ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本」に関する情報が集まったページです。

CloseBox:
ジョブズ復活 アイアン・スカイ続編で魔界転生化
7月12日に日本でも公開されるSFバカ映画にジョブズが登場するらしい。(2019/5/17)

“幽霊ホテル”と言われ:
沖縄の有名な廃虚ホテルが、解体を決めたワケ
沖縄県にある世界遺産の中城城跡の隣で、1972年5月の日本復帰から数カ月だけ営業したという幻の「中城高原ホテル」。県営中城公園として整備するため、解体工事が始まって……。(2019/5/17)

Googleの「音声文字変換」アプリ、「ドアノック」などの表示や結果保存機能追加へ
Googleが2月に発表したユーザー補助アプリ「Live Transcribe(日本では「音声文字変換」)」の6月のアップデートで、笑い声や拍手、犬の鳴き声などの言葉以外の表示と、字幕のコピー・保存機能が追加される。(2019/5/17)

結局は……:
「採用学」は本当に使えるのか
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方は……。(2019/5/17)

人工知能ニュース:
MITとIBMが10年と250億円超をかけて研究する「Broad AI」は何ができるのか
日本IBMは、米国IBMがマサチューセッツ工科大学(MIT)との連携で設立した「MIT-IBM Watson AIラボ」の研究内容について説明。同ラボは、10年間で2億4000万米ドルを投資し、深層学習などにより実用化が進んでいる「Narrow AI(狭いAI)」をさらに発展させた「Broad AI(広いAI)」を中心とする研究開発を進めている。(2019/5/17)

Dial回せば円満に?:
Surface Pro 6で暗い影を落とした夫婦関係を修復する方法
日本マイクロソフトの2in1 PCで人気の高い「Surface Pro 6」。実際にSurface Proを使っているユーザーにリサーチして、その悩みと解決方法を考えてみた。(2019/5/17)

自動運転技術:
日産プロパイロット2.0、ステアリング手放しの実現には高精度地図が不可欠だった
日産自動車は2019年5月16日、横浜市の本社で会見を開き、運転支援システムの第2世代「プロパイロット 2.0」の概要を発表した。2019年秋に日本で発売する「スカイライン」を筆頭に、海外市場や他のモデルでもプロパイロット 2.0を展開する。(2019/5/17)

今日のリサーチ:
PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290億円。2016年度に比べて27%の伸びを示しました。(2019/5/17)

プロジェクト:
福岡・天神に隣接の今泉に、2020年秋開業のコリビングホテルを含む複合施設
NTT都市開発は、福岡市中央区今泉一丁目において開発を進めるホテル・商業複合施設の工事に着手した。同施設に入るコリビングホテル「lyf(ライフ)」は日本初進出、2020年秋に開業予定だ。(2019/5/17)

PCで受験する英検CBT、試験会場を全国47都道府県に拡大
日本英語検定協会はPCで受験する「英検CBT」「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場として「テストセンター」を47都道府県に設置すると発表した。(2019/5/16)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)

2in1 PCの原点に返ってみる:
2in1 PCの最前線「Surface Pro 6」を試して分かった驚き
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCの「Surface」シリーズ。その豊富なラインアップの中から、人気モデルの「Surface Pro 6」をチェックした。(2019/5/16)

エイサー、スタイラスペン付きで2in1設計の11.6型Chromebook
日本エイサーは、2in1機構を搭載した法人向けの11.6型Chromebook「R752T-N14N」「R752TN-N14N」を発表した。(2019/5/16)

大手銀 脱・日本的人事 8年で管理職も 優秀人材で生き残り 
年功序列に代表される日本的雇用の典型例だった大手銀行の人事制度が変わろうとしている。(2019/5/16)

太陽光:
ブロックチェーンで再エネ電力を融通、中国電力と日本IBMが共同実証
中国電力が日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)と共同で、再生可能エネルギーで発電された電力を顧客間で融通するシステムの実証試験を開始した。(2019/5/16)

平成の科学:
日本の科学技術、再生なるか 論文数は“一人負け”
日本の科学は平成の時代に大きく飛躍し、基礎科学と産業技術の両面で発展を遂げた。だが近年は研究開発の勢いが失われ、国際的な競争力は低下。東日本大震災では「想定外」の前に立ち尽くした。再生への処方箋はいまだ見えず、令和時代の大きな課題だ。(小野晋史)(2019/5/16)

自動運転技術:
HEREの位置情報活用、共有基盤が日本向けに対応、データなどの販売も可能に
HERE Technoligies(以下HERE)は2019年5月15日、東京都内で記者会見を開き、クラウド上で位置情報データを検索、構築、共有するための共通データソース「Open Location Platform(オープンロケーションプラットフォーム)」を日本向けにローカライズし、2019年第2四半期末までに提供すると発表した。(2019/5/16)

絶滅危惧種の野鳥「シマアオジ」 フィンランドでの地域絶滅が発表される
日本でも数が減少しています。(2019/5/16)

第4次産業革命の現在地:
タイで進むタイランド4.0、日立製作所が取り組むASEANのデジタル変革
全世界的に第4次産業革命への動きが加速する中、タイでもタイランド4.0とする政策が進行。政府間での協力での覚書なども締結されているが、民間でも日本企業とタイ企業との連携強化の動きが進む。その中で日立製作所はいち早くタイにIoT拠点である「Lumada Center Southeast Asia」を設立し、東南アジア地域企業のデジタル変革を支援する取り組みを行う。日立製作所の取り組みを追う。(2019/5/16)

製造ITニュース:
PoCだけで終わっている現場へIoTの実導入を後押し、インフォシスとPTCが協業
インフォシス リミテッド 日本支店とPTCジャパンは、AIおよびAR技術を活用した次世代IoTソリューションで協業し、国内に向けたソリューション提供を開始する。(2019/5/16)

医療機器ニュース:
ヘルスケア領域のモビリティサービスへ参入
フィリップス・ジャパンは、ヘルスケア領域におけるモビリティサービスへ参入する。移動可能なインフラサービスを展開することで、日本の自治体が抱える、医療施設や医療従事者の不足、医療費の増大といった課題解決に貢献する。(2019/5/16)

今日のリサーチ:
日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。(2019/5/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

PR:石油インフラを担うグローバル企業の「財務戦略」 海外子会社設立の“壁”を乗り越えた改革とは?
エネルギーの「上流部門」を手掛ける日本最大の石油・天然ガス開発企業である国際石油開発帝石(INPEX)。グループ財務のさらなる高度化に向け、シンガポールに金融子会社設立を決断した。しかし、既存の仕組みでは対応困難な課題に直面。解決のために白羽の矢を立てたのが、キリバのクラウド型グローバル財務管理ソリューションだった。(2019/5/16)

ディズニー、Huluの完全な経営権を獲得 動画配信事業を強化
日本のHuluは別系統のため、今のところ無関係。(2019/5/15)

「Anywhere Door」「Shrink Ray」 英語版「ドラえもん」のひみつ道具、“翻訳前の名称”分かる?
日本ならではのひみつ道具名も、ちゃんと英語になってる!(2019/5/19)

エイサー、法人向けChrome OS搭載ミニPC「Acer Chromebox」にCore i5モデルを追加
日本エイサーは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したChrome OS搭載ミニPCのラインアップに第8世代Core i5モデルを追加した。(2019/5/15)

ドクターマーチンのインク店頭販売、今年後半に再開へ それまでは「Amazonで買って」 米販売元が声明
アナログイラストなどに使われる「Dr.Ph.Martin's」(ドクターマーチン)のインクについて、製造・販売する米社は「今年後半に日本の小売店での販売を再開する」との声明を発表した。(2019/5/15)

8K編集がすぐそこに:
12万円台のDaVinch Resolve専用キーボードも登場 Blackmagic Designが8K対応製品を発表
5月9日、映像や編集機材、ソフトウェアを手がけるBlackmagic Designが新製品展示会を開き、8K対応の製品について日本での投入時期などを明らかにした。(2019/5/15)

鉄鋼3社増収も利益で明暗 19年3月期 神鋼は減益
鉄鋼大手3社の2019年3月期連結決算が14日出そろい、日本製鉄とJFEホールディングス、神戸製鋼所はそろって増収となった。(2019/5/15)

Twitter、ワクチン関連検索結果への厚生労働省リンク表示を正式発表
Twitterの公式アプリで「ワクチン」「ワクチン 危険」「ワクチン いらない」などと検索すると、日本では厚生労働省の予防接種情報へのリンクが表示されるようになった。twitter.comでも間もなく表示されるようになる。(2019/5/15)

DisneyがHuluの100%支配権獲得 Comcastとの契約で
米定額制動画配信サービス「Hulu」の権利をDisneyが完全に獲得した。Disneyは11月からHuluと競合するサービス「Disney+」を米国でスタートする。なお、日本のHuluは日テレ傘下だ。(2019/5/15)

製造ITニュース:
GCPが国内2カ所目のクラウド拠点を大阪に開設、シャープなどが採用
グーグルがクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の大阪GCPリージョンの正式運用を開始した。同リージョンは、2016年に運用開始した東京に次ぐ、日本国内で2カ所目のクラウド拠点となる。(2019/5/15)

オフィスの存在意義は“知恵の交流”にあり:
PR:自由な働き方を実現する「ABW」は“カタチ”から
「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガンに、国内外70社を超える企業群で構成されるパーソルグループ。そのグループ企業の一社であるパーソルファシリティマネジメント株式会社は、ファシリティの変革によって新しいワークスタイルの一つである「ABW(Activity Based Working)」を日本企業に定着させる取り組みに力を注ぎ、その一環としてパーソルグループのオフィス改革も進めてきた。ABWの文化醸成に役立つオフィス空間とはどのようなものなのか──。当事者に話を聞いた。(2019/5/15)

人気カラーインク「ドクターマーチン」、国内販売終了の情報広まる 米本社が「日本から撤退しない」と表明
2019年内に日本で販売終了するとの情報が広まり、Twitterでイラストレーターや漫画家から悲しみの声が上がっていました。(2019/5/14)

東京と同様な独立リージョン:
GCP大阪リージョンが運用開始、キュリアンCEOが日本企業に使ってほしい機能とは
Google Cloudは2019年5月14日、Google Cloud Platform(GCP)の大阪リージョンを運用開始したと発表した。3ゾーン構成で、東京リージョンとほぼ同一のサービスを利用できるという。(2019/5/14)

なぜPoCで終わる? AI活用の鍵は“目的志向”、富士通の考え
日本企業のAI活用がなかなか進まない現状に対して、富士通は「仮説設定と業務実装が重要である」と説明した。(2019/5/14)

Google Cloud Platform、大阪リージョンの正式運用をスタート 国内2カ所目
Google Cloud Platformの「大阪GCPリージョン」の正式運用が始まった。日本国内では「東京GCPリージョン」に続き、2カ所目のリージョンになる。(2019/5/14)

エイサー、応答速度0.5ms+144Hz駆動を実現した24.5/27型ゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、144Hz駆動に対応する24.5/27型フルHD液晶ディスプレイ2製品を発売する。(2019/5/14)

Apple TVアプリ、日本でも NetflixやAmazonプライムと連動
iOS 12.3で、Apple TVアプリが日本にやってきた。(2019/5/14)

Apple、「iOS 12.3」配信開始 「Apple TV」アプリが日本でも利用可能に
AppleがiOSデバイス向けの最新OS「iOS 12.3」の配信を開始した。アップデートすると「ビデオ」アプリが「Apple TV」アプリに置き換わる。日本ではコンテンツは今のところ映画のみで、テレビ番組はない。(2019/5/14)

政府、サイバー攻撃“反撃ウイルス”作成へ 脅威増す「電子戦」に日本の勝機はあるか
目に見えない空間が、防衛の最前線になりつつある。政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するため、防衛省でコンピューターウイルスを作成、保有する方針を固めた。周辺国では中国や北朝鮮がサイバー関連の専門部隊を増強するなか、「電子戦」でレーダーやGPSなどが攻撃を受ける脅威は増している。「反撃ウイルス」で勝てるのか。(2019/5/14)

シンガポールには「ニンテンドー・ワールド」も……アジアのIR拡大、日本の脅威に
アジア各地でカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の拡張計画が急ピッチで進んでいる。シンガポールでは任天堂のゲームをテーマにした最新アトラクションなどが計画され、マカオでも大規模な国際会議場建設が進む。背景には、各国政府が施設拡張を促しているとの見方がある。将来のIR開設を目指す日本にとって、アジアのライバルの勢力拡大は脅威となりそうだ。(2019/5/14)

人工知能ニュース:
日本初のAIプロダクト品質保証ガイドライン、QA4AIコンソーシアムが発行へ
QA4AI(AIプロダクト品質保証)コンソーシアムは「AIプロダクト品質保証ガイドライン 2019.05版」を策定した。2019年5月17日に東京都内で開催する「Open QA4AI conference 2019」に合わせて発行する予定だ。(2019/5/14)

日本モレックス CP-6.5:
極性キー機能と色で誤嵌合を防ぐコネクター
日本モレックスは、極性キー機能と色展開によって誤嵌合を防止する電線対基板用コネクターシステム「CP-6.5」に、4極および6極製品を追加した。嵌合ミスを防ぐことで品質安全性が向上し、コスト低減にも貢献する。(2019/5/14)

なぜ数日で採用に至らないのか:
IT分野の「非正規社員」採用意欲高める日本企業、ヘイズ・ジャパンが調査
ヘイズ・ジャパンの業界動向レポート「インサイドストーリー」によると、日本企業はIT分野の非正規社員採用について意欲的だ。正社員の採用では必要なスキルを持つ人材を確保できないことに気付き始めているためだが、採用決定に長い期間を必要としており、効率が低い。(2019/5/14)

大学発ベンチャー、東大がトップ独走 総数は2200社超え
2018年度の大学発ベンチャー調査によると、日本の大学発ベンチャーの総数は2278で、17年度より185社増加した。大学別で見ると東大がトップを独走し続けており、271社が東大発ベンチャーだった。(2019/5/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceの成功は日本なくしてありえなかった」と“Surfaceの父”パネイ氏が語る日本への思い
Microsoftのデバイス事業を率いるパノス・パネイ氏が来日し、プレス向けにトークセッションを開いた。Microsoftの2in1 PC「Surface」シリーズを中心に話を聞いた。(2019/5/13)

auから「Galaxy A30」が登場 おサイフ+防水・防塵+ストラップホールで日本仕様に【写真追加】
サムスン電子のミドルレンジGalaxyの最新モデル「Galaxy A30」がauから発売される。海外向けモデルをベースに、日本市場において求められる機能を搭載したオリジナルモデルだ。(2019/5/13)

「Pixel 3a」をiFixitが分解 ディスプレイはSamsung製、「Pixel Visual Core」は非搭載
Googleが日本でも17日に発売するミッドレンジスマホ「Pixel 3a」をiFixitが分解した。有機ELディスプレイはSamsung製で、修理しやすさは10点中6点というハイスコア。ハイエンドPixelには搭載されている画像処理を強化するSoC「Pixel Visual Core」はなかった。(2019/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。