ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:トラベル
質問!国内旅行→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内旅行関連の質問をチェック
質問!海外旅行→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で海外旅行関連の質問をチェック

関連キーワード

「新型コロナ 鳥取・島根に観光」記事、毎日新聞が謝罪し削除 「旅行勧めるよう受け取られかねない」
一部で「感染拡大しかねない」と批判の声があがっていました。(2020/3/29)

ドコモの「dカードU25応援キャンペーン」、18〜25歳に2500〜5000ポイントを進呈
NTTドコモは、4月1日から5月31日まで「dカードU25応援キャンペーン」を開催。期間中、新たに「dカード」「dカードGOLD」に入会した18〜25歳へ、通常の特典に加えdポイントやdトラベルのクーポンを進呈する。(2020/3/25)

タイムアウト東京のオススメ:
西葛西、プチインド旅行ガイド
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/3/24)

ラスカルのランドリーグッズがキュート 毎日の洗濯だけじゃなく銭湯や旅行のお供にもなりそうです
洗濯が楽しくなりそう。(2020/3/19)

産業動向:
矢野経済研究所がホテル国内市場調査、7年連続のプラス成長へ
矢野経済研究所は2018年度のホテルの国内市場を調査し、部門別の市場規模、参入企業動向、将来展望を明らかにした。訪日外国人旅行者の急増などを追い風に、7年連続のプラス成長で過去最高の水準となった。(2020/3/6)

乗車券、特急券など:
JR各社、手数料なしできっぷ払い戻し 新型コロナで旅行を中止した場合
JR各社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、乗車券などの払い戻しに手数料なしで対応する。通学定期券の払い戻しについても、特例措置も設けて応じる。(2020/3/2)

ソラコムが海外向けeSIMサービスを提供 QRコード不要でiOSアプリから設定可能
ソラコムが、海外で利用できるeSIMサービス「Soracom Mobile」を2020年2月21日から提供する。海外へ出張や旅行をする人を主なターゲットとした、コンシューマー向けのサービス。QRコードを読み取る必要がなく、iOSアプリからプロファイルの書き込みができる。(2020/2/21)

月刊乗り鉄話題(2020年2月版):
はいさーい!! 日本最南端の鉄道「ゆいレール」に乗ってきた
ゆいレール乗車+冬の沖縄を楽しむ乗り鉄的旅行ガイド。時には再建を願ってしんみりしましょう。【写真50枚】(2020/2/20)

SpaceXの「Crew Dragon」での民間人宇宙旅行、早ければ2021年にも実現
宇宙旅行会社Space Adventuresが、イーロン・マスク氏のSpaceXとの契約により、宇宙船「Crew Dragon」による民間人の宇宙旅行を早ければ2021年初頭にも実施すると発表した。乗船できるのは4人で、最長5日間宇宙で過ごせる。(2020/2/19)

JR全線、新幹線にもほぼ乗り放題 外国人旅行者向け鉄道パス「ジャパン・レール・パス」Web販売が可能に 2020年6月1日から
指定席予約にも対応。来日する海外の友人知人に教えてあげましょう。(2020/2/18)

スヌーピー×ジュエルナローズのトラベルシリーズ 大好物のチョコチップクッキーを頬張るスヌーピーがキュート
トラベルグッズ一式をそろえたい。(2020/2/14)

ダイヤモンド・プリンセス 全乗客の旅行代全額払い戻し
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の運航会社、プリンセス・クルーズは9日、新型コロナウイルスの集団感染が発生した今回のクルーズでの旅行代金を全乗客に全額払い戻し、無料にすると明らかにした。(2020/2/10)

仮想通貨送金に個人情報要求 FATFが求めるトラベルルールの課題
2019年6月、マネーロンダリング対策を推進するFATF(金融活動作業部会)は仮想通貨に関する勧告を公開した。この中の一つが、送金者と受取人の情報を、それぞれの仮想通貨交換業者で交換する、いわゆるトラベルルールだ。プライバシーの問題や技術的な難易度もあり、簡単には対応が難しい。(2020/1/31)

フィンランド一人旅で感じた“居心地のよさ” そのワケは…… 旅行の思い出をつづった漫画に心がほっこりする
フィンランド行ってみたくなる。(2020/1/30)

スマホが世界をちょっと狭くしたなあ
台湾を旅しました。台湾の人たちは、スマホの翻訳アプリを使って話しかけてくれ、とても親切にしてくれました。スマホがある海外旅行は、“アウェイ感”をあまり感じずに済むなあと思いました。(2020/1/29)

沖縄旅行のキャンセル1万3000人超 キャンセル料も取れず、新型肺炎の影響拡大
新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は28日、沖縄県内を訪れる観光客のキャンセル数が1万3000人を超えたと発表した。(2020/1/29)

食の流行をたどる:
「一人○○」が超“おいしい”マーケットに 「働く40代女性」を狙うべきこれだけの理由
飲食や旅行といったシーンで「一人○○」が増えている。筆者は特に40代の働く女性を狙うべきだと主張する。その理由とは?(2020/1/29)

国内で2例目の新型コロナウイルス 武漢市在住の旅行者
(2020/1/24)

今週末から日本に中国人殺到? 中国人旅行者の今春節休暇は日本が人気旅行先トップに
Trip.com Group Limitedが春節休暇のトレンド予測を発表。(2020/1/22)

周囲の目なんて関係ねえ! 小島よしおが美人妻とタイ旅行、タイ語で「愛してる」「私もよ」と連呼しあう
子虎に授乳したり、象に乗ったり、ボディアートしたり。(2020/1/19)

ANAが“国際線手ぶら旅行サービス”の実証実験へ 現地でレンタルすることで手荷物の準備や持ち運びを楽に
海外旅行がより気軽に行けるようになるかも。(2020/1/17)

今日のリサーチ:
2020年の旅行市場動向 訪日外国人は3400万人に上る見通し――JTB調べ
東京2020オリンピック・パラリンピックが本番を迎える2020年、訪日外国人旅行者数は7.9%増加して3430万人になる見通しです。(2020/1/10)

サンド伊達&富澤、オフのグアム旅行中にまさかの遭遇 一緒にトランポリンを跳ぶ仲良し展開がほっこり
1番興奮するのはグアムで遭遇したときだね。(2020/1/8)

21年卒に聞く「希望の就職先」、商社・旅行会社・メーカーが人気 IT系ではAmazonが上位に
21年に卒業予定の大学生・大学院生が、「将来はここに就職したい」と考えている企業は? 就職情報サイトを運営する学情が調査結果を発表。1位は伊藤忠商事で2位はJTBグループだった。IT企業ではアマゾンジャパン(17位)が最上位だった。(2020/1/6)

「盗まれたあー!」「総額とんでもねえ!」 武井壮、旅行先のスペインで“車上荒らし”被害に遭う
楽しい思い出が……。(2020/1/5)

今注目の「IR」……日本に必要なのか? 外国のIRに勝てるのか?
増え続ける訪日外国人旅行者。それでもIRは必要?(2020/1/5)

令和の消費、「例年よりお金を使った人」が7割 増税前よりキャッシュレス決済が増えた人は5割
最も高かった買い物1位は「旅行」。(2019/12/27)

ネットで告白相次ぐ“カスハラ”被害、実際に受けた人はどれくらい? 接客経験者に聞いた結果は……
客が接客担当者などに対し、理不尽な要求や過度のクレームなどを行うカスタマーハラスメントが問題になっている。旅行サイトを運営するエアトリが“カスハラ”についてネット調査を実施した。(2019/12/23)

荷主と旅行者を仲介:
海外旅行のついでに“おつかい”で稼ごう 「HAKOBIYA」が日本での展開に本腰
海外の商品を買ってきてほしい依頼者と渡航者をつなぐ「HAKOBIYA」。ベトナム人を中心に利用されてきたが、日本での展開に本腰を入れてきた。どのようなサービスなのか。(2019/12/18)

2019年冬のボーナス、もらえそう? もらえる人も7割が「貯金する」と回答、将来への不安が原因で
旅行や買い物は、いまやぜいたく?(2019/12/16)

シャープの「ロボホン」50体が、青森県むつ市に観光旅行?
(2019/12/11)

「キャンプに来たワン」「お泊りできたニャ」 家族旅行に出掛けたワンちゃんと猫ちゃんが楽しそうで癒やされる
グランピングを楽しみました。(2019/12/4)

“手ぶら旅行サービス”登場 服やカメラをネットで予約、宿泊先で利用・返却
ANAセールスが、服や一眼カメラなどを旅行宿泊先でレンタルできる「手ぶら旅行サービス」のモニター募集を開始。旅行者の手ぶら観光を後押しする。(2019/12/3)

韓国人客の激減に振り回される地域は、どうすべきか
日韓関係の悪化などによって、韓国内では日本への旅行を自粛する動きが出ている。結果、日本を訪れる韓国人旅行者数が大きく減少し、一部の人気観光スポットは打撃を受けているという。こうした地域はどうすればいいのか……。(2019/11/28)

温泉旅行に行きたい、でもいくら必要か分からない! そんな時に役立つ情報をまとめた「目安画像」が分かりやすい
温泉行きたくなった。(2019/11/21)

プロジェクト:
滞在型ホテル「シタディーンなんば大阪」が高島屋東別館のメインテナントとしてオープン
アスコットジャパンは現在、同社最上級ホテル「アスコット」を東京に1件、レジャー・ビジネス目的の旅行者をターゲットにしたホテル「シタディーン」を東京に2件と京都に1件、家族など向けのホテル「サマセット」を東京に3件展開している。2020年1月18日に、大阪市浪速区に「シタディーンなんば大阪」をオープンすることで、国内8軒目のホテルが開業する。(2019/11/21)

森永卓郎が異論! 『観光で行きたい都道府県ランキング』の“ワースト5”こそ素晴らしい
旅行で人気の都道府県ランキング。ワースト5にも魅力。(2019/11/19)

南アのケンタでプロポーズしたカップルに世界中から祝福の声 マクドナルド「新婚旅行プレゼントしたい」など大手企業からも続々申し出
祝い金だけでなく指輪や食料品などの提供を申し出る企業の姿も。(2019/11/19)

そういうクルマじゃねぇから! ロシアの旅行会社、BMWの高級セダンを軍用トラックと合体させる暴挙 森林ツアーで人気に
ロシアらしい、豪快さのあるオフロードカーではあります。(2019/11/18)

Airbnb初! マハラジャが住む王宮に一般旅行客も宿泊可能に
11月23日から予約スタート。年内は公開記念スペシャル料金です。(2019/11/18)

「タイムトラベル専門書店」がクラウドファンディングに成功 ホーキング博士の実験「タイムトラベラーのパーティ」開催へ
パーティの招待状を、タイムトラベラーへ閉会後に出す実験を試みます。(2019/11/13)

海外150カ国に対応する「トラベルe-SIM QRコードタイプ」登場 iPhone XS/XR/11に対応
アイツーが販売する海外渡航者向けのeSIMに、スマートフォン本体に書き込むタイプが登場した。従来の物理eSIMや貼り付けるeSIMと比べて手頃な価格を実現している。(2019/11/13)

東京駅で11月11日から:
駅で預かった荷物を当日中にホテルにお届け JR東が旅行者向けに実験開始
JR東日本スタートアップなどが、東京駅で預かった手荷物をその日のうちに指定した宿泊施設に届けるサービスの実証実験を開始した。(2019/11/12)

ストラタシス 3Dプリンティングフォーラム 2019:
余った外貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」が乗り越えたモノづくりの壁
海外旅行で余った外貨を自国で使える電子マネーなどに交換できるサービス「ポケットチェンジ」。モノづくりの経験がなかったベンチャー企業がどうやってポケットチェンジを実現させたのか? 「ストラタシス 3Dプリンティングフォーラム 2019」で披露された講演の模様をお届けする。(2019/11/8)

ロボホンと一緒に修学旅行 京都の歴史とITを同時に学ぶ教育プログラム
シャープとJTBが、ロボット型携帯端末「ロボホン」を活用した修学旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」を発売した。修学旅行にロボホンを持って行き、文化とITを同時に学べるようにする。(2019/11/5)

「遠い先だと思っていたのに」 渡辺満里奈、名倉潤と“フルムーン旅行”で2ショット
大事な時間。(2019/11/3)

今日のリサーチ:
ポイントやマイレージで顧客の離脱は防げる?――Criteoが日本の旅行顧客ロイヤルティーに関するレポートを発表
Criteoが世界1万3000人の旅行者を対象に実施した旅行業界の顧客ロイヤルティーに関する調査を基に日本版のレポートを発表しています。(2019/10/25)

生後6カ月の子猫ちゃん、飼い主さんたちとのアウトドア旅行を満喫するワイルドな姿がかわいい!
お外大好き!(2019/10/21)

Virgin GalacticがUnder Armourと共同開発した宇宙服を披露
Virgin Galacticが宇宙服開発でUnder Armourと提携したと発表した。2020年に開始予定の民間宇宙旅行向け。創業者のリチャード・ブランソン氏が宇宙服を着て披露した。(2019/10/17)

“瞬間移動”を来春にも提供開始、ANAホールディングス
アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。(2019/10/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。