ニュース
» 2012年12月03日 13時57分 UPDATE

IDC Japanが予測する2013年の世界のIT市場動向

調査会社のIDC Japanは、2013年の世界IT市場を特色付ける技術や市場トレンド、ベンダーの動きなどに関する主要10項目を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月3日、2013年の世界IT市場を特色付ける技術や市場トレンド、ベンダーの動きなどに関する主要10項目「IDC Top 10 Predictions」を発表した。同社が「第3のITプラットフォーム」と呼ぶ「モビリティ」「クラウド」「ソーシャル技術」「ビッグデータ」の4つのITの成長とイノベーションが注目されるとしている。

 同社によれば、4つの成長とイノベーション領域は2012年より大きなうねりとなり、市場参入のフェーズから「食うか食われるか」の競争のフェーズに移行するという。「第3のITプラットフォーム」上のビジネスの動きはIT業界のみならず、ITを活用する産業自身の競争力にも影響を与えることになると解説する。

 IDC Top 10 Predictionsの10項目と概要は次の通り。

項目 概要
世界のIT支出 2013年の世界のIT支出は、前年比5.7%増の2.1兆ドル超となり、モビリティ、クラウド、ソーシャル技術、ビッグデータという第3のITプラットフォームと新興国市場の2けた成長にけん引される
新興国のIT支出 新興国のIT支出は前年比8.8%増の7300億ドルに達し、先進国の成長率の2倍、全IT支出の34%、全IT支出増加分の51%を占める
モバイルデバイス スマートモバイルデバイス(スマートフォンおよびタブレット)のIT支出額は前年比20%増で、全IT支出の20%を占め、IT支出増加分の57%を占める。これを除くと、IT支出は前年比2.9%増しか見込めない
ミニが牽引するタブレットの急成長 8インチ以下の画面サイズを持つミニタブレットがタブレットの出荷台数の60%を占め、2012年の33%から飛躍的に増加する
モバイルソフトウェアは総決算 ソフトウェア開発者からの「とても興味がある」という回答率が半数の壁を越えられないと、モバイルプラットフォームは衰退の道を歩み始める。現在、その回答率は、マイクロソフトでは33%、RIMは9%である
SaaS技術の買収合戦が過熱 今後20カ月間にSaaS技術の買収に250億ドル以上が支出され、過去20カ月の170億ドルから増加する
業種特化型PaaS(Industry as a Service)の台頭 2012年には100以下であった業種特化型のパブリッククラウドサービスプラットフォームが、2016年までに10倍に増える。一方、水平型PaaSはコモディティ化する
事業部門トップ(LOB Executives)の役割が増加 2016年までにIT投資の80%以上の案件に事業部門トップが関わることとなり、さらにその中の半数以上で、事業部門トップが最終意思決定者となる
第3のITプラットフォームデータセンターによる市場破壊 コンバージドシステムとSDN(Software Defined Networks)がデータセンター市場の成長をけん引し、市場シェアに変動をもたらす。BYOID(Bring Your Own ID)がエンタープライズセキュリティ分野にコンシューマライゼーションをもたらす
ビッグデータ:検索から発見、予測へ ビジュアル探索、予測分析、テキストおよびリッチメディア分析分野で、ビッグデータ技術の買収が起こる

関連キーワード

IT投資 | IDC | 2013年


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -