レビュー
» 2012年10月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:シェルプログラミングの再来と意味

近年、大手企業で、シェルプログラミングをベースとする業務アプリケーションの開発手法が相次いで採用されていることをご存知だろうか。シェルは、いまから約40年前に誕生したスクリプト言語である。あらためて今ビジネスで注目される理由を、事例とともに解説する

[PR/ITmedia]

 「約300ある商品の受発注、在庫、営業管理システムを一台数十万円のサーバー60台ですべて再構築。従来かかっていたソフトの高額なライセンス費用、ハードの保守費用が不要になった。おかげで、毎年20億円かけて拡張・維持していた情報システムのコストを大幅に削減した」(衣服、雑貨の製造・販売を手掛けるR社)

 「約10名の現場社員が、自らの手で営業系システムを新規に構築。しかも外注した場合の開発費に比べ、1/10のコストダウンを達成した」(大手雑貨店T社)

 「従来、30分かかっていた一日分の集計データ処理が5分で完了。さらに、品物の売れ行きに関する店舗別の詳細なデータがリアルタイムに把握できるようになり、販売機会の損失低減、売上・利益率の向上につながっている」(食料品専門スーパーマーケットS社)

 上記企業はすべて、業務システムの新規/再構築に、「シェルプログラミング」を活用している。シェルプログラミングといえば“システム運用で利用することはあっても、業務システム構築には使えない”というイメージをお持ちではないだろうか。

 しかし、そのイメージが、いま確実に変わり始めている。

 業務システムの構築に本当に使えるのか。どうやって実現したのか。

各事例のポイントとシェルプログラミング活用における秘訣をまとめた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -