ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Netflix」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Netflix」に関する情報が集まったページです。

AWSと容易に連携できる:
データサイエンティストに優しいフレームワーク「Metaflow」、Netfilxがオープンソース化
Netflixは、データサイエンスプロジェクトの構築や管理のフレームワークとして開発、利用してきた「Metaflow」をオープンソース化した。データサイエンティストに余分な負担を掛けずに利用できるよう設計されており、AWSを通じて大規模に展開しやすい。(2019/12/9)

女子中高生のトレンドを知る:
JC・JK流行語大賞2019が発表 「Official髭男dism」「ぴえん」「ハンドクラップダンス」「Soda」などがランクイン
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都中央区)が”JCJK調査隊”の選考結果をもとに、「2019年の流行語大賞」および「2020年のトレンド予測」を発表した。「ヒト部門」「モノ部門」「アプリ部門」「コトバ部門」の4つに分類。その結果は?(2019/12/9)

PR:花咲爺さんと似すぎだろ! au「三太郎」シリーズ新CMに新キャラ「桃爺」登場
新キャラのクセが強い(褒め言葉)。(2019/12/2)

アニメ映画「幸福路のチー」を何としてでも見てほしい「3つ」の理由 空想好きな少女時代と、30代になった私
台湾製アニメ映画「幸福路のチー」が素晴らしい映画だった。何としてでも見てほしい「3つ」の理由を、ここに挙げる。(2019/12/1)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「Amazonプライム1年間無料」で見据える先 ECを強化し、5Gへの布石に
ドコモが、「ギガホ」「ギガライト」ユーザー向けにAmazonプライムを1年間無料とするキャンペーンを実施する。ドコモがこのタイミングでAmazonとの関係性を深めた背景には、競争環境の変化がある。Eコマースサービスが手薄だったドコモならではの事情も、Amazonと手を組んだ理由の1つといえる。(2019/11/30)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

「auの学割」改定 MAXプランは対象期間が1年間、月額2400円引きに
KDDIは「auの学割」で「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプランPro」の割引内容を変更。割引期間を「最大6カ月間」から「最大1年間」に、割引額を「月額1400円」から「月額2400円」に変更する。(2019/11/28)

瀬下寛之総監督×声優・島崎信長に聞くアニメ「Levius」 ポリゴン最新作で口をそろえる「過保護」というキーワード
セルルックCGの最前線を行くポリゴン。その先には、「限りなくカリカチュアされているのにもかかわらず十分な肉感がある」世界が見えているようです。(2019/11/30)

有料動画配信「戦国時代」に オリジナルやライブ競う
定額やレンタルで映画やドラマを見ることができるインターネット動画配信サービスが、群雄割拠の様相を呈している。(2019/11/27)

アニメとアイドルは今後も拡大傾向 オタク調査
矢野経済研究所はオタク市場に関する調査結果を発表した。それによると、アニメ市場とアイドル市場は好調に推移していることが明らかに。(2019/11/26)

2019年度も「アニメ」「アイドル」市場は拡大予測 映像配信や既存ファンの買い支えがカギ
2019年4〜6月に公開された劇場版主要アニメの分析も。(2019/11/25)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

ITはみ出しコラム:
Googleのゲームストリーミング「Stadia」はイマイチな評判 ライバルの動向は?
ついにGoogleのゲームストリーミングサービス「Stadia」がスタートしましたが、現時点での評判はイマイチのようです。強力なライバルがひしめくゲーム業界で、Googleのやり方は通用するのでしょうか。(2019/11/24)

月額制クラウドゲーミングサービス「OOParts」、βテスト開始 美少女ゲームがPCやスマホで遊び放題
遊びたいタイトルを募るTwitter連動企画も始まっています。(2019/11/22)

今日のリサーチ:
若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表しました。10代、20代の女性を中心に「ライブ動画」の視聴が広まっているようです。(2019/11/21)

これからの時代に必要な「デザイン経営」:
日本企業のイノベーションを支える気鋭のデザインエンジニアが語る「”BTC型人材”のつくり方」
トヨタ、メルカリ、日経新聞……。日本企業のイノベーションをデザインで支えてきた気鋭のデザインエンジニアTakramの田川欣哉氏が「”BTC型人材”のつくり方」を語る。(2019/11/20)

Netflix、Nickelodeonとオリジナルアニメコンテンツ制作で提携
Netflixが児童向けコンテンツのNickelodeonと提携し、オリジナルアニメシリーズや映画を制作すると発表した。Disneyは同日、Netflixと競合するDisney+のスタート初日の加入者数が1000万人以上だと発表した。(2019/11/14)

「Disney+」開始初日に障害はあっても1000万人加入
Disneyが11月12日に米、カナダ、オランダでスタートした定額動画配信サービス「Disney+」の初日加入者数は1000万人を超えた。19日にはオーストラリアとニュージーランドでもスタートする。(2019/11/14)

「不透明な社内評価」にNO! 報酬は「市場価値」で決める――ベルフェイス社長が人事制度に大なたを振るった理由
足に頼った営業をユーモラスにチクリと皮肉るテレビCMで一躍、有名になったインサイドセールスシステムのベルフェイスが、社員の報酬を「市場価値」で決めるという革新的な人事制度の導入に踏み切った。導入の背景と効果について社長の中島一明氏に聞いた。(2019/11/13)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える
テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。(2019/11/12)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」より長い2019年の傑作映画4選 “見るマラソン”を制してこその感動があった!
「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の3時間2分は短い! と思わせてくれる傑作映画たち。(2019/11/9)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
一見ミニマム、実は3つの顔を持つシステムカメラ 「SIGMA fp」の変幻自在っぷり
SIGMA初のLマウントカメラが発売されたのである。「SIGMA fp」。なんというか、四角くてゴツくてい小さくて可愛くてミニマム。でも、それが実に斬新なカメラなのだ。(2019/11/7)

Appleの動画配信サービス「Apple TV+」いよいよ開始! 全作品オリジナルで月額600円
9月10日以降にApple製品を購入で利用料無料に。(2019/11/2)

動画視聴に最適:
PR:最新ディスプレイ講座――新たな選択肢「OLED(有機EL)」がもたらす動画視聴の大革命
ディスプレイの購入にあたり、新たな選択肢が浮上している。そう、OLED(有機EL)だ。従来の液晶と何が違うのか、どこが優れているのか、気をつけるべきポイントは何かをまとめた。(2019/11/28)

11月1日に「auの学割」開始 大容量プランで最大1400円を6カ月間割り引き
KDDIが、25歳以下のユーザーを対象とした新たな学割サービス「auの学割」を11月1日から提供する。月額500円〜1400円を、6カ月間割り引く。対象プランは大容量プランが中心。(2019/10/30)

ソニー、有料テレビサービス「PlayStation Vue」を終了
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2015年に米国で立ち上げた、テレビコンテンツの有料ライブ配信サービス「PlayStation Vue」を終了する。主力のゲーム事業に専念するとしている。(2019/10/30)

定額課金が本質ではない:
本物の「サブスクリプション」の話をしよう――Zuora創業者ティエン・ツォ氏インタビュー
「サブスクリプション=定額課金」と捉えている人は少なくないが、それはあまりに表層的な理解だ。話題書『サブスクリプション』の著者にサブスクリプションモデルの本来の定義とそれを成功させるための考え方を聞いた。(2019/10/30)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第4回 イリヤ・クブシノブ:
アピールしないと仕事は生まれない
イラストレーターのイリヤ・クブシノブさんにインタビュー。(2019/10/29)

“賛否両論”というかほぼ“否” バチェラー・ジャパンシーズン3、なぜファンは悲鳴を上げたのか
俺たちは「バチェラー」に夢を見ていた……。(2019/10/28)

スマホと容量シェアなら月額1000円 auがタブレット向け新料金プランを11月から提供
auが、11月からタブレット端末向けの新料金プランを提供する。2年契約時は、スマホとのシェアプランは月額1000円から、単体利用プランは月額4500円からとなる。(2019/10/28)

素子「ノイズがないって素晴らしいわ」 Netflix「攻殻機動隊 SAC_2045」は2020年春配信 初公開のティーザー映像にファン興奮
田中敦子さんの声でタチコマも! これは期待。(2019/10/23)

「まだ結婚できない男」阿部寛が婚活アプリで女性と出会う? 「メンズノンノ」時代を思わせるヤバいファッション、細かい桑野ネタにニヤニヤ
いきなり警察に逮捕される桑野(阿部寛)。(2019/10/22)

特集:マイクロサービス入門(2):
マイクロサービスが注目される理由 導入検討に向けて気を付けるべきポイント
特集「マイクロサービス入門」第2回目は、マイクロサービスが注目される背景と、企業がこれからマイクロサービスの導入を検討するに当たって、考えておくべきポイントを紹介します。(2019/10/18)

Netflix、有料会員数21%増と好調だが、Disney+開始の第4四半期予測は控えめ
Netflixの7〜9月期の決算は、予想を上回る2桁台の増収増益で、有料会員数も21%増と好調だった。米国以外の市場が伸びた。Disneyが競合サービスを開始する10〜11月期の予想は控えめだった。(2019/10/17)

アベンジャーズファンの2歳女児、「ハルク」の変身を初めて見た反応がプライスレスなかわいさ
マーク・ラファロ本人も反応。(2019/10/13)

「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」ティーザービジュアルと新キャスト解禁 神谷浩史「ここまで映像化してもらえるなんて……」
爆速せりふにアフレコ現場は熱狂とのこと。(2019/10/12)

過激風刺アニメ「サウスパーク」Netflixで日本配信決定! 中国で検閲されたばかりの旬なタイミング
ひさびさの日本公式展開。(2019/10/9)

「日本沈没2020」がNetflixで2020年配信へ 小松左京の傑作小説を湯浅政明監督が初のアニメ化
“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”を描き出す。(2019/10/9)

Netflix、実写版「カウボーイビバップ」製作開始動画公開 アイン役のコーギーも登場
Netflixが昨年発表した実写版「カウボーイビバップ」の製作開始を発表する動画がYouTubeで公開された。主人公スパイクのペット、コーギー犬「アイン」も登場する。(2019/10/8)

特集:サブスクリプション×DX:
「クレイジー」だったビジネスモデルが、たった数年で世界を変えた
ビジネスのサブスクリプション化が止まらない。従来とは全く異なる価値観に基づいたサービスや、それに伴うビジネス設計、企業の財務指標など、あらゆるものが変化する。企業が「顧客にとっての価値」を見極め、変化の時代に追いつくためには、何をすればいいだろうか。(2019/10/8)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(16):
「バスNAVITIME」Google Kubernetes Engine移行時の5つのチャレンジ――プロビジョニング期間を約60分の1に短縮
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ナビタイムジャパンの事例では、Google Kubernetes Engine移行時のポイントを中心にお届けする。(2019/10/9)

「人生の師匠に感謝」 小出恵介、明石家さんまへの思いつづる 2017年にさんま役降板、“直接謝罪の日”を回顧
さんまさん優しい。(2019/10/7)

効果的なマーケティングに必須
機械学習でパーソナライゼーションを強化する5つのコツ
パーソナライゼーションエンジンは機械学習を利用してコンテンツを個々の顧客向けに最適化する。企業がパーソナライゼーションを強化するコツを紹介する。(2019/10/7)

今日のリサーチ:
動画配信サービス9社のNPS、Netflixが断トツ――NTTコム オンライン調査
「友人や同僚に薦めたいか?」という質問への回答から算出されるNPS。欧米では公開企業の3分の1が使用しているといわれるこの指標が、日本においても浸透してきています。(2019/10/2)

動画の世紀:
より短く! 短時間化する「バズる動画コンテンツ」
短い動画の方がウケる、そういう統計が出ているそうです。その理由とは?(2019/10/1)

auがiPad(第7世代)を10月4日に発売 32GBモデルは5万5440円
auが第7世代のiPadのWi-Fi+Cellularモデルを10月4日に発売する。32GBモデルは一括5万5440円で、32GBモデルで各種割引を適用した場合の実質負担額は3万3440円となる。(2019/9/30)

Tesla、車載アプリをVer.10にアップデート 車を呼び寄せる「Come to Me」ボタンなど
Teslaが車載アプリの大幅アップデート「Ver. 10.1」をリリースした。予告通りNetflix、YouTube、Huluをサポートした他、モバイルアプリの「Come to Me」ボタンをタップすると駐車場などから車が自動運転で近くまで来る「Smart Summon」機能も追加された。(2019/9/27)

「Googleアシスタント」でMicrosoftの「Xbox One」操作が可能に(まずは英語版で)
Microsoftの「Xbox One」を英語版の「Googleアシスタント」で操作できるようになった。まだβ版だが、年内にサポート言語が増える見込み。Google Homeやホームアプリに「ヘイGoogle、XboxでGear 5をプレイ」などと命令できる。(2019/9/27)

「誰なんやぁぁぁ!」 「ブレイキング・バッド」続編映画、予告編公開 終盤に“謎の人物”も
復習しておかないと。(2019/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。