レビュー
» 2012年10月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:標的型攻撃対策の最重要ポイントとは?

標的型攻撃による情報漏洩事件が頻発しており、対策が急務だ。様々な対策方法が存在するが、重要なのはデータが流出しても、解読できないようにすることである。その手段としてファイル暗号化は有効的だ。本資料では、利便性を保ちながら、いかに重要データを守るか解説する。

[PR/ITmedia]

 特定の企業や団体を狙った、標的型攻撃による顧客情報や機密情報の漏洩が頻発している。

 従来のセキュリティ対策に加え、様々な対策方法が叫ばれているが、最後の砦となるのが、ファイル暗号化だ。ファイル自体を暗号化することで、万一流出した場合でも、解読できないようにすることが出来る。

 しかし、これまでの暗号化ソフトはユーザにとって手間がかかったり、暗号化できるアプリケーションが限定されている等、運用・機能面で不足しているものも多く、情報漏洩のリスクにつながっていた。

 本資料では、利便性を保ちながら、いかに重要データを守るかをポイントに、多様なアプリケーションのファイルを自動的に暗号化する製品を紹介している。ぜひ、情報漏洩対策の参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -