ニュース
» 2012年12月20日 14時00分 UPDATE

中堅・中小の有力企業、IT支出は増加傾向 IDC

IDC Japanは、業績を伸ばす国内中堅・中小企業のIT支出動向を調査した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは12月20日、国内の有力な中堅・中小企業(従業員999人以下)のIT支出動向について発表した。パブリッククラウドやスマートフォン、タブレット端末などの積極的な活用が目立つという。

中堅・中小企業の経営の課題(出典:IDC Japan) 中堅・中小企業の経営の課題(出典:IDC Japan)

 調査によると、2011年度(会計年)の売上高が増加した中堅・中小企業の多くはIT支出を拡大させており、2012年度のIT支出予算を「増加」とする回答が48.3%と、「減少」(13.0%)を大幅に上回った。2013年度以降も業績が堅調な企業ではIT支出の拡大が継続するとみている。支出分野については、セキュリティ強化、コンプライアンス対応、社内情報共有による社内体制強化などが挙げられている。

 一方で、人材不足によるIT導入および運用などに課題を感じる企業が多い。そうした課題を解決するためにパブリッククラウドを活用するほか、スマートフォンやタブレットなどを採用して業務効率化を図っているという。

関連キーワード

IDC | IT投資 | SMB


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -