ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Weekly Memo:
富士通、NEC、NTTデータの最新受注から探る「2024年国内IT需要の行方」
2024年の国内IT需要はどう動くか。富士通やNEC、NTTデータのITサービス大手3社の最新受注状況から探る。(2024/2/13)

Weekly Memo:
NTTデータにみる「ITサービス企業のこれからの姿」 同社が目指す「社会変革プロデューサー」を通して考察
「社会変革プロデューサー」を目指すNTTデータの新たな取り組みから、ITサービス企業のこれからの姿について探ってみる。(2024/2/5)

ITサービスが最大の支出額に:
2024年の世界IT支出、約5兆ドルに到達 Gartner予測
Gartnerによると、2024年の世界IT支出は2023年比で6.8%増加し、5兆ドルに達する見通しだ。ITサービスへの支出が、通信サービスへの支出を上回るという。(2024/2/5)

国内12万人の従業員に安心で快適なITサービスを提供:
PR:サイロ化、属人化を解消し、ユーザー満足度を向上させるのに必要なこと NTTデータグループに聞く、「経営貢献に資する運用管理」の要件
ビジネスニーズに応えるスピードが重視され、ITサービスの開発ばかりが脚光を浴びてきたが、エンドユーザーが快適かつ安定的に使えなければ、むしろビジネスを遅滞させてしまう。単なる保守ではない「経営貢献に資する運用」へと変革するには何が必要なのか。(2024/1/23)

開発と運用で重みを増す「自動化」【中編】
顧客体験を高めるなら「バックエンドの改善」を重視すべき理由
システム開発と運用管理のプロセスに自動化技術を組み込むことの価値は何なのか。通信大手の経営幹部が「顧客中心主義にはITサービス管理(ITSM)が不可欠」と説く理由とは。(2024/1/23)

ITサービスの値上げラッシュ それでも顧客が離れない「米国流・営業スタイル」
ITサービスが相次いで値上げに踏み切っている。顧客の財布のひもは固くなるだろう。米国ではCFOがサービス解約を主導するような状況だ。営業の難易度は上がるが、生き残るために米国で浸透してきている「新しい営業スタイル」について解説する。(2023/12/15)

ビジネスに貢献できるクラウド運用とは:
クラウドネイティブの世界でビジネスを止めない運用サービスはなぜ生まれたのか
ITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義となっている今、求められている運用のあり方とは何なのか。どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。(2023/11/15)

製造マネジメントニュース:
日立が組織再編でLumada協創サイクルを強化、海外ITサービス売上高1兆円に向け
日立製作所は、2023年11月1日付で実施するHitachi Vantaraの再編とITプロダクツ事業の会社分割による組織再編の狙いについて説明した。(2023/11/1)

「セキュリティ×AI」の可能性【第3回】
AIツールで企業の煩雑な「ITSM」「ITOM」はどう変わる?
企業は人工知能(AI)技術を活用することで、脆弱性管理を強化できる可能性がある。AI技術がITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)にもたらすメリットを紹介する。(2023/9/26)

部門ごとの無駄を排除する時の注意点:
脱サイロ化におけるIT部門の仕事は何か 「テッパン」3ステップ
IT部門のリソースを効果的に生かすには、ITサービスの全社的な一元化が重要だ。だが、その過程は複雑であり、それぞれのステップで重視すべきポイントが異なる。各ポイントでIT部門は何に留意すべきだろうか。アナリストに聞いた。(2023/8/18)

Weekly Memo:
富士通、NEC、NTTデータの最新受注状況から探る「国内IT需要の行方」
今後の国内IT需要はどう動くか。富士通やNEC、NTTデータのITサービス大手3社の最新受注状況から探る。(2023/8/14)

Weekly Memo:
富士通、NTTデータ、NECの取り組みから探る「ITサービスベンダーはなぜコンサルティングに注力するのか」
ITサービスベンダー大手がコンサルティングに注力するのはなぜか、その「現在地」は――。富士通、NTTデータ、NECの取り組みから探る。(2023/7/18)

国内ITサービス市場のITベンダートップ5は? IDCが発表
IDCによると、2022年の国内ITサービス市場は前年比3.3%のプラス成長で、市場規模は6.7兆円を超えた。市場シェアのトップ5社は?(2023/7/12)

IT企業経営者104人に聞いた:
AIの台頭で淘汰される人材の特徴 2位「受け身姿勢で行動」、1位は?
IT企業経営者の約7割が、AIの台頭は2025年のビジネスシーンにおいて企業の存続に影響を与えると考えている。そんな結果が、ITサービス導入コンサルタントなどを手掛けるラフティ(千葉県市川市)の調査で分かった。(2023/6/5)

「RDP」の注意喚起と対策【前編】
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)に“穴”がある? 教育機関が警戒
高等教育機関や研究機関向けにITサービスを提供する英国の非営利組織Jiscは、ランサムウェア攻撃から大学や研究機関を保護することを目的に、新たな対策を導入する。(2023/5/16)

2023年以降、企業が投資を増やすITサービスは? IDCが予測
世界的なインフレや景気後退懸念といった不安材料がある中で、2023年以降の国内ITサービス市場はどうなるか? IDCの予測から、国内企業が先行き不透明な中でも積極的に投資するITサービスがみえてきた。(2023/4/10)

国内デジタルビジネス支援サービスの需要の調査結果を発表:
「支援サービスを使った内製化」で成果を得る企業が増えている IDC
IDC Japanは、企業のDXやDBを支援するITサービスとビジネスサービスの需要に関する調査結果を発表した。率先してDXやDBに取り組む企業が内製化する主な目的は、セキュリティの確保とケイパビリティ向上であることが分かった。(2023/3/24)

レガシーシステムが抱える課題【前編】
英行政機関が“古過ぎ”な「レガシーシステム」を維持する危険な代償
英国の環境・食糧・農村地域省(Defra)は、ITサービスを提供することで各種の手続きをオンラインで実施できるようにしている。そのために同省が利用するレガシーシステムの老朽化が問題になっている。(2023/2/24)

2月に値上げするITサービス・ハードウェアまとめ カメラもサブスクもドメイン登録も
2月に値上げするITサービス・ハードウェアをひとまとめ。ゲーム機やカメラ、動画・配信サブスクなどが値上げする。(2023/1/31)

2023年に値上げするITサービス・ハード製品まとめ 価格高騰の波いつまで
値上げの続いた2022年。年内で一区切り……というわけでもなく、2023年にも価格引き上げが控えている。本記事では2023年にITサービス・ハードウェアを値上げする4社の情報をまとめる。(2022/12/29)

Weekly Memo:
富士通、NEC、NTTデータの最新受注状況から探る 今後のIT市場はどう動くか
今後、世界経済の急減速とともに国内景気も後退するのではないかとの見方がある中で、IT市場はどう動くか。富士通、NEC、NTTデータのITサービス大手3社の最新受注状況から探る。(2022/11/14)

値上げはiPadだけじゃない 11月から価格が上がるITサービス・ハードウェアまとめ
円安や物流コスト高騰などにより、さまざまな企業が商品を値上げしている。価格変更の波は飲料・食品だけでなく、ITサービスやハードウェア製品にも。本記事では11月にITサービス・ハードウェアの価格を変更する企業の情報をまとめる。(2022/10/27)

Weekly Memo:
シスコ「旧態依然のインフラ」からの脱却を提案 “やわらかいインフラ”とは何か
シスコが新たなITインフラの在り方として「やわらかいインフラ」を提案した。どのような内容か。ITサービス業界にどんなインパクトをもたらすか。筆者なりに考察したい。(2022/10/24)

App Storeだけじゃない 10月に値上げするハードウェア・ITサービスまとめ
円安や物流コスト高騰などにより、さまざまな企業が商品の値上げを発表している。価格変更の波は飲食料品だけでなく、ハードウェアやITサービスにも及んでいる。本記事では、10月にハードウェア・ITサービスの価格を変更する企業の情報をまとめる。(2022/9/28)

ITインフラ需要が高い産業分野の特徴は? IDCが「ITインフラストラクチャサービスの利用動向」を調査
IDCがITインフラの見直しや強化などで注目されるITインフラストラクチャサービスの利用動向に関する調査結果を発表した。調査結果からはITインフラ需要が高い産業分野の共通点が見えた。これを踏まえたIDCのアナリストのITサービスベンダーに向けた助言とは。(2022/9/27)

コロナ禍の影響からの回復状況は? IDCが国内ITサービス市場を予測
IDCは、国内ITサービス市場の予測を発表した。2021年発表された予測でコロナ禍の影響でマイナス成長に陥っていた同市場はその後、どういう状況にあるのか。世界的な半導体や部材の不足はITサービスにどのような影響をもたらしているのか。(2022/9/7)

株式会社野村総合研究所提供Webキャスト
中国でのビジネス展開で直面しやすい、ITサービスマネジメントの2つの課題とは
中国でビジネスを展開している企業にとって、ITガバナンスの強化やシステム運用品質の維持・向上は大きな悩みの種となっている。中国特有のIT事情やITSMの課題が生まれている背景、さらにその解決策について、分かりやすく解説する。(2022/8/18)

「安全に別れる」ツール誕生の裏側【前編】
「別れた恋人の居場所」をITで追跡――デジタルハラスメント驚愕の実態
ITサービスが普及する中で、ITによるハラスメント「デジタルハラスメント」が社会問題化しつつある。具体的にどのような被害が生じているのか。その実態を探る。(2022/8/13)

Weekly Memo:
富士通、NEC、NTTデータの最新受注状況からみる国内IT需要の行方
今後、国内景気は後退するとの見方もある中で、IT需要の動きはどうなるか。富士通、NEC、NTTデータのITサービス大手3社の最新受注状況から探ってみたい。(2022/8/8)

上位5社の顔ぶれは2020年と変わらず:
富士通に続いてNTTデータも売り上げ「1兆円グループ」入り、 IDCが2021年の国内ITサービス市場調査を発表
IDC Japanは、2021年の国内ITサービス市場のベンダー別売上ランキングを発表した。市場規模は、対前年比3.2%増の5兆8712億円。上位5社は2020年と同様に、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、日本IBMの順だった。(2022/8/3)

IDCが調査結果を発表:
2位のNTTデータも1兆円超、1位は? 2021年「国内ITサービス市場ベンダー売り上げランキング」
IDCは、2021年の国内ITサービス市場ベンダー売り上げランキングを発表した。最も売り上げの高いITベンダーはどこか。また、コロナ禍の影響からの回復が進む領域と進まない領域は。(2022/8/2)

Weekly Memo:
“日本の”ITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫?――NEC社長に聞いてみた
日本のITサービスベンダーをパートナーに選んで大丈夫か――DXに取り組み始めた企業から聞こえるこんな声にどう答えるか。NECの森田隆之社長兼CEOに聞いた。(2022/7/4)

エンジニア数は企業規模に比例:
内製化エンジニア在籍の企業が7割突破 IDC調査が映し出す今後の課題とは
IDC Japanは、「2022年 国内CIO調査 ITサービス/アウトソーシング利用実態」を発表した。国内企業のIT投資動向に関して調べたもので、2021年度の国内企業のIT支出実績について、前年度と「変わらない」と回答した企業が5割超だった。(2022/7/1)

「定番かどうか」で選ぶのはもうやめよう:
PR:「商用DB」の継続は正しい? 予算が限られる中で検討すべき一手とは
新たなITサービスを提供するためには、それを生み出すDBなどの基盤を見直すことが重要だ。だが、さまざまな選択肢の中から自社に最適なものを選ぶのは難しい。考えるべきは「定番か否か」ではなく「要件を満たせるか否か」だ。(2022/5/23)

Weekly Memo:
これからのITサービスはどう変わっていくか――NTTデータの新中期経営計画から読み解く
エンタープライズIT市場においてDXが注目される中、従来のITサービスはこれからどう変わっていくのか。NTTデータの新中期経営計画から読み解きたい。(2022/5/16)

自己流のサポートに限界を感じた情シスに向けて
DXにサポート業務……疲弊するIT部門にこそ必要なITSMツールとは
DXやデジタル化戦略ばかりに目を向けて、それを裏で支えるITサービス管理がおざなりになってはいないだろうか。いくら業務のデジタル化が進んでもITシステムをうまく運用できていなければ意味がない。(2022/5/9)

大企業はサービス事業者に何を求めている? IDCが国内DX支援サービスの需要動向を調査
IDCは、国内企業のDXを支援するITサービス/ビジネスサービスの需要動向調査の結果を発表した。同調査から、支援サービスの選択に当たって事業者に求められる能力が明らかになった。(2022/4/27)

製造マネジメントニュース:
IBM日本法人が自動車メーカーのシステム構築などの子会社3社を合併
日本アイ・ビー・エムは、地域や業界特化でITサービスなどを提供している同社子会社3社を2022年7月1日に合併する。地域拠点の拡大および、社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅が広げられるようになる。(2022/4/11)

2022年の熱いIT投資先【後編】
次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測
Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。(2022/3/25)

IDCが国内ITサービス市場を予測 ポストコロナ時代の課題は?
IDCは、国内ITサービス市場に関する予測を発表した。パンデミックからの正常化が進み、市場全体はプラス成長に転じたが、課題も見えてきた。(2022/3/4)

資生堂、ServiceNowで社内ITサービスと人事申請を効率化 従業員体験の向上でグループ全体の強化を推進
資生堂は、社内DXの一環として、ServiceNowの「IT Service Management」と「HR Service Delivery」を導入し、ITインフラの一元化と人事申請業務のデジタル化を図った。従業員体験や生産性を向上し、グループ全体の強化につなげる。(2022/2/24)

Weekly Memo:
エンタープライズIT需要は今後どう動くか――富士通、NEC、NTTデータの受注状況から探る
国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通、NEC、NTTデータのITサービス大手3社の受注状況から探ってみたい。(2022/2/7)

クラウド事例ウォッチ:
アクセス数が読めないサービス、提供基盤はどう選ぶ? ワクチン予約システムを手掛けた地方SIerの判断
地方自治体向けにITサービスを提供する四国情報管理センター。これまではオンプレ基盤でサービスを開発していたが、21年3月にリリースしたワクチン予約システムの提供基盤にはAWSを採用した。同社がAWSを活用しようと考えた背景とは。(2022/2/2)

ソフトウェアとITサービスが伸びる:
2022年の世界IT支出はどの程度伸びるのか、Gartnerが予測
Gartnerによると、2022年の世界IT支出は2021年比で5.1%増加し、約4.5兆ドルに達する見通しだ。コンサルティングなどのITサービスやエンタープライズソフトウェアが特に成長するという。(2022/1/20)

Weekly Memo:
日本のDX需要はどう回復する? 富士通とNECの受注状況から探る
ニューノーマル時代へと向かいつつある日本。今後のITおよびDXの需要動向はどうなりそうか。国内ITサービス事業者の代表格である富士通とNECの受注状況から探る。(2021/11/1)

コロナ禍でマイナス成長だった国内ITサービス市場 2021年、プラスの回帰の鍵は――IDC
IDCによると、国内ITサービス市場は、2020年に新型コロナウイルス感染症の影響などを受け、前年比2.8%減のマイナス成長となったものの、2021年以降はプラス成長に回帰する見通しだという。(2021/10/7)

自治体DXのハードルとは?
地方自治体ビジネスへの参入、ITサービスベンダーは何をすべきか?
自治体のDXが始まっている。しかしセキュリティを重視したITインフラを敷く公共機関において、民間サービスの導入にはハードルがある。それを他社に先んじて越えたベンダーから、参入のノウハウを聞いた。(2021/9/29)

「技術者不足による不便」を無くすために:
PR:「サーバー管理をもっとラクに。」を目指してエンジニア集団が提供するITサービス
クラウド移行やテレワーク導入を進めたいがどこから手を付けたらいいか分からず、予算も少なく、IT専門人材もいない。そのような企業に対して、ヒアリングや提案の段階から直接エンジニアが対応するITインフラサービスがある。(2021/8/30)

VACAN:
大浴場の混雑状況を“見える化” 京都のホテルが提供開始
ITサービスのバカンは、リソルホールディングスが運営する「ホテルリソルトリニティ京都」で、リアルタイムの混雑情報を配信するサービス「VACAN」の提供を開始すると発表した(2021/8/25)

Weekly Memo:
NTTデータ躍進、SIerの“御三家”に波乱か システム市場に起きる3つの変化
DXに取り組む企業が増える中、国内ITサービス市場ではベンダーの勢力図にも変化が起きているようだ。IDC Japanが興味深い調査結果を発表したのを機に、同市場の最新動向を筆者なりに考察してみたい。(2021/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。