レビュー
» 2012年08月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ActiveReportsをVB6から.NETへ移行するときに役立つ資料

VB6で開発したアプリケーションを.NETに移行するには作り直しが基本。本文書はActiveX製品と .NET製品のActiveReportsの相違点をまとめた移行時に役立つ技術資料である。

[PR/ITmedia]

 MicrosoftのVisual Basicは、ほぼ20年にわたり機能拡張を続けてきたが、1998年にリリースされたVisual Basic 6.0(以降、VB6と表記)と、2002年に登場した .NET Frameworkを基盤とした新世代のVisual Basic(以降、VB.NETと表記)では、根本的なアーキテクチャの改変が行われたため、互換は無いに等しい。

 グレープシティの VB.NET向けコンポーネントは、なるべくVB向けコンポーネントで提供したものと同じ操作性や機能を提供するよう配慮しているが、名称やプロパティ、動作や使用法などが異なるものもある。

 本資料は帳票開発ツールとして広く利用されている「ActiveReports」について、両製品の違いについてまとめたものである。移行を検討する際に製品の相違点を理解するための資料として活用してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -