ニュース
» 2012年08月22日 11時00分 UPDATE

グレープシティ、UI開発ツールの最新版をリリース

クライアント側技術として「jQuery」を全面的に採用。SVGチャートなども取り入れ、スムーズな描画処理が可能なユーザーインタフェースを開発できる。

[ITmedia]

 グレープシティは8月22日、ASP.NETのWebアプリケーション用ユーザーインタフェースのコンポーネントセット製品「ComponentOne Studio for ASP.NET Wijimo 2012J(Wijimo 2012)」を発表した。9月26日に発売する。

 新製品ではMicrosoft Visual Studio 2010でクライアント側の標準技術となったjQueryを全面的に採用。Wijimoは、jQueryのウィジェットのjQuery UIを拡張したもので、データグリッドやチャート、スケジューラなど30種類以上のユーザーインタフェースを収録しており、これを活用して直観的な操作性を持つWindows アプリケーションのユーザーインタフェースを容易に開発できるようにした。

 SVGチャートとSVGゲージも採用しており、クライアント側のブラウザ上でチャート画像やアニメーションなどをスムーズに描画できるようにしている。対応ブラウザはInternet ExplorerやFirefox、Safari、Chrome、Operaなど。

 価格は「1開発ライセンス(パッケージ版/ダウンロード版)」が14万7000円、サーバライセンスが10万500円。9月26日からユーザーインタフェース開発ツール製品「ComponentOne Studio 2012 Enterprise Edition」などのサービスパックとしても提供を開始する。また、2013年第1四半期にリリース予定の新たなサービスパックではWindows 8やServer 2012、Visual Studio 2012に対応するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ