ニュース
» 2013年01月07日 17時47分 UPDATE

Microsoft、米国防総省から約6億ドルの契約獲得

米国陸軍、海軍、国防情報システム局の職員が、Windows 8、Office 2013をはじめとするMicrosoftの最新技術を導入する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月4日(現地時間)、米国陸軍、海軍、国防情報システム局(DISA)にWindows 8やOffice 2013などを含むITシステムを納入する大規模な3年間のライセンス契約を獲得したと発表した。

 契約総額は6億1700万ドル。これにより、米国防総省(DoD)の職員の75%がMicrosoftの製品を使用することになる。陸軍のCIO(最高情報責任者)によると、今回の契約で年間7000万ドルの経費削減になるという。

 この契約により、上記の各組織はデータセンター、コラボレーション、サイバーセキュリティ、モバイル、クラウドコンピューティング、ビッグデータといった分野でMicrosoftの最新技術を活用する。DoDは「われわれのエンタープライズモビリティエコシステムの一部として、Microsoftのモバイル製品を活用していく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -