レビュー
» 2012年11月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:検証データで徹底比較! 標的型攻撃に必要な対策はこれだ!!

様々な手法で特定のターゲットを攻める標的型攻撃に対して、「入口」で止めるのは至難の業だ。そこで有効な対策になるのが、コンテンツフィルタリングを利用するセキュアプロキシでの「出口」対策だ。本資料では、その防御方法をご紹介するだけでなく、実際に製品評価を実施した結果を公開している。

[PR/ITmedia]

 社内メールの偽装、SNSの悪用、USBによる感染など、あの手この手でターゲットを攻めてくる標的型攻撃。

その手口は非常に巧妙化しており、もはや一度狙われたら感染を防ぐことはできないとも言われている。

 たとえ企業内ネットワークにセキュリティ製品を配備しても、入り口はそれだけではない為、感染済みのユーザが入り込んでしまう可能性がある。

 そこで、有効な対策になるのがプロキシでの「出口対策」だ。

より確実に防御するためにはプロキシで認証を行い、さらにコンテンツフィルタリングで通信の宛先を見て防御する必要がある。

 本資料では、コンテンツフィルタリングの2つの手法である「ブラックリスト」として特定の宛先を禁止する方法と、「ホワイトリスト」として許可した宛先以外はすべてブロックする方法、それぞれについてフィルタリング精度の検証を行い、標的型攻撃の防御として本当に有効な対策を見極めるポイントを解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -