ニュース
» 2012年12月06日 15時30分 UPDATE

「Wintel時代は終わった」とSFDCベニオフ氏 都内で「カスタマー革命」を披露

Cloudforce Japanの基調講演に立った米Salesforce.comのマーク・ベニオフCEOは「われわれは10年も前からクラウド革命を予見していた」と主張。「Wintel時代はもう終わり」と話す。

[石森将文,ITmedia]
mi_beniof.jpg 米Salesforce.comのマーク・ベニオフCEO

 セールスフォース・ドットコムは12月6日、都内で「Cloudforce Japan」を開催。米国からマーク・ベニオフCEOも来日し、基調講演に立った。

 ベニオフ氏は聴衆に対し、IBMによる調査、Global CEO Study 2012の一節を紹介する。それは“今、急激かつ根本的な変化が起こりつつある。クラウド、モバイル、ソーシャルという潮流が一体となって顧客、社員、パートナーをまったく新しい形で結び付け始めた”というものだ。

 ベニオフ氏はこの話に同意しながらも「これはわたしが10年前から言い続けてきたことだ」と胸をそらす。「わたしが今考えているのは、モバイル革命やソーシャル革命の先にある“カスタマー革命”だ。それはわれわれの顧客自身が、その顧客とまったく新しい形でつながるということだ」

 ベニオフ氏のキャリアはエンジニアから始まったという。「AtariやApple II、Amigaなどを使ってきたが、時代が変わるとシェアも変わった」と振り返る。「そして今、Winel(Windows OSとIntelプロセッサによるコンピューティング)によるイノベーションは終演を迎え、新しい時代が始まろうとしている」とベニオフ氏は話す。

mi_cf2.jpg ベニオフ氏は「Wintel時代は終わった」と主張する

 ベニオフ氏は他にもいくつかの「革命」を紹介する。まずは「タッチ革命」だ。「今やコンピューティングの主流はタッチ操作であり、キーボードやマウスによるオペレーションはもう古い」とベニオフ氏。「タッチ時代のOSが複数登場し、Windowsですらタッチ操作になった」

 「ローカル革命」もあるという。「人々がスマートフォンやタブレットを利用することで、電車の中でも家庭でも職場でも位置情報が得られる」(ベニオフ氏)。これらいくつかの革命を総合することでもたらされるのが、前述のカスタマー革命なのだという。

 カスタマー革命によって企業は、顧客とより親密な関係を結べる。「しかし」とベニオフ氏は問いかける。「皆さんの会社はカスタマーカンパニーになっているだろうか? 顧客とつながっているだろうか?」

 ベニオフ氏は、88%もの経営者が「顧客とより親密な関係を構築すること」を優先事項として挙げている、という(IBMによる)調査結果を紹介する。「どんな偉大な企業でも、経営者の悩みは同じということだ。企業にとって今後10年間のトピックは、規模の大小を問わず、本当の意味でのカスタマーカンパニーになるということだ」

 「Dellはテキサスのオフィスにソーシャルメディアコマンドセンターを設け、顧客の動向をモニタリングしている。ペプシコーラも同様だ。われわれはプロダクト、社員、パートナー、顧客をつなぎ、さらにその先の顧客とまで関係構築できるマーケティングプラットフォームを提供する」(ベニオフ氏)

mi_sf1.jpg 「顧客との接点が一変する」とベニオフ氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ