ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ユーザーインタフェース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユーザーインタフェース」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバイルディスプレイの道:
着脱式スタンドで縦置きや壁掛けも対応! 14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」を試す
14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」は、柔軟なスタンド構造を採用することでさまざまな用途に対応可能なモデルだ。実機を試して分かったこととは?(2024/4/12)

「Android 15 Beta 1」リリース Pixel 6以降にインストール可能
Googleは、次期もアイルOS「Android 15」の「Beta 1」をリリースした。Pixel 6以降のPixel端末にインストール可能だ。(2024/4/12)

船も「CASE」:
電子海図や自動操舵、救助用ビーコン……小型船舶の最新事情
「ジャパンインターナショナルボートショー2024」が開催された。この記事では、パシフィコ横浜会場の展示から、電子海図や自動操船関連機器、そして、陸とは異なる海洋での利用を考慮したデバイスを取り上げる。(2024/4/12)

Gartner Insights Pickup(346):
コンテナとKubernetesについて知っておくべきこと(後編)
前編では、コンテナとKubernetesの主なメリットや難しさ、課題、一般的なユースケースについて述べた。後編となる今回は、コンテナ管理の9つの新トレンドについて紹介する。(2024/4/12)

動画共有・レビューツールの「Frame.io」がアップデート バージョン4(β版)に
米Adobeは、動画共有・レビューツール「Frame.io」の新バージョン「Frame.io Version 4」(β版)を公開した。3年の開発期間を経てリリースされたもので、ユーザーインタフェースなども含めて手が加えられている。(2024/4/11)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(3):
生成AIを前提に通信網やデバイスが変化していく MWC 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。前回のCES 2024最新動向レポートに続き、第3弾では、2024年2月26〜29日にかけてスペインのバルセロナで開催されたMWC Barcelona 2024から、通信業界の生成AIのトレンドを2回にわたり紹介します。(2024/4/11)

Galaxy S24シリーズの目玉機能「Galaxy AI」を全方位で検証 スマホ体験が大きく拡張される!
Galaxy AIの(ほぼ)全機能をスマホでレビュー。通話翻訳や文字起こし、要約……多彩な新機能を徹底解説する。(2024/4/11)

製造業IoT:
ウェアラブルカメラと自己位置推定技術で位置情報の一元管理化に成功
ザクティとソフトバンクは、ウェアラブルカメラとクラウドVisual SLAM技術を活用した実証実験で、位置情報の一元管理化に成功した。ブレない高画質映像の配信と安定した測位が可能になる。(2024/4/9)

新しいarrowsやらくらくスマートフォンは出る? Lenovoグループに入って何が変わった? キーマンに聞く「新生FCNT」
富士通の携帯電話端末事業に源流を持つメーカー「FCNT」が、Lenovo出資のもと再出発した。「arrows」や「らくらくスマートフォン」は一体どうなるのか。Motorola(モトローラ)とどうすみ分けるのか。そしてハイエンド端末は出るのか――新生FCNTのキーマンに話を聞いた。(2024/4/8)

PLATEAU:
「PLATEAU」で3D都市モデルビュワーを改良、建物作図機能やGoogleストリートビュー連携を追加
国土交通省は、日本全国の都市のデジタルツイン実現を目指すプロジェクト「PLATEAU」の一環として、ブラウザベースのGISアプリ「PLATEAU VIEW」をバージョンアップした。ユーザーが任意の場所に好きな形状や高さの建物を作図する機能や、Googleストリートビューとの連携機能を追加した。(2024/4/8)

電話で認知機能をチェックできるAIサービス、NTTコムが正式提供 「電話は高齢者が慣れ親しんだインタフェース」
電話で話した内容から脳の健康状態を確認できる法人向けAIサービスを、NTTコミュニケーションズがリリースする。トライアル提供していた個人向けサービスを法人向けに本格展開したもので、法人版の提供に伴い個人向けサービスは提供を終了する。(2024/4/3)

ドローン:
ドローンのルート設定から3D分析まで一元化する「DroneDeploy」、オーク情報システムとチェンジが発売
オーク情報システムとチェンジは、米DroneDeployのドローンや360度カメラのデータ取得から、管理、分析、BIMとの連携まで一元管理できるデジタルデータ統合プラットフォーム「DroneDeploy」の統括代理店として販売を開始した。(2024/4/3)

AI推しのフラグシップスマホ「Galaxy S24 Ultra」が4月11日に日本上陸 ドコモ版、au版に加えてSIMフリー版も同時発売
サムスン電子のフラグシップスマートフォンの最新モデルが、いよいよ日本でも発売される。今回はドコモ向けモデル、au向けモデルに加えて、メーカー直販のSIMフリーモデルも同時発売となる。【追記】(2024/4/3)

Windowsフロントライン:
Microsoftが提唱する「AI PC」とは何か
Microsoftが、「AI PC」の普及に向けて着々と手を打ちつつある、その具体的な内容を見ていこう。(2024/4/2)

質問応答、UIナビゲーション、画面要約などのタスクに対応:
UIとインフォグラフィックスの理解に特化した視覚言語モデル「ScreenAI」 Googleが開発
Googleは、UIとインフォグラフィックスの理解に特化した視覚言語モデル「ScreenAI」を公式ブログで紹介した。(2024/4/2)

これが“スマホの未来”? 手のひらに情報を映す「AI Pin」/巻ける&伸びるディスプレイを見てきた
MWC Barcelona 2024で見た興味深いデバイスを紹介。ピン型のデバイス「AI Pin」では、レーザープロジェクターを搭載し、調べた情報などを手のひらに投影できる。モトローラ・モビリティは、折り曲げて腕に巻ける「アダプティブディスプレイ」を展示していた。(2024/4/1)

「じゃらんnet」はいかにしてプロンプトインジェクションを防いでる? Azure OpenAI Serviceの安全な活用法
旅行予約サイト「じゃらんnet」ではAzure OpenAI Serviceを基盤とするチャットAIサービスを試験提供している。同サービスではプロンプトインジェクションをどうやって防いでいるのか。(2024/4/1)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAのAIチャットbot「ChatRTX」に複数の脆弱性/ARM版に最適化されたGoogle Chromeが登場
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月24日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/3/31)

カメラスマホの源流「LUMIX CM1」は10年後を予見した異端児だった 一方で“令和の後継機”も登場
昨今のスマートフォンはカメラ性能の進化が顕著だ。少し時代をさかのぼってみると、10年前に発売されたある機種のコンセプトが今のカメラスマホと何ら変わらないことに気付く。今回はそんな10年前のカメラスマホ「LUMIX CM1」を今のスマートフォンと照らし合わせながら振り返ってみよう。(2024/3/30)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】
SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選
従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。(2024/3/30)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
カンペ見ても「カメラ目線」へ自動補正 動画のAI吹き替えツール「Captions」にPC版、実際に試してみた
日本語で話す動画を、英語に自動翻訳+アフレコしてくれるツール「Captions」。もともとはiOS版として提供されていたサービスだが、PC版(β版)が登場。AIを使った新機能も含め実際にテストしてみた。(2024/3/29)

マクドナルド、ハッピーセットのおもちゃを自主回収 パーツの一部が外れ口に入る可能性
「ドラえもんとチューバのふえ」が対象のおもちゃ。(2024/3/29)

Androidタブレットで一人勝ち、NECPCに聞く「LAVIE Tab T14/T9」の狙い 高額だが「iPadと比べても十分戦える」
iPadのシェアが高いタブレット市場だが、コロナ禍をきっかけに、Androidも徐々にそのニーズを回復させている。そんな中、日本市場でAppleを追うメーカーとして存在感を示しているのがNECパーソナルコンピュータだ。最新タブレット「LAVIE Tab T14」と「LAVIE Tab T9」投入の狙いを聞いた。(2024/3/29)

博報堂が生成AIで生活者発想を支援するサービスプロトタイプを開発:
生成AIが生み出す「バーチャル生活者」の声を聴くメリットとは?
博報堂は、独自の大規模生活者調査データベースに生成AI技術を組み合わせて作り出した「バーチャル生活者」との対話を通して生活者の考えを知ることができるサービスを開発した。(2024/3/29)

AI・機械学習の用語辞典:
生成AIの用語10選 〜 一般ユーザーが知っておくべき基礎知識
生成AI時代を生きる社会人に必須の基礎知識を身に付けよう。生成AIに関する用語として「生成系AI」「大規模言語モデル(LLM)」「プロンプトエンジニアリング」「ハルシネーション」「埋め込み表現」「ベクトル検索」「ベクトルデータベース」「RAG(検索拡張生成)」「事前学習」「ファインチューニング」の10語を紹介する。代表的なチャットAIやLLM、画像生成AIについても触れる。(2024/3/29)

光を自由自在に扱えるLED:
PR:髪の毛より小さい「マイクロLED」搭載の次世代照明 パナソニックと日亜が追求した自由な光
パナソニック エレクトリックワークス社と日亜化学工業は、それぞれの照明事業で培ってきた長年のノウハウを集約し、省電力かつ高輝度で自由な光の演出を実現するマイクロLEDを活用した次世代照明器具を開発した。(2024/3/29)

PR:新型「ACCORD」は“スマホっぽくて良い” Google搭載、新UI採用――ホンダがこだわった「上質なクルマ」とは
(2024/3/29)

PR:「磁気テープにデータ保存していた企業」はDXと業務効率化をどう実現したのか 従業員のITリテラシー向上も トヨタ北海道の改革に迫る
(2024/3/29)

知らないともったいない? 仕事で活躍しそうな「Windows 11」の便利機能10選
現行のWindows 11において、作業能率をアップさせるためにぜひ知っておきたいテクニックを10個ピックアップして紹介する。これまでに見落としていた機能や操作方法がないか、ぜひチェックしてみてほしい。(2024/3/28)

44歳のレベル・ウィルソン、初体験は「35歳だった」 “敗者”と恥じた過去を赤裸々告白も「誰もが10代で処女を失う必要はない」
性に関する会話をさけていたといいます。(2024/3/28)

6.7型スマホ「Nothing Phone (2a)」の先行予約者向け出荷がスタート おサイフケータイ対応で約5.6万円
Nothing Technologyが、先行予約者向けに「Nothing Phone (2a)」の出荷を開始した。約6.7型ディスプレイやDimensity 7200 Proを搭載し、日本向けモデルは「おサイフケータイ」にも対応する。(2024/3/28)

GPU環境を迅速にセットアップし、自由に作業、管理、コラボレーションできる:
NVIDIA、AI/ML開発者向けツールキット「NVIDIA AI Workbench」の一般提供を開始
NVIDIAは、AIおよびML開発者向けツールキット「NVIDIA AI Workbench」の一般提供を開始した。公式サイトから無料でダウンロードできる。(2024/3/27)

買ってよかった一生物の鍋とフライパン10選! 料理好きがいろいろ使ってたどり着いたガチセレクトに「欲しくなりました」の声
料理するのが楽しくなりそう!(2024/3/27)

“4つの課題”を考える:
「教育DX」はありがたい……けどツラいこともある
アプリを消すと、記録も消えてしまうのね。(2024/3/27)

Synology「BeeStation」は、“NASに興味があるけど未導入”な人に勧めたい 買い切り型で自分だけの4TBクラウドストレージを簡単に構築できる
Synologyの新製品「BeeStation」は、サブスクリプション契約が不要な買い切り型のクラウドストレージを実現できるという。本当にパーソナルクラウドストレージを簡単に構築できるのか、また利便性はどれほどかをチェックしてみた。(2024/3/27)

Canva、Affinityを買収 Adobe対抗のデザインツール大手
オンラインデザインツール「Canva」を手掛ける豪Canvaは3月26日、プロフェッショナル向けデザインツール大手の英Affinityを買収すると発表した。(2024/3/26)

ChatGPT使いこなし術:
「Microsoft Copilot」をスマホから使おう その手段は3つある
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/3/26)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラよ、日本を仲間外れにしないで モデル3オーナーのホンネ
納車から2年半が経過し、日々、満ち足りたカーライフをTesla Model 3と共に過ごしています。とはいえ、100%手放しで喜べることばかりではありません。今回は、Model 3やTeslaの「ここが好き」「ここが嫌い」というテーマで語ります。(2024/3/26)

Excelの顔をしたノーコード開発ツールは日本企業を救うか
脱Excelの移行先の有力候補としてノーコード開発ツールの「Smartsheet」がある。同ツールは、ExcelやスプレッドシートのようなUIを基本に、ノーコードによるプロセス自動化の機能やクラウドサービスならではのきめ細かい共有機能などが特徴だ。ツールの特徴や利用メリット、事例について米国本社のCEOに聞いた内容をお届けする。(2024/3/25)

ふりかけかと思ったら…… 果汁グミの新商品“小袋タイプ”が「間違えそう」「ワナじゃんw」と話題
シャケとかおかかとか探しちゃうじゃん……(ぶどう味だけです)。(2024/3/25)

PR:「ZOZOTOWNは未完成」 橋本ZOZOTOWN CPOが語る“価値爆増”への取り組み
(2024/3/29)

5カ月赤ちゃん、大好きな柴犬の動きにツボって笑いが止まらず…… 過去イチの大爆笑に「こんな可愛い子なかなかいない」
つられて笑っちゃう!(2024/3/24)

GPTカスタマイズの可能性【前編】
“独自ChatGPT”を作れて稼げる「GPT Store」にはどんなアプリがある?
OpenAIが提供を開始したアプリケーションストア「GPT Store」は、ChatGPTのLLM「GPT」の活用方法を大きく変える可能性がある。何ができるのか。(2024/3/23)

検索機能の改善で顧客体験を向上:
生成AIでサイト内検索を改善 Kaizen Platformが「KAIZEN AI-UX」を提供
Kaizen Platformは、生成AIを活用してUXを改善するための新サービス「KAIZEN AI-UX」を提供する。サービスの第一弾は、サイト内検索を改善する新機能だ。(2024/3/22)

点検業務のデジタル化:
PR:いつまで紙で記録を続けるつもり? 点検管理システムが変える設備保全の在り方
保全業務は生産設備の安定稼働には欠かせないが、いまだに多くの製造現場は紙で点検記録を行っており、点検作業・転記作業などが大きな負担になっている。この点検業務の簡略化を目指して設備点検プラットフォーム「MONiPLAT(モニプラット)」を2023年にリリースしたのが、化学製品メーカーのバルカーだ。ソフトウェア事業を強化するバルカーの取り組みと、既に利用社数が400を超え、一つの潮流となりつつあるMONiPLATがもたらす価値を紹介する。(2024/3/22)

ChatGPT使いこなし術:
「ChatGPT」をスマホから使おう 実はLINEから手軽に使える方法もある
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/3/20)

パソナグループ、ServiceNowらが連携 「3つの掛け合わせ」で中堅企業のDXを推進
パソナグループとServiceNow、サークレイス、テキーラ、アオラナウが連携し、日本企業のDX支援を推進する取り組みを開始した。各社の得意分野を掛け合わせて中堅企業マーケットの開拓を目指す。(2024/3/20)

ジョルダンに聞く「乗換案内」30年の歩み 「iPhoneが新しい地平を開いてくれた」
30周年を迎えたジョルダン「乗換案内」は、一貫してモバイルファーストの姿勢がある。フィーチャーフォンからスマホ時代への激動の中、どのように変化しているのか。長年サービスに携わる“レジェンド”に伺った。(2024/3/19)

レジストリ構造と最適化のこつ【第3回】
Windowsのちょっと危険な「レジストリ掃除」で効果を狙えるクリーナーはこれだ
Windowsのレジストリは、システムに関する設定情報を含むデータベースだ。市場にはレジストリのクリーニングに使えるさまざなレジストリクリーナーがある。そのうち主要なソフトウェアを紹介する。(2024/3/18)

YouTube、テレビ向け画面をリニューアル 動画をじゃませずコメント表示、動画操作はシンプルに
グーグルジャパンは14日、公式ブログでテレビ画面に向けた新しいユーザーインタフェース(UI)を公開した。今後数週間で、ほとんどのスマートテレビに展開する。(2024/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。