変えずに生かす”秘策とは?
(2019/4/2)

データこそがビジネス価値の源泉:
PR:クラウド移行による“ビジネス変革”成功のカギは「データ」にあり――「データ」をクラウドに集約すべき理由とは?
デジタル技術を活用してビジネス変革を成し遂げようという動きが活発化している。そこでキーになるのが「クラウド」だ。だが、システムを移行するだけで、クラウドのメリットが得られるわけではない。重要なのは、特に既存システムに蓄積されている「データ」を資産としてどのように活用していくかだ。「クラウド移行では、データこそ最大の差別化要素」と強調する日本マイクロソフトに話を聞いた。(2019/3/29)

7つの手法、8つのポイント
アプリをモダン化する7手法:目的にあわせたクラウド移行のコツ
レガシーシステムをモダン化する場合、どのような手法を選択するかでその後の道は大きく分かれる。アプリケーションとデータアクセスのモダナイゼーションに必要な考え方や手法を紹介する。(2019/3/28)

「AWS」「Kubernetes」「IoT」で探る:
VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由
VMwareは、「『プライベートクラウド』とは言わなくなっている」という。なぜなのか。「AWS」「Kubernetes」「IoT」という3つのキーワードから、その理由を探る。(2019/3/26)

Schneider ElectricやBoxなどに直撃
2019年に本気で取り組みたいITトピックは? 5人のCIOが新年の誓い
5人のCIOに、ITに関する2019年の誓いを紹介してもらった。野心は限りなく大きい。RPAやAIなど、センシティブなデータの処理やビジネスの拡張につながるプロジェクトが挙がっている。(2019/2/6)

Gartner Insights Pickup(93):
ITインフラとオペレーションをハイブリッド時代に適応させるための6つのステップ
組織は、避けられないハイブリッド化の流れに対応し、ITインフラとオペレーションをモダナイズしなければならない。ハイブリッド時代に適応させるために必要な6つのステップを解説する。(2019/1/25)

置き換え作業のクラウド移行がだめなわけ
レガシー資産がネックになるクラウド移行、理想に近づくための第一歩とは
情報システムの転換期にAWS移行を考える企業は多い。効果を最大化するためにはレガシーアプリケーションのリビルドまで見据えた検討が欠かせないが、課題は山積みだ。理想に近づくために企業ができる“第一歩”を紹介する。(2019/1/18)

衝撃を与えた幹部の逮捕:
米国対Huawei、加速する全面対決の姿勢
Huaweiの経営幹部がカナダで逮捕されたことを受け、エレクトロニクス業界にも衝撃を広がっている。Huaweiをめぐり、米中による全面対決の姿勢がいっそう濃くなっている。(2018/12/26)

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパー
投資対効果で解説、いま「ハイパーコンバージドインフラ」導入が必要な理由
従来の3層型ITインフラでは、クラウド時代の新たなニーズに対応できなくなりつつある。そこで、新たな選択肢として注目され始めたハイパーコンバージドインフラについて、投資対効果を中心として、その導入メリットを解説する。(2018/12/21)

Gartner Insights Pickup(87):
アプリケーション開発を再び“クール”にするには
企業のアプリケーション開発は一変しようとしている。社内のアプリケーション開発チームに高いパフォーマンスを発揮させるためには、新しいスキル、プラクティス、技術に投資しなければならない。(2018/12/7)

開発ツールやオープンソース、サーバレス技術の新展開:
Microsoft、「Visual Studio 2019 Preview」など開発者向けに多数発表
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Microsoft Connect(); 2018」で、各種開発ツールの正式版や新バージョンの他、オープンソースの新展開や新しいサーバレスコンピューティング技術などを発表した。(2018/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。