ニュース
» 2012年08月30日 16時45分 UPDATE

シトリックス、VDIパッケージの新バージョンをリリース

最新版の「VDI-in-a-Box」ではマスターイメージとユーザー個人の環境を組み合わせて仮想デスクトップサービスを提供できるようにした。

[ITmedia]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは8月30日、仮想デスクトップ基盤(VDI)パッケージの最新版「VDI-in-a-Box 5.1」の提供を開始した。

 最新版では標準のデスクトップイメージに、ユーザーが個別にインストールしたアプリケーションやデータの設定を組み合わせて仮想デスクトップサービスを提供できるようにした。仮想デスクトップではユーザーに画一的な環境を提供するケースと、ユーザーごとの環境を提供する場合があるが、後者はユーザーごとに作られた多数の環境を保存しておく必要があり、ストレージ容量を圧迫するという課題があった。最新版の機能はこれを解決するもので、ストレージコストを最大90%削減できるという。

 このほか、Active Directoryのフェールオーバー機能を追加、Google Earthなどの描画処理の性能も向上させた。Windows Server 2008 R2の仮想デスクトップやWindows 8も新たにサポート(Windows 8は一般提供までβ版のみ)している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -