ニュース
» 2012年09月26日 14時59分 UPDATE

2011年度の運用管理の製品市場規模は10.2%増に――ITR調べ

アイ・ティ・アールは、システム運用管理とITサービス管理におけるベンダー49社の調査結果を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は9月26日、システム運用管理およびITサービス管理に関するベンダー49社の動向および2011年度の市場動向に関する分析調査の結果を発表した。

 それによると、2011年度の製品出荷金額は前年度比10.2%増の約1463億円。同社が分類する18の製品分野のうち2けた成長だったのは、バックアップ/リカバリ(前年度比13.9%増)、仮想化構築(同35.5%増)、クラウド管理(同44.4%増)、IT資産管理およびPC資産管理(ともに同約21%増)、変更/構成管理(16.2%増)だった。2010〜2016年度の平均成長率は7.8%とみており、特にクラウド管理製品は22%になると予測する。

 同市場の中で構成規模が最大のバックアップ/リカバリは、13.9%増の260億円に達した。東日本震災によるバックアップ/リカバリ・システムの見直しが進んでいることが背景にあるという。金額ベースによるベンダーシェアは、1位がSymantec(23.7%)、2位がCA Technologies(18.9%)、3位がEMC(16.6%)、4位がIBM8.2%、5位がクエスト・ソフトウェア(7.3%)となった。

関連キーワード

運用管理 | ITサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ