ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
組織再編を重ねるシーメンス、「MindSphere」は国内展開を着実推進
シーメンス(Siemens)の日本法人は、ドイツ本社が推進する中期計画「Vision2020+(ビジョン2020プラス)」の進行状況や、発電事業の分社化の方向性などについて説明した。(2019/6/25)

「日本は5Gで遅れている」という指摘 実際はどう? IDCの予測から考える
日本における5Gは、主要な国・地域と比べて遅れているという指摘を少なからず耳にする。それは果たしてどこまで真実なのだろうか。海外に広いネットワークを持つ調査会社の調査レポートを交えつつ解説する。(2019/6/24)

世界中で約3割が所有:
EDR所有組織は、大半が「EDRを使いこなせていない」と認識――ソフォスが調査結果を発表
ソフォスは、2018年12月から2019年1月にかけ、日本の200人を含む3100人の世界中のIT意志決定者に「EDRの重要性」について調査した結果を説明した。(2019/6/24)

レッドハット、さらに普遍的な存在を目指し、OpenShift 4とRHEL 8を国内で説明
レッドハットは2019年6月21日、グローバルでは5月初めに発表された「Red Hat OpenShift Container Platform 4」と「Red Hat Enterprise Linux 8」について、日本国内で説明した。いずれも従来同様、企業における利用に焦点を合わせた上で、普遍的な存在になることを目指しており、新バージョンでもそのための機能強化が図られている。(2019/6/24)

巨大IT企業への「デジタル課税」議論も G20サミット28日開幕
日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪市で開かれる。米中貿易摩擦の影響による世界経済の減速リスクや、IT化の流れで台頭した「デジタル経済」などについて話し合う。(2019/6/24)

上席副社長が来日:
「2000億米ドル超の市場」狙うIntel、新事業本部を設立
 Intelの日本法人インテルは2019年6月20日、東京都内で記者説明会を実施し、2019年第2四半期の取り組みを説明した。説明会では、Intel上席副社長のDan McNamara氏が、同社が「プログラマブル・ソリューションズ事業本部(PSG)」と「ネットワーク・インフラストラクチャ事業本部」の2つの事業部門を統合して、同月新たに設立した「ネットワーク&カスタムロジック事業本部(NCLG)」についても紹介。NCLGの責任者はMacNamara氏が務めるといい、「統合によって、幅広いポートフォリオの全てをワンストップで提供できるようになる」と説明した。(2019/6/24)

製造ITニュース:
中小企業のデジタル変革の支援を目的にしたコンソーシアムを設立
日本マイクロソフトら3社は、中小企業のデジタル変革の支援を目的にしたコンソーシアム「Cloud ERP Partners for SMB」を設立した。国内外から15社が参加を表明している。(2019/6/24)

今日のリサーチ:
CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査結果を発表しました。(2019/6/24)

屋内の犬や猫も熱中症になることがある 日本気象協会と日本動物愛護協会がペットの熱中症予防マニュアルを作成
人もペットも熱中症への正しい理解を。(2019/6/23)

対局の記録係無人化へ リコーと日本将棋連盟がAIによる「棋譜記録システム」を開発 7月から実証実験
将棋界の「働き方改革」に一歩。(2019/6/22)

日本IBM、大阪にクラウドサービスの接続拠点を開設 西日本で初
日本IBMは大阪に西日本初となるネットワーク接続拠点を開設したと発表した。(2019/6/21)

日本企業はディスラプションに対応するリーダーシップの欠如が明白――ガートナー
ガートナーの調査によると、日本企業はデジタルビジネスの取り組みで世界の企業に後れを取っていることが判明。要因は、変化に対応する“チェンジリーダーシップ”の欠如やIT人材不足などにあり、日本企業独特の組織文化の障壁が影響しているという。(2019/6/21)

「ハリポタGO」こと「ハリー・ポッター:魔法同盟」、米国で配信開始 日本で使える?
米Nianticは米国のApp Storeで、ARゲームアプリ「ハリー・ポッター:魔法同盟」を配信開始した。(2019/6/21)

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携
Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。(2019/6/21)

モビリティサービス:
ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス
ルノー(Renault)、日産自動車とウェイモ(Waymo)は2019年6月20日、無人運転車を使ったモビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。ウェイモは、フランスでルノーと、日本では日産自動車とのみ、ドライバーレスモビリティサービスの実現可能性を検討する。(2019/6/21)

HPスペインから開発担当者が来日:
CAD印刷のベストセラー機が刷新、1クリックで図面印刷「HP Click」を無償提供
日本HPは、CAD/GIS向け大判プリンタ「HP DesignJet T」シリーズをリニューアルした。新機種には、設置スペースを大幅に削減し、20万円を切る価格帯を実現した次世代主力機などが追加された。2019年版テクニカルモデルの最大のウリは、アプリ「HP Click」が無償で提供されること。スマートデバイスから1クリックで大判プリントが可能になるなど、図面印刷をこれまで以上にカンタンにする。(2019/6/21)

ものになるモノ、ならないモノ(83):
米英で疾病の「診断」を下すAIドクターが登場。日本ではどうなるのか
医療分野におけるAI活用の最前線について、東京大学 医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門の湯地晃一郎特任准教授に聞いた。米英で疾病の「診断」を下すAIドクターが登場している中、日本の医療はどう変わりつつあるのだろうか。(2019/6/20)

PR:外国人の約半分が感じた日本人への衝撃の事実 切ない現実をシュールに描いた動画「FEEL JAPAN」
うわっ……私の口臭きつすぎ……?(提供:サンスター株式会社)(2019/6/21)

日本将棋連盟とリコー、AIで棋譜を自動生成 記録係の不足を解消へ
日本将棋連盟とリコーが、AI技術を活用し、将棋の棋譜を自動生成するシステムを共同開発した。記録係の負担を軽減する。(2019/6/20)

難民を日本でWebエンジニアに 就労支援でプログラミング教育 PCや住居も無償提供
NPO法人WELgeeは、日本に住む難民に向けた就労支援として、プログラミング教育を行う「Tech-Up」を9月に始める。(2019/6/20)

4階級制覇の井岡一翔、AK-69、ワンオクTaka、TAKUYA∞、TKO木下が囲んだ豪華ショットに反響 「応援団のメンバーが豪華すぎ」
木下さん「あなたは日本の誇りです」。(2019/6/20)

消費者との信頼構築が最重要課題、日本マイクロソフトがデジタルサービスの信頼に関する調査結果を発表
日本マイクロソフトが発表したデジタルサービスの信頼に関する調査結果によると、日本でデジタルサービスの利用を促進させるための最重要課題は、企業が消費者との信頼を構築することだという。(2019/6/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
ソニーが「新卒に年収730万円」、最大のカベは中高年社員の嫉妬!?
ソニーが新卒に最大で初任給730万円を支払う。高度人材を確保するためだが、中高年社員の反発など背景には日本企業の本質的な課題が。(2019/6/20)

自然エネルギー:
FITを利用しない再エネ電源にも「非化石証書」を、日本ユニシスが認定業務を開始
日本ユニシスが政府からの委託を受けた第三者機関として、「再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)」の適用を受けていない再生可能エネルギー電源(非FIT非化石電源)に対する、環境価値の認定業務を開始。非FIT非化石電源についても非化石証書を発行できるようにするのが目的だ。(2019/6/20)

製造マネジメントニュース:
マイクロソフト、ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」開発で連携
日本マイクロソフトは、Rapyuta Roboticsが提供するクラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」に関する技術協力、ソリューション開発、海外市場への展開などで同社と連携する。(2019/6/20)

プロジェクト:
竹中工務店が2019年日本建築学会賞で2部門受賞
竹中工務店が、2019年日本建築学会賞の「日本建築学会賞(技術)」「日本建築学会作品選集新人賞」を受賞。(2019/6/20)

緊急時のSOS機能付き スマホ連動の自転車スマートヘルメット「LIVALL」、日本でも登場
手元スイッチ操作の「ウインカー機能」が便利そう。(2019/6/19)

渋谷109に日本初のいちご飴専門店「Strawberry Fetish」がオープン! いちごまみれなメニューがフォトジェニック
お祭りの定番メニューがよりキュートに進化。(2019/6/19)

“ハリポタGO”、米国などで6月21日に配信開始 日本は「近々」
ARを活用したスマートフォン向け位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」(iOS/Android)が、米国などで21日に公開。日本でも近々公開される。(2019/6/19)

超小型スマホ「Palm Phone」のSIMフリー版、米国で予約開始 349ドル(約3万8000円)で
日本でも販売している超小型スマホ「Palm Phone」のSIMフリー版が米国で発売される。価格は現行のVerizon版とほぼ同じ349ドル(約3万8000円)で、レザーケースが付く。(2019/6/19)

YouTuber市場は飽和状態 「将来つきたい3位」も過当競争で過激化
小学生憧れの職業である「YouTuber」。動画投稿サイトで自作動画を公開し、閲覧者を獲得、主に広告収入で生活しようとする人を指す。日本でも代表的なYouTuberの年収は数億円に及ぶとされ、養成学校ができるほどの人気だが、職業人口が増え、淘汰されるYouTuberも。(2019/6/19)

迷走する日本のデジタル改革:
日本のデジタルトランスフォーメーションは「ディスラプション」に? 今こそ欧州の中堅国に学べ!
国際経営開発研究所(IMD)が発表する「IMD国際競争力ランキング」では、ここ数年、日本は25位前後を推移する。上位を占めるのは北欧の中堅国だ。日本のIT投資額は年間10兆円を超し、その金額は北欧各国が束になってもかなわない額だ。しかし、なぜ世界から思うような評価が得られないのか。(2019/6/19)

スマホゲームアプリ「Dr. Mario World」7月10日に配信 LINE、NHN、任天堂が共同開発
LINE、NHN、任天堂の3社が共同開発し運営するアクションパズルゲーム「Dr. Mario World」が、7月10日から配信される。事前登録はすでに開始しており、日本やアメリカを始めとした59の国・地域で提供を予定する。ダウンロードは無料で、一部アイテムは有料(課金制)となっている。(2019/6/18)

エイサー、スリムデスクトップPC「Aspire X」など2シリーズにOffice付属モデルを追加
日本エイサーは、スリム筐体採用デスクトップPC「Aspire X」など2シリーズにOffice付属モデルを追加した。(2019/6/18)

スパコン世界ランク、米3連覇 日本は「ABCI」8位が最高
スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が17日発表され、米国が3連覇を果たした。日本からは産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」が前回から順位を1つ落として8位に入った。(2019/6/18)

キャリアニュース:
「業務の自動化による失業」を心配しているのは16%
ServiceNow Japanが「業務自動化に関する国際調査」の結果を発表した。日本は、業務自動化の導入率が調査対象国の中で最も低かった。業務自動化に伴う失業を懸念する人は16%で、仕事のやり方が変わることを案じる回答の方が45%と多かった。(2019/6/18)

エコカー技術:
スズキ「アルト」がパキスタンで販売開始、生産は日本の軽規格そのまま
スズキとパキスタンの同社生産子会社パックスズキモーターは2019年6月15日、「アルト」の販売を開始したと発表した。スズキの海外拠点で日本の軽自動車規格と同じボディーと排気量のエンジンを採用したモデルを生産するのは、アルトが初となる。経済性や信頼性、性能を日本で培った軽自動車をグローバルに展開することで、スズキが得意とするコンパクトカーの普及を図る。(2019/6/18)

9.8×17.2×1.7mmを実現:
日本向け、LoRaとBLEの2アンテナ搭載超小型モジュール
 無線通信モジュールやSiP(System in Package)の開発を手掛けるInsight SiPは、LoRaWANとBluetooth Low Energy(BLE)の両方に対応した超小型モジュール「ISP4520」を日本市場に投入する。日本で使われるLoRaWANの周波数帯(923MHz帯)に対応しており、同社は、スマートシティーやスマートグリッド、産業用インターネットなど、幅広い分野での活用を見込んでいる。また、欧州、米国向けのモデルも用意している。(2019/6/18)

専門家のイロメガネ:
麻生氏「年金受給記憶ない」発言が物議 共産党・小池氏のでたらめな批判内容
老後資金は2000万円不足する……問題の議論の過程で、年金に関する勘違いを助長する話が出ている。日本共産党の小池昇氏のツイートを見ると、同氏も年金を理解していない。小池氏の勘違いは社会保障制度の誤解を招く可能性がある。(2019/6/18)

保護主義懸念も:
自動車メーカーが北米で苦戦、安売り後遺症
北米の自動車市場で、日本メーカーの苦戦が目立っている。米国でスポーツ用多目的車(SUV)人気が続いていることも、セダンに強みのある日本勢にとっては逆風になっている。トランプ大統領の保護主義的な政策も不安要素となり……。(2019/6/18)

今日のリサーチ:
先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。(2019/6/18)

CAEニュース:
エンジニアリング向けクラウドサービスを日本国内で提供開始
アンシス・ジャパンは、日本国内のデータセンターにおいて「ANSYS Cloud」サービスを開始した。日本国内のANSYSユーザーは、ANSYS Cloudを利用してANSYSの主要製品からクラウドHPCに即座にアクセス可能となる。(2019/6/18)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

ソフトバンクと日本マイクロソフトが提携、固定電話番号を使える通話サービス「UniTalk」提供
ソフトバンクと日本マイクロソフトは、6月17日に次世代コミュニケーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップ締結を発表。8月1日からソフトバンクが「Office 365」のコラボツール「Microsoft Teams」向け音声通話サービス「UniTalk」を日本で初めて提供する。(2019/6/17)

日本マイクロソフトとソフトバンク、「Teams」向け音声通話を提供へ 固定電話番号で発着信
日本マイクロソフトとソフトバンクが戦略的パートナーシップを締結。「Microsoft Teams」上で固定電話番号による音声通話が可能なサービス「UniTalk」を共同開発し、8月1日にリリースする。Teams向けの音声通話サービスは国内初。(2019/6/17)

LINE Pay、韓国「Naver Pay」と連携スタート きょうから
LINE Payは韓国のモバイル決済「Naver Pay」と連携し、Naver Payユーザーが日本のLINE Pay加盟店でQRコード決済できるようになると発表した。(2019/6/17)

おぉぉ日本でも! 楽天と西友、国内初「離島へのドローン配送サービス」開始 横須賀の猿島で2019年7月開始
西友よこすか店から離島「猿島」へ、ひとっ飛び!(2019/6/17)

HTC、VRヘッドセット2機種を日本で発売 視線追跡できる「VIVE Pro Eye」とスタンドアロン型「VIVE FOCUS PLUS」
HTC NIPPONは、視線追跡機能を搭載したVRヘッドマウントディスプレイ「VIVE Pro Eye」と、スタンドアロン型の「VIVE FOCUS PLUS」を28日に発売する。(2019/6/17)

コード決済はなぜ使わない? ユーザーの声から見えた課題
PayPayの100億円キャンペーンを皮切りに、コード決済が日本でも盛り上がっている。そんな中でも、まだコード決済を使わない人も当然多い。なぜか? MMD研究所が開催したユーザーの座談会から、コード決済の課題が見えてきた。(2019/6/17)

「QRコード決済可」のコインランドリー、今秋登場 支払うと洗濯・乾燥スタート
コインランドリーチェーンを運営するWASHハウスが、今秋をめどに国内の全597店舗にQRコード決済を導入する。PayPay、LINE Pay、Alipayなどで決済すると、洗濯や乾燥が始まる仕様になるという。NTT西日本・NTTビジネスソリューションズと提携し、専用の決済システムとアプリも開発する。(2019/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。