ニュース
» 2012年11月05日 12時27分 UPDATE

国内パブリッククラウド市場、2016年には3000億円超え IDC予測

IDC Japanはパブリッククラウドサービスの国内市場の最新予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは11月5日、パブリッククラウドサービスの国内市場予測を発表した。PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)を中心に今後も拡大成長を続けていくという。

 調査によると、2012年のパブリッククラウド市場は前年比46.0%増の941億円になる見込みで、2016年には3027億円に達するとIDCは予測する。中でも高い成長をけん引するのがPaaSだ。既存ITの効率化から、ITを使った企業や事業活動の変革、新市場の創出を支援するビジネスへと活用の範囲を広げている。

 一方、ユーザーが求めるサービス価値の変化とベンダーのサービス開発の加速は、PaaSからIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)、自動化されたミドルウェア環境へと進んでいる。加えて、PaaSとして期待の高いビッグデータプラットフォームは、業界標準化を反映したコミュニティクラウドサービスや、ベンダーの分析ノウハウと処理技術を融合した業務支援サービス(BPaaS:サービスとしてのビジネスプロセス)へと発展しているという。

国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測 2011年〜2016年(出典:IDC Japan) 国内パブリッククラウドサービス市場 セグメント別売上額予測 2011年〜2016年(出典:IDC Japan)

 なお、パブリッククラウドサービス市場はPaaSに該当しないサービスの拡大も見られるため、今回の予測は前回調査(2012年4月)からの下方修正となった。

関連キーワード

IDC | パブリッククラウド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -