ニュース
» 2012年08月16日 14時34分 UPDATE

企業規模別のIT支出、大手はプラス成長に

IDC Japanは中堅・中小企業のIT支出がマイナス成長、大企業はプラス成長になると予測する。

[ITmedia]

 IDC Japanは8月16日、国内IT市場の企業規模別の2011年下半期分析と2012年〜2016年の予測を発表した。2012年は中堅・中小企業(従業員1000人未満)でのIT支出がマイナス成長に、大企業(1000人以上)はプラス成長になると予測する。

 多くの企業で業績回復が遅れる中、中堅中小企業では経営体力が劣ることからIT支出の抑制が続き、2012年のIT支出額は3兆5687億円(前年比0.6%減)になるという。一方、大企業では東日本大震災の復興需要で業績が回復し、IT支出額が6兆 720億円(同1.7%増)になるとした。人員別の2012年のIT支出額は以下の通り。

  • 1〜99人:1兆1491 億円(前年比1.4%減)
  • 100〜499人:1兆5663億円(同0.5%減)
  • 500〜999人:8533億円(同:0.5%増)
  • 1000人〜:6兆720億円(同:1.7%増)
tcidc010.jpg ※2011年は実績値、2012年以降は予測。官公庁、教育、消費者は除く(出典:IDC Japan)

関連キーワード

企業 | IDC | IT投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -