ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイブリッドクラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイブリッドクラウド」に関する情報が集まったページです。

VMware事業方針の変更がどう影響したのか
なぜAWSによる「VMware Cloud on AWS」の販売が終了に? Broadcomの狙いは
Broadcomが、「VMware Cloud on AWS」のAWSを経由する販売を終了した。この動きは、Broadcomの買収に伴うVMware事業の方針の変更が関係している。同社の狙いと、AWSやユーザー企業の反応を説明する。(2024/6/25)

クラウドセキュリティ構築のこつ【後編】
クラウドサービスを守るどころか危険にする「駄目なセキュリティ」とは?
クラウドサービス移行に伴い、ユーザー組織はセキュリティ対策の非効率や高コストといった問題に直面しがちだ。鍵はシンプルに考えることだ。どのような対策が必要なのか。(2024/6/25)

VMware vSANユーザーも波乱の渦中に【後編】
VMwareの永続ライセンス廃止でユーザーが“とんでもない苦境”に陥った理由
Broadcomによる買収後、VMware製品のライセンスモデルは大きく変わり、ユーザー企業の混乱を招いている。この変更が、ユーザー企業に与えた衝撃とは。代替案を検討するユーザー企業にとっての選択肢は。(2024/6/24)

クラウドとメインフレームのこれから
クラウドで代替できない「メインフレーム」に待ち受ける末路
企業のクラウドサービス活用が進んだにもかかわらず、いまだにメインフレームは稼働し続けている。クラウドサービスがメインフレームの代わりにならない理由と、今後メインフレームに代わる可能性がある技術は何か。(2024/6/21)

日本企業固有のニーズに即したアーキテクチャをメニュー化、モダナイズ支援策を強化するKyndryl
キンドリルジャパンが事業戦略説明会を開催。日本企業のシステムモダナイズ支援強化策を打ち出した。(2024/6/19)

コスト重視で企業が見落としがちなデータとセキュリティの重要性:
PR:「クラウドは当たり前」という“誤解”から脱却すべき 「経営貢献できる」インフラ&運用への変革ステップ
社会全体でデジタル化が進む中、IT開発、運用は「ビジネス展開」とほぼ同義になり、ビジネスを支えるインフラ運用にもいっそうのスピードと効率が求められている。「ビジネスを届けて成長させる」という本来の目的を達成するために、インフラをどう見直せばよいのか。(2024/6/18)

CIO Dive:
IBMの直近の動きで見る「メインフレーム主力プレーヤー」の身の処し方
IBMは、SAPのサービス経由で新たなAIソリューションの提供を予定している。メインフレーム市場の縮小が見えている今、IBMはどう事業を成長させようとしているのか。(2024/6/14)

役立つクラウド認定資格11選【第4回】
“オールラウンダーなクラウド技術者”を目指せる「認定資格」はこれだ
クラウド管理や構築の経験をある程度積んだクラウド技術者が、次に目指すべき資格とは何か。本稿はクラウドアーキテクトに関連する資格と、ベンダーに依存しないクラウド認定資格を詳しく説明する。(2024/6/12)

「The Voice of Kubernetes Experts Report 2024」発表:
Kubernetesのオープンソース化から10年 Kubernetesの活用動向、現在の課題とは? 専門家527人が回答
Portworxと調査会社のDimensional Researchは共同で、Kubernetes専門家527人に対する調査結果をまとめたレポート「The Voice of Kubernetes Experts Report 2024」を発表した。(2024/6/11)

役立つクラウド認定資格11選【第3回】
クラウドセキュリティのキャリアアップに役立つ「認定資格」はどれだ?
クラウドサービスやクラウドインフラに関連する認定資格にはさまざまな種類がある。その中から、クラウドセキュリティに関わる担当者や管理者のキャリアップに役立つ認定資格を紹介する。(2024/6/8)

VMware買収によるライセンス変更は妥当か【中編】
VMwareの「ライセンス変更」を批難する人と喜ぶ人、それぞれの考え方
BroadcomがVMwareを買収したことを受け、VMware製品のライセンス体系が大きく変わることになった。この変更を有意義に感じている人がいれば、理不尽に感じている人もいる。それぞれの意見とは。(2024/6/5)

Computer Weekly日本語版+セレクション
ポルシェのレーシングチームが活用する「ハイブリッドクラウド」とは
Porscheのレーシングチームは「ハイブリッドクラウド」を使い、走行する車体が生み出すデータを活用している。どのような仕組みなのか。(2024/6/5)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ハイブリッドクラウド利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/5/31)

教育機関に広がる「VMware買収」の影響【後編】
「VMwareライセンス」は何が変わった? 教育現場を悩ませる“コスト増”の原因
BroadcomのVMware買収の影響が教育機関に及んでいる。ベルギーのルーベンカトリック大学も影響を受けた機関の一つだ。どのような変更があり、教育現場をどう苦しませているのか。(2024/5/30)

製造ITニュース:
MES向けのハイブリッドクラウド型データ可視化サービス AVEVAが発表
AVEVAは、MESソリューション向けのハイブリッドクラウド型データ可視化サービスを発表した。エッジでのモデル駆動型MES機能と、クラウドベースのデータ分析、可視化サービスを組み合わせている。(2024/5/29)

VMware買収によるライセンス変更は妥当か【前編】
「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?
VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/5/29)

オープンソース、製品、エコシステムの革新を推進:
IBM、「watsonx」で企業のAI導入、活用を支援する一連の取り組みを発表
IBMは年次イベント「THINK」において、同社のAIおよびデータプラットフォーム「watsonx」によって企業におけるAI導入、活用の支援を推進する一連の取り組みを発表した。(2024/5/24)

セキュリティニュースアラート:
AI活用強化に向けてIBMがPalo Alto Networksと提携 SIEM製品にwatsonxを搭載
IBMはPalo Alto Networksと包括的なパートナーシップを結んだことを発表した。これによって、SIEM製品Cortex XSIAMにwatsonxを搭載するなど、AIを活用したセキュリティソリューションを強化する計画だ。(2024/5/22)

3人の業界エキスパートに聞く:
PR:サーバ仮想化基盤を今後どうする? Nutanixは移行先として頼れる存在か
仮想化基盤の新たな選択肢が求められている。次のインフラ更改までに最適なものを見つけるため、あれこれ調査している企業もある。選択肢として名前が挙がるNutanixの仮想化基盤は移行先として安心できる存在なのか。関係者3人に聞いた。(2024/5/29)

ハイブリッドクラウドのトレンド10選【後編】
ハイブリッドクラウドユーザーの本音「プログラミング言語に依存したくない」
「ハイブリッドクラウド」のインフラやツールが進化している。ハイブリッドクラウドを採用することで得られるメリットや、ハイブリッドクラウドのトレンドを紹介する。(2024/5/20)

プレミアムコンテンツ:
「脱クラウド」実践ガイド “オンプレミス回帰”の理由と具体的な方法とは?
オンプレミスインフラにシステムを戻す「脱クラウド」が必要になるのはなぜか。脱クラウドに踏み切るには、具体的に何をすればよいのか。チェックリストや実際の事例など、脱クラウドの実践に役立つ情報をまとめた。(2024/5/14)

ハイブリッドクラウドのトレンド10選【前編】
「ハイブリッドクラウド」の人気が高まる“5つの理由”
ハイブリッドクラウドへの移行が加速している。なぜ企業はハイブリッドクラウドを選択するのか。近年のハイブリッドクラウドの潮流と併せて解説する。(2024/5/13)

Red Hat、生成AIツール「Red Hat Lightspeed」を全ポートフォリオで提供
Red Hatは生成AI「Red Hat Lightspeed」を同社のプラットフォーム全体に拡大すると発表した。ユーザーはこれによって自然言語を使って同社のポートフォリオを扱うことができ初心者にも扱いやすくなる。(2024/5/10)

一番重要なのは「自社のインフラ要件」にマッチするかどうか:
選ぶなら「Xen」か「KVM」か 仮想化方式の違いから選定基準までを解説
TechTargetは「XenとKVMの違い」に関する記事を公開した。オープンソースのハイパーバイザーとして著名な「Xen」と「KVM」はどういった違いがあるのか。判断で重要になるのは「自社のインフラ要件」と「クラウド導入への関心度」だ。(2024/5/9)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ハイブリッドクラウド利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/5/9)

インフラ環境を包括的に支援:
IBMがHashiCorpを64億ドルで買収、2024年末までに完了予定
IBMとHashiCorpは、IBMがHashiCorpを買収することで合意した。IBMは「この買収は、顧客にとって最も変革的なテクノロジーであるハイブリッドクラウドとAIにIBMが深く注力し、投資を継続していることを示すものだ」としている。(2024/4/26)

ESXiの移行先はどうする【前編】
VMwareユーザーの一部が「Nutanix」に移行する理由
BroadcomがVMwareを買収したことで、VMwareを利用していた一部のユーザー企業が別の製品群に乗り換えている。Nutanixは、そうした動向の背景をどう分析しているのか。(2024/4/30)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化インフラやハイブリッドクラウドの導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/5/1)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり
ポストコロナ時代に入り、業界を取り巻く環境の変化スピードが、1段上がった。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。各社の責任者に話を聞いた。大河原克行氏による経営者インタビュー連載の日本IBM 後編をお届けする。(2024/4/24)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ
不安定な世界情勢が続く中で、物価高や継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第12回は、日本IBMの山口明夫社長だ。(2024/4/23)

ストレージコスト見直しの動き【第4回】
「オンプレミス回帰」を選ばざるを得なかった企業の“ある切実な事情”
クラウドサービスからオンプレミスシステムにデータを戻す作業には手間もコストもかかる。企業にとって決して容易な決断ではないが、実行した企業はある。幾つかの例を紹介しよう。(2024/4/22)

全社で海外売上1兆円へ:
日立ヴァンタラ新社長を直撃 「データ蓄積・活用技術」で変革をリードできるか?
日立製作所は、国内ITプロダクツ事業部門を分社化し、日立ヴァンタラを設立した。数年にわたり研究開発をしてきたデータ蓄積・活用の技術を生かし、国内に加えて海外での事業拡大を目指す。日立ヴァンタラの社長に就任したばかりの島田朗伸氏を直撃した。(2024/4/19)

IT予算に関する企業の本音【後編】
実はアプリ開発の“あの技術”は重要じゃなかった? Red Hatが調査
企業がアプリケーション開発において、重視している方針を調査したところ既存アプリケーションのモダナイゼーションが最上位だった。一方で、企業はある項目については重視していないことも分かった。(2024/4/18)

ハイブリッドクラウド時代に「ニュートラル」を貫く意義:
PR:なぜキンドリルはエンタープライズITの変革に強いのか 独自の立ち位置の強みとは
ハイブリッドクラウド化に向かうエンタープライズITのモダナイズにおいて、キンドリルが独自の立ち位置を獲得しつつある。その鍵を握るのがITベンダーとのアライアンスに対する姿勢と独自のソリューション開発だ。中心人物に話を聞いた。(2024/4/17)

下取り価格が過去最高のスマートフォン市場
スマホを中古で買うなら「Android」ではなく「iPhone」が面白いのはなぜ?
スマートフォンをはじめとしたモバイル端末の下取り市場が活況を呈している。「iPhone」シリーズと「Android」搭載端末の取り扱い状況と、中品を選ぶ際のポイントを見てみよう。(2024/4/13)

IT予算に関する企業の本音【前編】
「オンプレミス回帰」は本当に起きているのか“幻想”なのか? Red Hatが分析
パブリッククラウドからオンプレミスへの回帰といった動向が注目される傾向にあるが、実際にITインフラの分野で起きていることは何なのか。Red Hatが分析した。(2024/4/11)

「クラウドネイティブソリューションは重要な要素であり続ける」:
エッジサーバ総支出、2027年までに190億ドルに達するとの予測 ABI Research
ABI Researchはエッジサーバに関するレポートを発表した。レポートでは、エッジサーバの総支出は2027年までに190億ドルに達すると予測されている。その他レポートで取り上げられたエッジサーバに関する予測を紹介する。(2024/4/8)

クラウド資産管理の5ステップ【後編】
「クラウドの無駄」を洗い出すにはまずライセンスの“あれ”に着目すべし
IT資産管理は単に所有するハードウェアやソフトウェア、ライセンスを把握するだけでなく、内部統制やセキュリティの強化に不可欠だ。クラウドサービスの資産を効率的に管理するには、新しいアプローチが必要になる。(2024/4/4)

クラウドコスト管理の基本「FinOps」【後編】
クラウド予算超過を抑制「FinOps」は担当者1人で実践できる? その方法とは
FinOpsは、クラウドサービスを利用する企業のコスト管理手法として注目を集めている。これを実践するにはどうすればいいのか。そのポイントを専門家に聞いた。(2024/4/3)

VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】
「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか
VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/3/29)

柔軟で無駄のないデジタル活用:
PR:中堅・中小企業にこそ恩恵 工数削減から生成AIまで、クラウド活用の現実解
大企業を中心にデジタル化、AI活用などが急速に進む中、中堅・中小企業は人材や知見、資金面など多くの課題に直面し、その一歩を踏み出しづらいのが実情だ。本稿ではそうした課題を解決する柔軟で無駄のないデジタル活用の秘訣(ひけつ)を紹介する。(2024/3/25)

データセンターに再び脚光?
生成AIで加速し始めた「新世代オンプレミス」“3つの変化”はこれだ
企業において生成AI導入が進む中、データセンターではハイブリッドクラウドに焦点が移りつつある。オンプレミスインフラで予測される変化を3つの視点で解説する。(2024/3/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
クラウド高過ぎの元凶「エグレス料金」の抑え方は? クラウドコスト削減ガイド
なぜクラウドサービスの料金は分かりにくいのか。想定外なほど高額になり得る「エグレス料金」の抑え方とは。クラウドサービスのコストを抑えるためのポイントを整理する。(2024/3/22)

クラウドもオンプレミスも一長一短で選べない?:
PR:VDI第三の選択肢は「高い、設計が難しい、コストがかさむ」を解消できるか
セキュアなリモートワークを考える上でVDIは魅力的だが、基盤構築や設計、運用の煩雑さ、導入コストと拡張性の課題などがあり、手を出しにくかった。この問題を解消する「第三の選択肢」があるという。詳細を聞いた。(2024/3/21)

ハイブリッドクラウドに関する調査結果を発表:
「オンプレミスの保守担当不足」がハイブリッドクラウド導入の障壁になっている ノークリサーチ
ノークリサーチは、ハイブリッドクラウドの活用状況に関する調査結果を発表した。ハイブリッドクラウドの課題として「(オンプレミスとクラウドの)データ連携」「使い分け」「通信品質」などが挙がった。(2024/3/20)

VMware買収がIT戦略に与える影響【中編】
「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”
Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。(2024/3/19)

オンプレミスに残る重要データもフルマネージドでクラウドデータ基盤へ――日立とAWSが協業
企業内に残る重要システムには企業のノウハウが詰まっている。だがミッションクリティカルな要件を持つシステムはクラウド移行が難しく、そのデータを生かすにはリスクが伴うことが多かった。日立とAWSがこの問題の解決に本腰を入れる。(2024/3/18)

AWS認定資格を取得した日立の技術者を4000人規模に:
日立とAWSが戦略的協業契約を締結、両社のサービスで「ハイブリッドクラウドソリューション」を強化
日立製作所とAWSは、戦略的協業契約を締結した。両社が協創してきたハイブリッドクラウド向けソリューションの開発のさらなる強化に取り組むという。(2024/3/14)

3つのネットワーク領域を管理【前編】
「DNS」「DHCP」「IPAM」をまとめた「DDI」とは何か? なぜ必要なのか
DNS、DHCP、IPAMを管理する「DDI」というネットワーク管理の考え方がある。まだ注目が集まっているとは言えないが、今後は欠かせない仕組みになる可能性がある。(2024/3/13)

導入が容易かつ短期間、運用管理もシンプルに
負荷増大、人手不足、コスト増……インフラ運用管理の課題を解決する決め手とは
適所適材でITインフラ使い分けるハイブリッドクラウドの動きが広がる中、オンプレミスでは「運用管理の負荷増大」が課題となっている。オンプレミスにおける運用管理の課題はどうすれば解決できるのか。決め手はあるのだろうか。(2024/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。