ニュース
» 2013年01月07日 23時12分 UPDATE

UCCに不正アクセス、会員情報に改ざん被害

会員の個人情報の外部流出は確認されていないという。

[ITmedia]
ucc0107.jpg 不正アクセスに関する告知

 UCC上島珈琲は1月7日、同社サイトの会員の個人情報が改ざんされる被害に遭ったと発表した。発表時点で会員の個人情報が外部に流出した事実は確認されていないと説明している。

 同社によると、4日に同社のWebサイト担当者が会員向けサービスのデータに異常があるのを発見。Webサイトの運営委託会社および外部セキュリティ専門調査機関が調査し、2日午後3時から午後10時ごろの間に一部サーバへ不正アクセスの痕跡が見つかったという。同社は5日午前3時にサービスを停止し、警察に被害届を提出した。

 サイト会員は約47万人で、氏名、住所、性別、メールアドレス、電話番号、ID番号、パスワードをサーバで管理していた。情報発信などを主目的としていたために、クレジットカード番号や銀行口座などの情報は保持していないという。

関連キーワード

UCC | 不正アクセス | 改ざん


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -