ニュース
» 2012年09月21日 13時02分 UPDATE

AppleとGoogleを特許侵害でUnwired Planetが提訴

約200件の特許ポートフォリオを持つ無線技術企業のUnwired Planet(WAPで知られるOpenwaveの新社名)が、AppleとGoogleがそれぞれの端末およびサービスで同社の10件の特許を侵害しているとしてネバダの連邦地裁に提訴した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 携帯向け無線技術企業の米Unwired Planet(旧Openwave Systems)は9月20日(現地時間)、米Appleと米GoogleがUnwired Planetの特許を侵害したとして、両社をネバダ州地区連邦地裁に提訴したと発表した。

 Openwave SystemsはWAP関連製品などで知られていたが、モバイルソフトウェア事業の売却後は“知的財産にフォーカス”しているという。同社は2012年5月に社名をUnwired Planetと変更した。現在、約200の特許と、約75の申請中特許を保有するとしている。

 Appleは、iOS端末(iPhone、iPad、iPod)、App StoreやiTunes、Siri、マップや地域情報サービスなどがUnwired Planetの10件の特許を侵害しているという。

 Googleは、Google検索、AdWords、Googleプレイス、Google Play、Bouncer、Googleマップ、Google+などのサービスとAndroid端末が、10件の特許を侵害しているという。

 プレスリリースに、それぞれが侵害したとする特許のリストが掲載されている。

 同社は、「AppleとGoogleは、15年以上にわたってUnwired Planetの知的財産に依存する端末やサービスから莫大な収益を得ている。両社はわれわれの特許技術を使うなら補償するべきだ」と語った。

 米Microsoftは2011年11月にUnwired Planet(当時はOpenwave)と特許ポートフォリオのライセンス契約を締結している。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。