ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GMOインターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GMOインターネット」に関する情報が集まったページです。

Sansan、契約業務DXに参入 Contract One正式提供開始
Sansanは1月13日、契約業務をオンライン上で完結し、一元管理を可能にするクラウドサービス「Contract One」を発表した。クラウドサイン、GMOサイン、ドキュサインなど電子契約サービス主要7社と連携し、契約業務のDX化を支援する。(2022/1/13)

組込型金融パーツやビジネスアイデアの出品、流通 「ichibar組込型金融マーケットプレイス」開始
 GMOあおぞらネット銀行は12月13日、提供している「ichibar(イチバー)組込型金融マーケットプレイス」において、「マーケットプレイス機能」の提供、出品受付を開始すると発表した。同社WebサイトやAWS Marketplaceを通じて、組込型金融サービスに関連するソフトウェア部品やビジネスアイデアなどの出品が可能となる。(2021/12/14)

oricon MEの調査:
プロバイダの満足度ランキング 3位「au one net」、2位「GMOとくとくBB」、1位は?
oricon MEは、関東や東海といった全国9地域中5地域以上でサービスを展開している企業を対象とした、満足度の高い「プロバイダ」ランキングを発表した。「広域企業」のランキング1位は、NTTドコモが提供する「ドコモnet」だった。(2021/12/3)

GMOペパボに学ぶ「CI/CD」活用術(終):
GitHub Actionsで業務効率化――開発現場以外でも便利なCI/CDの実践例
GMOペパボにおける開発現場のCI/CD実践例を紹介する本連載。最終回は、開発現場以外でのCI/CDの応用例を紹介します。(2021/12/1)

「GMO TOWER」誕生 直結の用賀駅は「GMO TOWER前」に 283億円投じて信託受益権取得
用賀駅直結の「世田谷ビジネススクエア」が「GMO TOWER」に、用賀駅の副名称は「GMO TOWER前」になる。(2021/11/24)

東急の用賀駅、副駅名を変更へ GMOグループが取得、「用賀駅・GMO TOWER前」に
「あのSunビルか」「ずっとスッカラカンになっていた次の看板が決まりました」といった街の声も。(2021/11/24)

GMO TOWER:
GMOが東京・用賀の「世田谷ビジネススクエア」に副名称 “最先端”スタジオも開設
 GMOインターネットグループは11月22日、東京都世田谷区にある高層複合施設「世田谷ビジネススクエア」の信託受益権55%の取得を発表した。これに合わせ施設の副名称を「GMO TOWER(タワー)」とする。(2021/11/22)

「いい人が集まる仕組みをつくること」が重要
オフィスは手放すべき? GMO熊谷代表が解説する「テレワークとの付き合い方」
さまざまな企業がテレワークに取り組んでいる。働き方の一つとして定着したテレワークと今後どのように付き合えばいいのか。全従業員を対象としたテレワークの先駆者ともいえるGMOの熊谷氏に話を聞いた。(2021/11/1)

Googleマップでも「動画」:
MEO対策と専門動画で集客強化 GMO TECHとリチカがGoogleマップ上で検索順位を上げる新サービス提供
Googleマップ上での検索順位を上げる「MEO Dash! byGMO」のオプションとして「MEO向け動画パッケージ」を提供。(2021/10/13)

GMOペパボに学ぶ「CI/CD」活用術(2):
レビュー効率化、コード品質管理、DevSecOpsの実践――GMOペパボ内のCI/CD実践例
GMOペパボにおけるCI/CD活用事例を紹介する本連載。第2回はGMOペパボ社内のさまざまな開発現場におけるCI/CDの実践例を紹介します。(2021/10/5)

“事業危機”からの組織改革:
360度評価は「真剣勝負」 導入11年のGMO人事に聞く、“透明性が高い人事評価”の秘訣
「人間関係で評価が変わってしまうのではないか」「評価者が多いと、あやふやになってしまうのでは」などの疑念を持たれがちな360度評価だが、長く運用しているGMOインターネットではどのように設計しているのか。(2021/10/1)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

14時間分の機械学習教材も GMOペパボ、エンジニアの研修資料を公開
GMOペパボが、新人エンジニアの研修資料を今年も無償公開。今年は機械学習教材を一新した。(2021/9/22)

「GMO後払い」、オンライン診療・服薬指導ツール「SOKUYAKU」に導入 クレカのない患者もオンライン診療が可能に
 GMOペイメントサービスは9月17日より、後払い決済サービス「GMO後払い」を、ジェイフロンティアの提供するオンライン診療・服薬指導ツール「SOKUYAKU」に提供開始したと発表した。(2021/9/21)

GMOクリック証券、大口優遇の期間拡大
GMOクリック証券は9月8日、信用取引の手数料を優遇する「VIPプラン」の適用期間を拡大すると発表した。従来、条件を満たした翌日に限り信用取引の手数料を無料としていたが、翌営業日から30営業日に拡大する。9月21日から始める。(2021/9/8)

GMOあおぞら銀、振込手数料さらに値下げ86円に スタートアップ企業向け特典も
GMOあおぞら銀行は8月31日、他行宛ての振込手数料をさらに値下げし、個人の場合で86円とすると発表した。これまでの発表の中では、住信SBIネット銀行の88円を抜いて最安値となると見られる。(2021/8/31)

GMO熊谷社長に直撃 NFT市場「アダム」は、コンテンツホルダーの“天地創造”を目指す
GMOインターネットは、NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」(アダム)を8月にスタートする。アダムでは、NFTを販売するだけでなく、二次流通の仕組みを用意し、その際にコンテンツクリエイターにも収益の一部が分配される仕組みを取るという。どんな世界を目指しているのか。GMOインターネットのGMOインターネットの熊谷正寿社長に聞いた。(2021/8/13)

銀行発! 顧客体験価値の向上、DX促進に寄与:
PR:エンジニアファーストな「組込型金融サービス」時代到来
家計簿アプリやスマホ決済など、今、かつてないほど金融サービスが身近な存在になっているが、これらを裏で支えているのが「組込型金融サービス」だ。今まで時間と人を割いて行っていた、給与振込や振込取消などの業務を全て自動化できる“組込型金融”とは何なのか? 銀行APIのトップランナーであり、ネット銀行界の異端児・GMOあおぞらネット銀行に話を聞いた。(2021/8/5)

「いい人が集まる仕組みをつくること」が重要
オフィスは手放すべき? GMO熊谷代表が解説する「テレワークとの付き合い方」
さまざまな企業がテレワークに取り組んでいる。働き方の一つとして定着したテレワークと今後どのように付き合えばいいのか。全従業員を対象としたテレワークの先駆者ともいえるGMOの熊谷氏に話を聞いた。(2021/8/2)

「銀行は土管でいい」GMOあおぞらネット銀行が目指す、組込型金融のあり方
「組込型金融サービス」の話題が盛り上がりつつある。これはいったいどのようなものか。銀行APIの利用促進を進めるGMOあおぞらネット銀行の事例から、それを探り、さらに組込型金融が普及したときの銀行の姿についても考察する。(2021/7/29)

GMOペパボに学ぶ「CI/CD」活用術(1):
いまさら聞けない「CI/CD」の意義――GitHubとGitHub ActionsでCI/CDを試してみよう
GMOペパボにおけるCI/CD活用事例を紹介する本連載。第1回は組織でCI/CDを導入する目的と意義を整理し、GitHub/GitHub Actionsを利用してCI/CDを実践する方法を紹介します。(2021/7/28)

スタートアップ企業と組込型金融に注力 第二創業うたうGMOあおぞら銀の新戦略
創業から4年目を迎えたGMOあおぞらネット銀行が、第二の創業を打ち出した。7月6日に行った事業戦略発表会では、従来の戦略を転換し、起業直後のスモール&スタートアップ企業へのフォーカスと、組込型金融に注力することを掲げた。(2021/7/6)

GMOあおぞら銀、振込手数料を145円に値下げ 業界最安値目指す
GMOあおぞらネット銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を一律値下げする。従来157円〜261円だった手数料を、法人個人ともに一律145円とする。「今後も業界最安値水準を目指す」としている。(2021/7/6)

GMOクリック証券、1日100万円まで手数料無料に 約定ごと手数料も引き下げ
GMOクリック証券は7月5日から、株式の売買手数料を引き下げると発表した。「1日定額プラン」において、1日100万円以内の手数料を現物、信用それぞれについて無料とする。(2021/7/2)

GMO熊谷社長、「NFT」取引所の開設を宣言 坂本龍一や村上龍も参加
「NFTはデジタルコンテンツの流通革命だ」——。NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を進めるGMOインターネット(GMO)の熊谷正寿社長は、NFTへの期待をこのように話した。デジタルコンテンツの二次流通の場を整備し、コンテンツホルダーが正当な対価を得られる世界を目指す。(2021/6/16)

40%暴落のビットコイン ユーザーの反応は? GMOコイン石村社長に聞く
GMOコインは、21年5月31日に4周年を迎えた。その間、17年から18年初頭に起きた仮想通貨バブル、さらに21年の価格急騰と5月に入っての急落と、市場の大きな変化を経験してきている。この4年間で、仮想通貨(暗号資産)を取り巻く状況はどう変わったのか。GMOコインの石村富隆社長に聞いた。(2021/6/9)

GMOペパボ、年間リモートワーク率96%達成 業績は過去最高
GMOペパボは、従業員の年間平均リモートワーク率が96.0%になったと発表した。21年3月期の業績は過去最高だった。(2021/6/1)

GMOフィナンシャル、FX事業営むヤフー子会社を買収 289億円
GMOフィナンシャルホールディングス(HD)は5月25日、ヤフー子会社でFX事業を営むワイジェイFXを買収すると発表した。全株式を9月下旬をめどに取得する。買収額は289億円。(2021/5/25)

GMOコイン、ポルカドット新規上場 時価総額8位の仮想通貨
仮想通貨取引所のGMOコインは5月19日、新規の仮想通貨としてポルカドット(DOT)の取り扱いを開始した。国内取引所としては初めての上場となる。(2021/5/20)

GMO、役員報酬1億円超が11人に うち3人が2億円超
GMOインターネットグループは、役員報酬額1億円を超える取締役が11人になったと発表した。熊谷正寿氏は2億400万円で2位だった。(2021/5/14)

GMOフィナンシャル、仮想通貨事業が牽引 GMOコインが利益過半を稼ぎ出す
GMOフィナンシャルホールディングス(HD)が発表した2021年1-3月決算によると、証券およびFX事業は前年同期比で減収減益となったが、GMOコインの暗号資産事業が大きく伸びた。(2021/5/7)

「経営を仕組みに落とす」
GMO熊谷代表が実践した「テレワークを通常業務にする方法」とは
コロナ禍の影響でテレワークは当たり前の選択肢になった。だが、ただテレワークができるだけでは通常業務を無理なくこなすのは難しい。GMOの熊谷氏に「テレワークを通常業務にする方法」を聞いた。(2021/5/6)

400台近いEPYC搭載PowerEdgeサーバが稼働:
PR:旧筐体20ラックを2ラックに削減、GMOインターネットが語るサーバ管理コスト削減の秘訣
2021年4月13日、オンラインセミナー「知らなきゃ損する!? 新AMDサーバCPU『第3世代EPYC』徹底解説 〜中の人に聞く『コスパを最大化する秘訣』と、ここでしか言えないウラ話〜」が開催された。当日の模様をレポートする。サーバ管理コスト削減の秘訣をGMOインターネットの担当者が語った。(2021/5/6)

GMO、希少ドメインの先行予約開始 「get.beer」が約45万円など計82万件 22日まで
GMOインターネットがドメイン登録サービス「お名前.com」で「1文字ドメイン」など希少性が高い「希少ドメイン」の先行予約の受け付けを始めた。期間は22日までで、予約に追加コストはかからない。(2021/4/12)

GMOインターネット、NFT事業参入「アダム byGMO」
GMOインターネットグループは4月9日、NFT事業に参入し、NFTの売買が行えるマーケットプレイス「アダム byGMO」を提供すると発表した。アートや楽曲、著名アーティストによる希少性の高いコンテンツを用意するほか、ウォレットの提供も行う。提供予定日は未定としている。(2021/4/9)

GMO、NFT事業に参入 マーケットプレースを後日オープン
GMOインターネットが、NFT(ノンファジブルトークン)事業に参入すると発表。デジタルアートや音楽のNFTを売買できるマーケットプレース「アダム byGMO」を提供する。(2021/4/9)

GMOコイン、仮想通貨取引所のオリコン満足度調査で1位に
oricon MEは4月1日、仮想通貨取引所の現物取引における顧客満足度調査結果を発表した。それによると、取引のしやすさ、手数料の妥当性など全6項目のうち5項目でGMOコインがトップとなり、総合ランキング1位となった。2位にはbitFlyerが入った。(2021/4/1)

GMOコイン、平日も休日も10分で口座開設完了に
仮想通貨取引所を営むGMOコインは3月から、申込みを行ってから取引開始までの時間が、平日も休日も最短10分で完了するようになったと発表した。午前9時から午後12時までの申込みが対象。(2021/3/3)

「脱ハンコ」の先に待ち受ける未来 GMOグローバルサイン・HDは黒子に徹してグローバル展開を図る
「脱ハンコ」に向けて積極的に事業を推進するGMOサイン・HDが、決算説明会および「GMO電子印鑑 Agree」事業説明会を開催した。電子契約サービス事業と電子認証事業に強力なシェアを持つ同社が目指すグローバル展開の青写真とは。(2021/2/18)

(たぶん)日本初、Clubhouseで決算説明会 東証1部・GMOペパボが開催 「社長がきのう突然……」
音声SNS「Clubhouse」で、東証1部上場企業・GMOペパボの決算説明会が開かれる。「社長がきのう突然、Clubhouseでやろうと言い出して……」と担当者は困惑気味だ。(2021/2/3)

「経営を仕組みに落とす」
GMO熊谷代表が実践した「テレワークを通常業務にする方法」とは
コロナ禍の影響でテレワークは当たり前の選択肢になった。だが、ただテレワークができるだけでは通常業務を無理なくこなすのは難しい。GMOの熊谷氏に「テレワークを通常業務にする方法」を聞いた。(2021/2/1)

マイナンバーカードで電子証明書を即時発行 本人確認を自動化 GMOが提供
GMOグローバルサインが、マイナンバーカードを活用して電子契約に必要な電子証明書を自動で即時発行する「マイナンバーカード連携電子実印」を提供すると発表した。(2021/1/25)

決済端末不要でNFCタッチ決済 GMOとSoft Spaceが本格提供
GMOフィナンシャルゲートSoft Spaceは、決済専用端末を必要としない端末レスの決済サービスを本格提供。市販の端末に専用アプリを入れるだけでNFCタッチ決済に対応する「Fasstap」を活用している。(2020/12/28)

ローカル5G新周波数の免許申請受付スタート Sub-6の4.6〜4.9GHzが利用可能に
総務省が12月18日、ローカル5Gで使用する新たな周波数の無線局免許申請の受付を開始した。ローカル5Gで使用できる周波数は「ミリ波」の28.2GHz〜28.3GHzだったが、今回新たに受け付けるのは4.6GHz〜4.9GHz帯と28.3GHz〜29.1GHz。NTT東日本、NTT西日本、NTTコム、GMOインターネット、京セラなどが免許申請を行った。(2020/12/18)

GMOペパボが東証一部に 巣ごもり需要などで業績好調
GMOペパボが東京証券取引所(東証)の市場第二部から第一部銘柄に指定されたと発表した。(2020/12/11)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く
“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/11/2)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く:
PR:“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/11/2)

GMOクリック証券に不正アクセス 被害額は149万円 何者かが残高を不正送金
GMOクリック証券が外部からの不正アクセスを受け、顧客口座から149万円が流出したと発表。被害に遭った口座は1つ。何者かが不正に取得したログイン情報で取引を行い、出金先銀行口座を変更して出金したという。(2020/10/27)

終了した「Livly Island」の権利、GMOが譲渡 新たな展開へ
GMOが、ブラウザゲーム「Lively Island」(リヴリーアイランド)の権利を、女性向けアバターアプリ「ポケコロ」などを展開するココネに譲渡した。(2020/10/12)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く
“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。