ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モダナイゼーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モダナイゼーション」に関する情報が集まったページです。

富士通とAWSが協業、モビリティ業界のDX推進に向けた「3つの取り組み」とは
富士通は、全世界で「Amazon Web Services」(AWS)との協業を発表した。富士通のデジタルツインやセキュリティソリューションとAWSのクラウドサービスを組み合わせて、モビリティ業界のDX推進を支援する。(2021/5/13)

国内ネットワーク仮想化/自動化市場とNFV市場、ネクストノーマルで成長市場へ返り咲き――IDC予測
IDC Japanによると、国内のネットワーク仮想化/自動化市場は、コロナ禍でマイナス成長に転じたものの、2025年まで年率4.6%で成長する見通しだ。国内NFV市場も年率6.6%の拡大が見込まれる。市場成長の要因とは?(2021/5/12)

COBOLとの付き合い方【前編】
「COBOL」プログラムが古くなっても動き続ける“切実な理由”
組織に古くからあるシステムで「COBOL」プログラムがいまだに稼働し続けていることは珍しくない。なぜそのような状況が生まれるのか。組織はなぜモダナイゼーションに踏み切れないのか。(2021/5/10)

.NET 5モダナイズ入門(5):
Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチ
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチについて紹介します。(2021/4/30)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

DXを遅らせがちな開発の課題も意識:
VMware Cloudはマルチクラウドの「壁」を壊すか 開発と運用、両面の機能に迫る
企業の間で多様なクラウドの導入が進む中、分散しがちな環境の運用や新たなアプリケーション開発の課題を意識した「VMware Cloud」が発表された。開発の迅速化や運用の効率化をはじめとしたニーズにどう応えるというのか。(2021/4/16)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウド環境でのワークロード配置を最適化する、ストレージ選定術
DXの取り組みの多くはいまだ途上にあり、クラウドが主体となり広範かつ複雑になったインフラの中で、多様なワークロードの配置をいかに最適化するかが課題となっている。この解消に向け、多くの組織はストレージの刷新を検討している。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中堅企業がDXで勝ち抜く鍵、調査で見えたハイブリッドクラウド戦略推進のヒント
DXの推進に欠かせない、インフラのモダナイゼーション。その中で特に中堅企業が注目しているのがハイブリッドクラウド環境の構築だが、そこではワークロードの適切な配置と、それを実現するためのインフラの選定が重要になってくる。(2021/4/9)

メインフレームからクラウドへ【前編】
「メインフレーム」のアプリケーションをクラウドサービスで動かす3つの選択肢
メインフレームで稼働するアプリケーションをクラウドサービスに移行させるには、どのような方法があるのか。3つの方法を説明する。(2021/4/8)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(5):
Windows環境のセキュリティ対策はどうする、どうなる?――Microsoftクラウドセキュリティの現在と未来を追う
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。コロナ禍で働き方が一変したといわれて久しいが、そうした時代に合わせた情報セキュリティの在り方について、具体的なMicrosoftのサービスとともに解説する。(2021/3/31)

.NET 5モダナイズ入門(4):
クラウド移行でアプリ独自のSLAとクラウドの各機能を深く理解することの重要性とは
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、SLAの重要性およびAzure App Serviceと組み合わせる機能における注意点を紹介します。(2021/3/25)

Gartner Insights Pickup(198):
2021年に持続可能なアプリケーションデリバリーを実現するための必須スキル
アプリケーションリーダーは、組織がビジネスニーズに対応していけるように、アプリケーション基盤のレジリエンス(回復力)とサステナビリティ(持続可能性)に重点を置き、アプリケーションチームを進化させていく必要がある。(2021/3/12)

特別対談:
PR:NECとAWSの強力タッグでデジタルガバメントを推進 「デジタルファーストで社会を変える」
(2021/3/12)

リフト&シフトは万能ではない:
メインフレームのモダナイゼーションでは何が起こるのか、Googleがアンチパターンを解説
Googleは公式ブログで、メインフレームのワークロードを移行する際に考慮すべき一般的な落とし穴やアンチパターンを解説した。「ビッグバンアプローチ」「リフト&シフト」「インプレースモダナイゼーション」のそれぞれに落とし穴がある。(2021/3/5)

ERP移行に頭を抱えるIT担当者に向けて
直面する対応策の分岐点 SAP ERP移行問題で企業が本当に進むべき道とは
2030年に延命されたSAP ERPのサポート終了。しかし、サポート期間が延長されたからと言って喜ばしいことばかりではない。この間に対応すべきことは山のようにある。大切なのは、残された時間をどう使うかだ。(2021/3/4)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
SDDCをベースに考える、ハイブリッドクラウド戦略の正しい進め方とは?
クラウドやAIの導入、オンプレミスのレガシーシステムからの脱却などを、無理なく実現する方法として注目されるハイブリッドクラウド戦略。その土台となるSDDC(Software Defined Datacenter)に着目し、戦略策定のポイントを解説する。(2021/3/1)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

Gartner Insights Pickup(196):
2021年のインフラストラクチャ&オペレーションに影響を与える6つのトレンド
今後12〜18カ月にわたり、リモートワークとクラウド移行がインフラのトレンドをけん引し続ける見通しだ。(2021/2/26)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(4):
これからはあなたも主役に! Power Platformが仕事、社会、そして人生を変える
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第4弾は、コロナ禍で変わった働き方にMicrosoftの開発環境がどのように追随しているのかを見ていく。(2021/3/3)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:破られた二要素認証
特集は2FAや生体認証を巡るセキュリティ動向とRPA事例、Tru64 UNIXのモダナイゼーション、マルチクラウドストレージ活用術の4本。他に量子コンピュータプログラミングの入門方法、Zoomを悪用したマルウェア回避方法などの記事をお届けする。(2021/2/25)

IBM、専任チームでパートナー企業のオープンハイブリッドクラウド構築を支援
IBMは、パートナー支援の専任チーム「ハイブリッドクラウド・ビルド・チーム」を結成。オープンなハイブリッドクラウド環境を活用し、パートナーと先進的なソリューションを共同開発するなど、ワークロードのモダナイズとマイグレーションを支援する。(2021/2/10)

金融DXを推進するマイクロソフト、カギを握るのは「ループ」とFinTech企業との協業
日本マイクロソフトが金融業界のDX支援の提案を本格化させている。スタートアップなどの外部のTech企業と共同で金融改革の機運に乗る考えだ。提案のポイントはUXの再構築とカイゼンサイクルの仕組み化作りにあるようだ。(2021/2/9)

.NET 5モダナイズ入門(3):
.NET 5移行前に知らないと損する、アプリモダナイズのための確認事項
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、.NETアプリケーションのモダナイゼーションを進める前の確認事項を紹介します。(2021/2/9)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
アプリケーションのモダナイズを推進、統合プラットフォームの実力とは?
新たな顧客体験の創出やイノベーションの活用に向けて、アプリケーションのモダナイズが加速する昨今。その一方で、多様なアプリケーションの要件をインフラに適合させることの難しさが課題となっている。この課題を解消する方法とは?(2021/2/2)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
開発現場の課題を解消、アプリのモダナイゼーションを成功させるアプローチとは
あるレポートでは、DXに取り組んだ日本企業のわずか16%しかデジタル変革に成功していないとされている。なぜこれほど困難なのか。さまざまな開発シーンで起きる問題を見つめ直し、対処法を検討することで、解決できる可能性がある。(2021/1/29)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/4/28)

基幹システムのクラウド移行をワンストップで支援 日立が3つの新サービスを提供
日立は、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定からシステムの移行や構築、運用までを支援する3つの新たなサービスを提供する。同社がこれまで培ってきたクラウド移行のノウハウや、移行後の運用を容易にするコンテナ技術などを活用する。(2021/1/20)

オープンインフラが主流に:
Googleが予測する2021年のデータとクラウドの動向とは
Googleは2021年に留意すべきデータ分野とクラウド分野の6つの動向について公式ブログで解説した。クラウドのメリットがコストだけではないことや、セキュリティ基盤としても重要であることが分かる。(2021/1/19)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

Gartner Insights Pickup(187):
セキュリティとリスクマネジメントのリーダーが予算削減に備えるには
全ての組織が予算削減やコスト最適化、契約交渉などを行う適切な準備を整えているわけではない。セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、あらかじめ計画を立ててコストの削減と最適化のバランスを取る必要がある。(2020/12/18)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:CPU/GPU搭載ストレージ続々登場
特集はメインフレームのモダナイゼーション事例、コンピュテーショナルストレージの用途と主要製品、RPA事例とコンポーザブルインフラ解説の後編。他に5G対応の物理キーボード搭載スマホなどの記事をお届けする。(2020/12/17)

.NET 5モダナイズ入門(2):
.NET 5世代のALMを意識した、.NET Frameworkアプリのワークロードごとの.NET 5移行戦略
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、.NET Frameworkから.NET 5へのワークロードごとの移行方法の概要や参考情報などを紹介します。(2020/12/11)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(2):
Windowsクライアント管理、変革のとき 「withコロナ」で噴出する課題にどう対応する?
新型コロナウイルス感染症の拡大により、企業のテレワークが加速し、働き方も変革期を迎えています。これに伴い、企業の「Windowsクライアント管理」にも変化が求められています。本稿では、働き方の変化によってもたらされるWindowsクライアント管理の重要性と、今後の管理の在り方を考えるとともに、それらを実現するMicrosoftのテクノロジーを紹介します。(2020/12/4)

Weekly Memo:
AWSやMicrosoftと異なる「Google Cloud」の魅力とは、同社パートナー事業トップの話から読み解く
メガパブリッククラウドとして、AWSやMicrosoft Azureと競合する「Google Cloud」。競合サービスと異なる魅力は何なのか。同社日本法人パートナー事業トップの話から探ってみたい。(2020/11/30)

AIのパワーでIT運用を変える
AIOpsによるIT運用の高度化、ビジネス機会損失を防ぐ新たな一手
DX時代においてはITシステムの停止がビジネスの機会損失に直結する。障害対応の観点からは事前に対処可能であればそれがベストだ。だがどうしても事後対応になってしまう。こうしたITシステム運用に関する課題をどう解決すればよいのか。(2020/12/4)

Gartner Insights Pickup(184):
ITコストを最適化する10の手法
官民のCIOは、変化の激しいビジネス環境の中で予算の制約に対処するために、ITコストの最適化手法を検討する必要がある。(2020/11/27)

「COTS」と「GOTS」を比較【前編】
「COTS」「GOTS」の基本的な違いとは? 政府機関のIT基礎用語
政府機関が業務効率化のためにソフトウェアを導入する場合、まず「COTS」ソフトウェアと「GOTS」ソフトウェアのどちらを選ぶかを決める必要がある。2つの基本的な違いを解説する。(2020/11/18)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(1):
これからの企業ネットワークはどうなる?――Windows Serverとネットワーク仮想化技術の現在と未来
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第1弾は、「Windows Serverとネットワーク仮想化技術」を深掘りする。(2020/11/16)

海外医療技術トレンド(65):
米国規制当局のDXが医療イノベーションに及ぼす影響
本連載第23回で米国保健医療行政のIT戦略を取り上げたが、その後、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速している。(2020/11/13)

保険会社と大学の「Slack」導入事例【前編】
保険会社が「Slack」導入に成功した理由 「伝統」より「変化」を重視
ビジネスチャットツールが魅力的でも、それによる変化を受け入れる文化が社内になければ導入はままならない。伝統を重んじる保険業でありながら「Slack」の大規模導入に成功したPan-American Lifeの決断とは。(2020/11/13)

コロナ禍で高まる需要
Javaエンジニアこそ「COBOL」を学ぶべき“切実な理由”
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「COBOL」への関心が急激に高まっているという。それはなぜなのか。「Java」を使うエンジニアがCOBOLを学ぶ意義とは。有識者に聞いた。(2020/11/11)

.NET 5モダナイズ入門(1):
クラウドネイティブな「.NET 5」が既存の.NET Frameworkアプリにもたらすインパクト
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。初回は、.NET統合の現状や.NET 5のリリースにおけるキャッチアップすべきことなどについて。(2020/11/10)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
スループット567%向上、オーダー急増に悩むYNAPを救ったオールフラッシュとは
ラグジュアリーファッションブランドのYOOX NET-A-PORTER GROUP(YNAP)では、オンラインストアのオーダーペースが最大1.4秒に1件と急増し、レガシーストレージによる対応に限界を感じていた。そこで選ばれたオールフラッシュの実力とは?(2021/4/28)

Microsoft Focus:
Azureは今度こそAWSの牙城を崩せるのか? 2021年、日本マイクロソフトのクラウド戦略を解説しよう
2021年度をスタートさせた日本マイクロソフトは、DXの「一丁目一番地」にクラウド戦略を据える。これまでのAzure戦略を超える形でユーザーやパートナー向け施策を強化するだけでなく、Windows ServerやLinuxからの移行も見据えるという同社の新たな取り組みとは。(2020/10/30)

IBMはなぜインフラサービス部門を分社化するのか? 日米のトップが語ったこと
米IBMがインフラサービス部門を分社化し、2021年末までに新会社を設立すると発表。その理由と日本IBMの方針を、日米の両社長が説明した。(2020/10/27)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:データベースのモダナイゼーション
特集は、パフォーマンス不足を契機にSQL ServerからNoSQLデータベースに移行した事例と、絶対に知っておくべきコンテナセキュリティ、クラウドストレージとテープの選択の基準について。他にRPAを使うべきではない用途などの記事をお届けする。(2020/10/26)

ほぼ月刊AWS(3):
日本政府がAWSを採用したからといってデジタル化が進むわけではない理由
Amazon Web Servicesを採用した日本の中央官庁向け共通IT基盤が稼働を開始しました。他の公共機関や、場合によっては民間もクラウド調達の参考にできそうな、新たな調達方法が考案されています。ただし、本当の課題解決はこれからだと考えられます。(2020/10/19)

管理プロセスを容易に
「税務×AI」の可能性 煩わしい納税作業がなくなる?
納税者と徴税人は税金の支払いと徴収プロセスをより簡単にしたいと考えている。データ量が多く複雑な徴税プロセスの効率化は、AI技術の格好の用途だ。AI技術は税務をどう変えるのか。(2020/10/16)

Weekly Memo:
変わるSIerの役割 DXにどう取り組み、ユーザーにどんな価値を提供していくのか
これまで企業のシステム構築を手掛けてきたSIerにとって、DX事業をどう進めるかは重要課題だ。ユーザーにどんなDXの価値を提供できるのか。日鉄ソリューションズの取り組みから考察してみたい。(2020/10/12)

コンテナ化は銀の弾!?:
PR:業務システムを無理なくモダナイズ、「Red Hat OpenShift Container Platform」とNECの「WebOTX」のタッグでできること
コンテナ技術は企業のDXやアプリケーションのモダナイゼーションで欠かせない。ただし、企業においては既存資産を有効活用することも重要だ。NECのアプリケーション実行基盤「WebOTX」は、レッドハットの「Red Hat OpenShift Container Platform」とのタッグで、無理のないモダナイゼーションに役立つ強力な援軍となる。(2020/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。