ニュース
» 2012年11月01日 23時11分 UPDATE

2012年上半期のUC/コラボレーション市場は1022億円規模――IDC調査

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場は2011〜2016年に年率3.3%で成長し、2016年には2234億7300万円規模になるとIDC Japanは予測している。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは11月1日、「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場」に関する分析と予測を発表した。2011年上半期の市場規模は、前年同期比で4.4%増の1022億1700万円だった。2012年通年では、前年比4.3%増の1977億6700万円に達すると見込む。

 2012年上半期の同市場は、大企業ユーザーでの音声プラットフォームがリプレイス期に入った影響で、IP電話関連の出荷額が前年同期比5.9%増のプラスになった。また、IP電話会議システムやIPコンタクトセンターシステムといった他のセグメントも堅調に成長したと分析している。

 2011〜2016年の同市場は年率3.3%で成長し、2016年には2234億7300万円規模になると予測している。

photo 国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場 セグメント別出荷額予測:2007〜2016年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | 日本


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -