ニュース
» 2012年10月04日 16時17分 公開

GMOインターネット、Windowsアプリ開発のクラウドサービスを開始

仮想デスクトップによるWindowsアプリの開発環境を提供するサービスをGMOインターネットが発表した。

[ITmedia]

 GMOインターネットは10月4日、仮想デスクトップを利用したWindowsアプリケーションの開発環境を提供するクラウドサービス「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」を開始した。

 新サービスは、Windows Server 2012の仮想デスクトップ環境上でVisual Studio Professional 2012を使用したアプリケーション開発ができるもの。サンプルのテンプレートやコード、素材集などの機能も備える。

 これを利用することで、従来のWindows開発者だけでなくiOSやAndroidのアプリケーション開発者でも自身で開発環境を構築することなく、Windows 8などに対応したアプリケーション開発がどこでも行えるという。

 利用料金は月額6720円からで、別途、初期費用2100円が必要となっている。

サービスイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -