ニュース
» 2012年11月09日 07時29分 UPDATE

Twitterが手違いでパスワードを大量リセット、ユーザーに告知メールを送信

Twitterからの公式メールにはパスワードリセットのためのリンクも記載されており、スパムと混同されかねないとして批判の声も出ている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Twitterは11月8日、手違いでユーザーのパスワードを大量にリセットしてしまうトラブルが発生し、新しいパスワードの設定を促す電子メールをユーザーに送信していることを明らかにした。

 同社のStatusメッセージによれば、同社は通常の手続きとして、特定のアカウントが不正侵入されたと判断した場合、そのアカウントのパスワードをリセットして、持ち主に新しいパスワードの設定を促す電子メールを送信しているという。

 しかし、今回は手違いで不正侵入を受けていないアカウントのパスワードまで大量にリセットしてしまったといい、「ご不便をおかけしたり混乱を生じさせたことをお詫びします」と謝罪している。

tctwi001.jpg Twitterの告知

 この問題はネットメディア各社が同日、一斉に報じた。報道によれば、実際にTwitterから多数のユーザーに宛てて、パスワードのリセットを促す電子メールが届いているという。このメールには、Twitterのパスワードリセットページへのリンクも記載されていた。

 しかし、不正サイトへのリンクを掲載してパスワードのリセットを促すのは、ユーザーをだまそうとするスパムメールの常套手段にもなっている。このため、Twitterからの公式メールがスパムと混同されかねないとして批判の声も出ている。また、この混乱に乗じたスパムが出回る可能性もある。

 慎重を期すためには、メールに記載されたリンクを不用意にクリックせず、リンクの上にマウスを置いて「twitter.com」のドメインであることを確認するか、Webブラウザのアドレス入力欄にTwitterのURLを直接入力した方が安全だとする助言も紹介されている。

関連キーワード

Twitter | パスワード | 謝罪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -