レビュー
» 2012年10月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Webアプリにマップチャートを実装する技術資料

グレープシティの提供するJavaチャートコンポーネント“WebCharts3D”を利用し、データベースなどから動的に値を取得してマップチャートを表示するWebアプリの開発方法をコードレベルで解説

[PR/ITmedia]

 パソコン性能やWebテクノロジーの進化に伴い、アプリケーションやWebコンテンツは驚くほどビジュアライズされ、直感的に理解できるようなデザインが採用されつつある。このエクスペリエンスは今やコンシューマー向けのサービスにとどまらず、業務アプリケーションにまで及ぶ。売り上げのデータなどをグラフ化するのはもはや当たり前で、これまでは視覚化が難しかったものまでチャートで表示できるようなソリューションが求められている。

 グレープシティの提供するWebCharts3Dはこのようなニーズに応えるJavaチャートコンポーネントである。40種類以上のチャートを生成することができ、データの性質に合わせたビジュアライズを実現する。本資料ではその中からマップチャートをWeアプリに実装する方法を、基本的な表示方法からデータに合わせて動的に表示する応用編まで解説。「WebCharts3D」の機能を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ