レビュー
» 2012年11月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スマートフォン対策、展開拡大に向けて行われた大手ECサイトの選択

ECサイトを運営する企業にとって、これからの競争激化、スマートフォン拡大をどのように想定すべきか。それに対処しうる基盤をどう用意すべきか。このホワイトペーパーでは、ANAや楽天など、ECサイトの展開拡大を成功に導いている大手企業の事例を紹介する。

[PR/ITmedia]

 昨今のスマートフォンやソーシャルメディアの急速な普及によって、ECサイトを取り巻く課題は一層複雑化している。運営企業にとって、これからの競争激化、スマートフォン拡大をどのように想定すべきか。それに対処しうる基盤をどう用意すべきか。こうしたECサイトの課題を解決するのが「Oracle Coherence」だ。

 Coherenceは、物理サーバ横断型の共有メモリ層(メモリグリッド)を実現する。単純なキャッシュメモリとは一線を画す仕組みで、Webサイトへの膨大なリクエストに対し高い同時処理や拡張性を発揮する。

 このホワイトペーパーでは、Coherenceを導入した大手企業の事例を紹介する。Coherenceをオンライン空席照会サービスに導入した全日本空輸(ANA)、ECサイト「ヨドバシ・ドット・コム」を運営するヨドバシカメラ、全国に約2500万人もの組合員数を抱える日本生活協同組合連合会(生協)、日本最大級のECサイト「楽天市場」を運営する楽天といった、そうそうたる企業がCoherenceを導入し、劇的な成果を上げている。ECサイトを運営する企業にはマストでご覧いただきたいホワイトペーパーだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -