ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Netflix」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Netflix」に関する情報が集まったページです。

グーグルの第2四半期、純利益2兆円 売上高62%増
米グーグルの親会社アルファベットは7月27日に、第2四半期(4-6月)の決算を発表した。売上高は、618億8000万ドル(約6.8兆円)となり、前年同期比62%増。純利益は2.7倍の185億2500万ドル(約2兆円)となり過去最高益となった。(2021/7/28)

Googleの親会社Alphabet決算、過去最高を更新 YouTubeはNetflixに迫る
Googleの親会社Alphabetの4〜6月期決算は、売上高は62%増、純利益は166%増で純利益は過去最高を更新した。YouTube広告の売上高は83%増の70億ドル。Netflixの同四半期売上高は73億4000万ドルだった。(2021/7/28)

経営者・平井一夫氏はソニーをどう復活させたのか 15年追ってきた記者が『ソニー再生』を読む
長年ソニーを追ってきた西田宗千佳さんによる経営者・平井一夫論。(2021/7/27)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【前編】
生花販売大手が「CX」向上のために“大手ベンダー依存”をやめた理由
新型コロナウイルス感染症の影響でEコマースの需要が高まる中、生花販売大手のFTDは商機を生かすべく、CXのためのシステムを刷新した。そこで同社が選んだ方針が、大手ベンダー製品からの脱却だった。その意図とは。(2021/7/26)

Netflix、ゲーム分野への進出を明らかに Netflix会員なら追加料金なしでプレイ
Netflix会員サービスの新たな柱とする計画だ。(2021/7/21)

大坂なおみ「内気といって大会棄権して雑誌カバー」の批判に反論 米著名ジャーナリストとTwitterバトル
大坂選手「もっとマシな仕事をして」(2021/7/21)

“ゾンビ学”岡本健准教授に聞くゾンビの最新トレンド 「バイオハザード」シリーズは「ゾンビを復活させた」
教えてゾンビ先生!(2021/7/20)

「セルフサービスツール」を改善する方法【後編】
“使えないセルフサービスツール”を生む落とし穴とは? 対処法は
顧客が自ら製品関連情報を得られる「セルフサービスツール」の導入時に、企業が陥りがちな落とし穴は幾つかある。それは何か。どう対処すればよいのか。(2021/7/20)

Amazonタイムセール祭り2日目の注目商品は? 瓶入り「ネスカフェ ゴールドブレンド」が60%オフに
飲料・お酒が安くなっています。(2021/7/17)

CHUWI、Snapdragon 662を搭載した10.8型Androidタブレット「HiPad Pro」を発表
CHUWI INNOVATIONは、10.8型液晶を内蔵したAndroidタブレット「HiPad Pro」の発表を行った。(2021/7/16)

「映像作品から収益を得る」とはどういうことなのか 鬼滅、シン・エヴァ、ハサウェイに見るテクノロジーの破壊的変化
このところ、アニメ映画のヒットが続いているが、ビジネスとテクノロジーの変化がある。この問題を西田宗千佳さんが分析する。(2021/7/15)

Netflix、子供の視聴傾向をメールで定期報告するなどのペアレンタル機能を追加
Netflixが2つのペアレンタル機能を追加した。隔週で子供の視聴傾向を親にメールで報告する機能と、キッズ向けTOP10リストだ。メールには子供のお気に入りキャラクターの塗り絵も付いてくる。(2021/7/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」
再び緊急事態宣言に突入した。インバウンド需要はほぼ消滅し、多くの宿泊施設は苦戦しているわけだが、そうした中でもとある民泊は好調だという。どういうことかというと……。(2021/7/15)

勝地涼、21年前の山田孝之とのプリクラを公開し反響 「可愛い〜顔してるう」「めちゃめちゃ懐かしい」
当時撮影された鈴木杏さんとのカラオケ写真も公開。(2021/7/13)

パリス・ヒルトンの“料理番組”、Netflixで8月4日スタート
“元祖おさわがせセレブ”として知られるパリス・ヒルトン(40)の料理番組「パリスとお料理」がNetflixで配信される。8月4日からで、全6回。ヒルトンが自分のキッチンに友人を招待して料理を披露する。(2021/7/13)

半径300メートルのIT:
「2段階認証」スマホなくしても突破可能? “カオス”を体験しその時に備える
企業において、稼働中のサービスに意図的に障害を起こし、復旧の訓練をする「カオスエンジニアリング」という手法の採用が進んでいます。ただいきなりこの手法を実践するのも難しいと思うので、まずは個人から始めてみましょう。(2021/7/13)

「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】
セルフサービスツールの「不適切なインフラ」「時代遅れの情報」をどうなくすか
製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。(2021/7/13)

「OPPO Find X3 Pro」をじっくりと試す パフォーマンスに死角なし、カメラも先代から進化
「OPPO Find X3 Pro」が6月30日に発売された。SIMフリー版も7月16日に発売予定だ。有機ELディスプレイに約5000万画素の「デュアルフラッグシップカメラ」、遊び心のある「顕微鏡カメラ」や拡張性の高い独自OS「ColorOS」を搭載。実際の使い心地をチェックした。(2021/7/12)

細田佳央太や志田彩良など、話題の“注目俳優”4人が「人生で一番うれしかったこと」は?
「ドラゴン桜」やNetflix作品など話題作に出演する俳優たちに聞きました。(2021/7/10)

組織・制度作りは何のため?:
崩壊寸前だったVoicy 離職率67%→9%に立て直した人事責任者が語る“人事の本質”
日本の音声コンテンツ市場の先頭を走る、音声メディア「Voicy」。3カ月で利用者数が2.5倍になるなど、コロナ禍で驚異的に成長している。しかし、たった1年半前は離職率が67%にのぼり、組織崩壊寸前だったという。そんな中でVoicyに入社し、抜本的な人事改革を行ったという勝村氏。一体どのような改革を行ったのか──?(2021/7/13)

上半期の動画配信ランキング 3位『進撃の巨人』、2位『鬼滅の刃』、1位は?
2021年上半期における「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」。1位は?(2021/7/8)

「セルフサービスツール」を改善する方法【前編】
企業が「セルフサービスツール」を改善したくなる4つの原動力とは
インターネットで製品の情報を集める消費者に、企業はどのように情報を提供すればよいか。その方法の1つに「セルフサービスツール」がある。セルフサービスツールをより使いやすく改善する方法を説明する。(2021/7/8)

MAPPA、SNS上での「内部情報漏えい」に抗議 「断固とした措置をとる所存」
Twitterでは少し前に「Netflixが安い単価で発注を始めた」という告発ツイートが話題になっていましたが……。(2021/7/7)

小林プロデューサー×羽住監督のバイオ対談 空白の2006年描く、“サスペンス”としての「バイオハザード」とは
25周年を迎えた「バイオハザード」が初の連続CGドラマに挑戦。(2021/7/7)

全国初摘発「ファスト映画」急増のワケ コンテンツ過多で「時短視聴」需要も
著作権者に無断で映画の内容を10分ほどに編集して動画サイトに投稿する「ファスト映画」。こうした投稿が増えている背景には、「定額見放題」などコンテンツ過多の時代に、少しでも効率よくたくさんの作品を見たいという視聴者側の時短需要も潜んでいるようだ。(2021/7/6)

「時短視聴」需要も:
10分ほどに編集した「ファスト映画」急増のワケ
著作権者に無断で映画の内容を10分ほどに編集して動画サイトに投稿する「ファスト映画」の作成者が摘発された。違法行為はもってのほかだが、こうした投稿が増えている背景には、「定額見放題」などコンテンツ過多の時代に、少しでも効率よくたくさんの作品を見たいという視聴者側の時短需要も潜んでいるようだ。(2021/7/5)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング、「全裸監督」や「鬼滅の刃」を抑え、連続1位の作品は?
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は7月2日、「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング(6月19〜25日)」を発表した。(2021/7/2)

IT運用チームと「NoOps」【後編】
「NoOps」はクラウド移行だけで実現するのか?
「NoOps」によって運用チームの業務がなくなるわけではない。ではNoOpsで企業の運用業務はどう変わるのだろうか。クラウドサービスとの関係と併せて解説する。(2021/7/2)

Google公式アプリストアの新アプリ受付は8月からAPKではなくAABに
Googleは、8月から「Google Playストア」でのアプリ公開標準フォーマットをAPKからAndroid App Bundle(AAB)に切り替える。対象は新アプリのみ。サイドローディングのためにはAPKとAABの両方を用意する必要がある。(2021/7/1)

『ネットフリックスvs.ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図』大原通郎著 配信遅れる日本への警鐘
タイトルを見て「ネットフリックスとディズニーがインターネット動画配信で対決しているのは知っているよ」と思ったのなら、そんな人こそ読んでほしい。(2021/6/28)

“共感”から始める「CX」向上策【第5回】
「感情分析」から「自然言語処理」まで 顧客の気持ちが分かるIT製品とは?
CX向上には顧客への共感が重要であることは分かった。では企業が顧客に共感を示すためには、何をすればよいのか。その手段となり得る主要なIT製品を紹介する。(2021/6/28)

書評:
『ネットフリックスvs.ディズニー ストリーミングで変わるメディア勢力図』 配信遅れる日本への警鐘
タイトルを見て「ネットフリックスとディズニーがインターネット動画配信で対決しているのは知っているよ」と思ったのなら、そんな人こそ読んでほしい。その知っているはずのことが歴史的背景を含めて事細かに書かれており、私もこの本にのめり込んだ。知っていたつもりのことを「そうだったのか」と思わせてくれるのだ。(2021/6/27)

「人間は内面の方が大事」 → 特殊メイクで動物キャラとして出演する恋愛リアリティーショーが爆誕 Netflixで独占配信
どのシーンもカオス。(2021/6/26)

GEM Partners調査:
動画配信ランキング、「呪術廻戦」「鬼滅の刃」を抑え、2週連続トップの作品は?
GEM Partnersが発表した、定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング(6月12〜18日)では、『呪術廻戦』『鬼滅の刃』など“常連”を抑え、『東京リベンジャーズ』が2週連続でトップに。(2021/6/26)

IT運用チームと「NoOps」【前編】
Netflixに学ぶ「NoOps」が目指すべき姿とは?
「NoOps」の目標は運用をなくすことではなく、運用のプロセスを改善することにある。NoOpsとは具体的に何を意味するのか、具体例を交えて紹介する。(2021/6/25)

後悔したくなかった――注目の俳優・恒松祐里 子役から朝ドラ、「全裸監督 シーズン2」への出演を決めた“役者としての覚悟”
「おかえりモネ」「全裸監督 シーズン2」で正反対な役柄を演じる恒松さん。(2021/6/24)

「FF9」が児童向け作品としてアニメ化へ 仏アニメ制作会社がライセンス取得
シリアスな展開の原作がどうなるのか期待……!(2021/6/22)

Amazonプライムデー2日目! Fire TV Stick 4KやEcho Dotなど注目商品を総おさらい
ストックできる日用品もセール価格になっています。(2021/6/22)

Netflix、スピルバーグ監督のAmblinと複数映画製作で契約
Netflixは、スティーブン・スピルバーグ監督率いる制作スタジオAmplinと複数年契約を結んだ。Amblinが年に複数本の映画をNetflixのために制作する。(2021/6/22)

“共感”から始める「CX」向上策【第4回】
顧客からのクレーム、「とにかく一刻も早く解決」が“正解”ではない理由
企業は「顧客からのクレームを一刻も早く解決することが、顧客にとって最良のことだ」と考えがちだ。だが、それだけでは顧客の満足は得られないという。どういうことなのか。(2021/6/22)

Googleさん:
もうメインマシンでいいかも GoogleどっぷりユーザーからのChromebookのススメ
1キロ切るファブリックなChromebook、ASUSの「Detachable CM3」を買いました。AndroidやGoogleのサービスを使っている人にはお勧めです。Chrome OSの最近のアップデートでずいぶん便利になりました。(2021/6/21)

動画配信ランキング  3位「鬼滅の刃」、2位の「僕のヒーローアカデミア」、1位は?
動画配信ランキング。 3位「鬼滅の刃」、2位の「僕のヒーローアカデミア」、1位は?(2021/6/18)

スピン経済の歩き方:
ネットフリックス通販参入が、「日本のコンテンツ産業衰退」を早めるワケ
米ネットフリックスがECサイト「Netflix.shop」をスタートした。身近な話ではないので、「それが何か?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏はこのことによって「日本のコンテンツ産業が衰退するのではないか」と予測する。どういう意味かというと……。(2021/6/16)

“共感”から始める「CX」向上策【第3回】
「顧客に共感できる社員」を本気で育てる5つの方法
CX向上のためには、顧客への共感が非常に重要だ。顧客と対面する従業員の共感力を上げるために、企業は何をすればよいのか。(2021/6/15)

MGM買収で娯楽にまつわる総アマゾン化が始まる
米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが5月26日、「007」シリーズなどの製作で知られる米ハリウッドの老舗映画会社「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)」を84億5000万ドル(約9200億円)で買収すると発表しました(同日付米CNN電子版など)。(2021/6/14)

NetflixがECサイト「Netflix.shop」を米国でオープン 新進アーティストとアニメやドラマのコラボ商品を展開
米Netflixは6月10日(現地時間)、独自のECサイト「Netflix.shop」を米国でオープンした。同社が配信するアニメやドラマと、アーティストやアパレルブランドがコラボした限定グッズを販売。(2021/6/11)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?(2021/6/11)

実写ドラマ「カウボーイビバップ」、菅野よう子の参加に喜びの声 アニメOPを思わせるスタイリッシュな映像で告知
Netflix Japan「菅野よう子さんなしのカウボーイビバップはありえない」。(2021/6/9)

Netflixの実写版「カウボーイビバップ」今秋配信 音楽は菅野よう子
Netflixが2018年に制作を発表した実写版「カウボーイビバップ」が今秋配信される。オリジナルアニメで音楽を手掛けた菅野よう子さんが音楽担当だ。「ヨーコなしのビバップなんてありえない」。(2021/6/9)

"共感”から始める「CX」向上策【第2回】
「顧客への共感」をうまく伝える4つの方法
企業のCX向上の鍵になるのが顧客への共感だ。どのように共感を示せばよいのだろうか。4つの方法を紹介する。(2021/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。