ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UCC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

UCC上島珈琲

不断の研究開発が支える:
PR:電源業界の“不変の課題”、高電力密度をかなえる4つのイノベーション
電源において、常に最も重要な課題の一つとなっているのが電力密度だ。電力密度の向上は、電源サイズの縮小、部品点数の減少、システムコストの削減など、多くのメリットに直結している。Texas Insrtuments(TI)は、4つの主要分野において、電力密度の向上におけるイノベーションをけん引している。(2020/9/29)

あの会社のこの商品:
10万台以上売れているUCCの「ドリップポッド」、人気の秘密は?
UCC上島珈琲といえばコーヒー飲料の印象が強いが、実はコーヒーマシンも開発している。それを用いた一杯抽出型コーヒーシステム「ドリップポッド」が売れている。開発担当者にヒットの秘密を聞いたところ……。(2020/8/6)

プロフェッショナルサービスを提供開始:
ソラコムがSIM契約の「コンテナ化」などを発表、ソリューション指向を強める
ソラコムは2020年7月14日、年次イベント「SORACOM Discovery 2020 ONLINE」で「プロフェッショナルサービス」「エンジアリングサービス」を発表した。これらを通じて顧客のIoTソリューション構築への直接的な支援を進める。また、「SIMのコンテナ化」など多数の新機能を発表した。(2020/7/14)

LINE上で動く「ミニアプリ」、登録受け付けスタート 注文アプリなどLINE内に集約
LINEが「LINE」アプリ上で企業が自社サービスを展開できるWebアプリケーション「LINEミニアプリ」の登録を受け付け始めた。(2020/7/2)

電源設計のヒント:
アクティブ・クランプ・フライバック設計を最適化する方法
高周波数のスイッチングでも、フライバックトポロジを最適化して効率をはるかに高められる新しい方法があります。この記事では、ゼロ電圧スイッチング(ZVS)が可能なアクティブクランプフライバックトポロジで電力密度を高められる仕組みを説明し、さらなる効率向上のためにトポロジを最適化する2通りの方法を紹介しようと思います。その1つはスイッチノード容量の削減、もう1つは2次共振回路の利用です。(2020/6/29)

かつてない電力需要増に応える:
PR:IoT/AI時代の“立役者”、次世代パワーICはさらなる高電力密度化へ
IoTとAIの時代が到来し、さまざまな機器で膨大な量のデータが処理され、グローバルなレベルでデータが行き交うことから、増加する電力需要に応えられる拡張機能を備えたパワーエレクトロニクス製品が求められている。Texas Instruments(TI)は、こうした要件を満たす、高い電力密度や変換効率を実現した最新のGaN製品や降圧型DC/DCコンバータを展開している。(2020/5/27)

「楽天モバイル」の課題は“認知不足”? 三木谷氏がサービス開始後の1カ月を振り返る
楽天の三木谷浩史会長兼社長は、4月8日に本格サービス開始した「楽天モバイル」について「順調な門出をした」と評価した。契約獲得の進展は想定通りだという。2021年3月までに楽天エリアの人口カバー率70%を目指す。(2020/5/13)

日本TI UCC12050:
強化絶縁5kVrmsの小型DC-DCコンバーター
日本テキサス・インスツルメンツは、小型で高効率の絶縁型DC-DCコンバーター「UCC12050」を発表した。大きさは10.3×10.3×2.65mm、16ピンSOICパッケージで提供し、既に量産を開始している。(2020/3/5)

PR:大切な思い、伝えてますか? 「1本の缶コーヒー」で結ばれる絆を描いた短編動画が泣ける
3つの物語です。(2020/3/4)

小型形状でEMI性能を最適化:
日本TI、高電力密度の絶縁型DC-DCバイアス電源
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、小型パッケージを採用した絶縁型DC-DCバイアス電源として2製品を発表した。(2020/2/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる
再建途上のダイエーが黒字化しそうになっている。一大流通帝国を築いた道のりを振り返る。なぜ、今になって復活の光が見えてきたのか。(2020/1/15)

2019年で50周年:
UCC、缶コーヒーで食品業界発の「色彩のみ」商標登録 申請から4年越し“悲願”の裏側
UCC上島珈琲は、UCC ミルクコーヒーの色彩デザインを商標登録したと発表した。2015年の出願から4年越しの登録となった。特許庁やUCC上島珈琲の担当者に経緯などの話を聞いた。(2019/12/18)

茶色・白・赤 UCCミルクコーヒーの3色が「色彩のみからなる商標」に登録
色だけで分かるってすごい。(2019/12/12)

PR:自称芸能界一の「UCC BLACK無糖」愛飲家 カンニング竹山さんがガチ勢すぎた
あの人の「UCC BLACK無糖」愛が本物か審判してきました!(2019/11/15)

d払いの「ミニアプリ」が11月28日に提供開始 “10%還元”キャンペーンも
NTTドコモが、d払い上で加盟店のサービスが使えるようになる「d払い ミニアプリ」を提供する。まずはJapan Taxiのミニアプリを11月28日から利用できる。12月10日からは吉野家やローソンのミニアプリも提供される。(2019/10/11)

「世界猫の日」記念 猫ちゃんがほっこりする8つの方法をご紹介
猫もほっこり人もほっこり。(2019/8/8)

どのデザインを覚えてる? 「UCC ミルクコーヒー」の復刻デザイン缶 7月1日発売
誕生50周年記念です。(2019/6/26)

PayPay、4月26日に最大20%(上限1万円)のボーナスを付与するキャンペーン
スマホ決済サービス「PayPay」は、4月26日に「4月26日はプレフラPayPay!キャンペーン」を開催。同日15〜18時にPayPayで支払ったユーザーを対象に、支払金額から最大20%(上限1万円相当)のPayPayボーナスを付与する。4月26日から5月6日までの「キャッシュレスウィーク」期間中は「第2弾100億円キャンペーン」も実施中だ。(2019/4/23)

PR:「六本木1-1-1」って六本木ヒルズじゃないって知ってた? UCCの限定カフェに行ってきた
UCCの新コーヒー発売イベントを「六本木1-1-1」でやってたのー。(2019/3/28)

「QUOカードPay」開始、1億円分が当たるプレゼントキャンペーンも
クオカードは、3月26日にスマートフォンで使えるデジタルギフト「QUOカードPay」を提供開始。全国のローソンで利用でき、同日から「QUOカードPay」1億円分が当たるプレゼントキャンペーンを実施する。(2019/3/26)

強さを数字で読み解く:
女子向けワイン酒場「ディプント」をヒットさせたプロントの“緻密な戦略”
プロントが運営する女性向けワイン酒場「ディプント」。2009年に1号店をオープンしてから40店舗近くまで増えた。ヒットの要因と強さの秘密を解き明かしていく。(2019/3/5)

「ドトールは英語でいうとdoctor」「コメダは創業者の名字ではない」 意外と知らない“有名コーヒーチェーンの名前の由来”
看板はよく見るけど。(2019/2/17)

PR:「缶コーヒーは円柱だから持ちやすい」って知ってた? UCCが力業すぎる動画を公開中
当たり前のことを大げさに言っていくスタイル。(2018/12/10)

LINEウォレット、ポイントカードやクーポンを一括管理できる機能を追加
LINEウォレットへ、新機能「マイカード」と「LINEクーポン」が登場。ポイントカードや会員証の情報を一括して管理できるほか、全国の店舗で展開するクーポンを集約して利用することができる。(2018/10/31)

いくつ知ってる? 旅好きが選ぶ「日本の美術館・博物館ランキング2018」発表
ロケーション込みで楽しめそうな施設が数多くランクインしました。(2018/10/23)

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

Design Ideas アナログ機能回路:
PWMコントローラーのデューティをクランプ
電流検出トランスなどを利用する電源回路においては、PWMコントローラーからの制御信号のデューティサイクルをクランプする機能が必要となるが、多くの電源回路ではコスト低減のために、その機能を持たないPWMコントローラーが使用される。そこで本稿では、そうしたPWMコントローラーを使う場合に、低コストでクランプ機能を付加するための回路を紹介する。(2018/1/15)

「ダークソウル」の原点がNintendo Switchで復活 「DARK SOULS REMASTERED」発売決定
1月11日のNintendo Direct miniで突如発表に。(2018/1/11)

電源設計:
フライバックコンバーター設計の検討事項
フライバックコンバーターは、絶縁型パワーコンバーターで最もコストを抑えることのできる選択肢なのだが、設計が複雑そうに見え、敬遠されがちだ。本稿では、DC53V入力から12V、5Aを出力する連続導通モード(CCM)フライバックコンバーター回路を例に挙げながら設計上の重要な検討事項について考察し、フライバックコンバーターを用いるための一助としたい。(2017/11/22)

日本TI UCC256301:
スタンバイ電力40mW以下のLLC共振コントローラー
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、高電圧ゲートドライバを集積したLLC共振コントローラー「UCC256301」を発表した。スタンバイ電力は40mW以下で、10%負荷時に90%以上の効率を提供する。(2017/11/14)

乗り物を見るとワクワクする 工場見学&社会科見学ランキング2017 1位は3年連続で「トヨタ産業技術記念館」
初登場は4施設。(2017/7/25)

業界初のシステムを導入したところ:
コーヒーと料理の相性を分析して、何が分かったのか UCCの試み
UCC上島珈琲が、コーヒーとフードの相性を科学的に分析することができるシステムを導入した。その名は「フードマッチングシステム」。なぜ、このようなシステムを導入したのか。また、どのような効果が生まれているのか。(2017/3/9)

PR:勢いがある企業はここが違う 柔軟な働き方で成果を生む“ちょいコア”オフィス移転とは?
「働き方改革」が叫ばれる中、企業のオフィス立地の考え方にも変化が起きている。何が何でも都心部ではなく、ある程度の集積のメリットは持ちつつも、快適なワークスタイルや住環境の良さなどを実現するような“ちょいコア”が注目を集めている。(2016/11/14)

Design Ideas パワー関連と電源:
スペクトラム拡散で電源回路のEMIを低減
スイッチング電源は雑音の発生源として悪名が高い。いわゆるスイッチング雑音を発生するからだ。この雑音は配線パターンなどを介して放射電磁雑音(EMI)となり、電源回路の外部の周辺回路などに飛び込む。対策としては、EMIフィルターを使う方法が考えられるが、実装に要する基板面積が大きくなり、部品コストも増えてしまうため難しい。そこで、今回は、スイッチング電源のスイッチング周波数を変調することで、EMIを低減する方法を紹介する。(2016/8/30)

Texas Instruments UCC21520:
強化絶縁性能を備えた2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー
日本テキサス・インスツルメンツは、強化絶縁性能を備えた2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー「UCC21520」を発表した。(2016/8/9)

日本TI UCC21520:
伝搬遅延時間19ナノ秒の絶縁型ゲートドライバー
日本テキサス・インスツルメンツは、2チャンネル内蔵の絶縁型ゲートドライバー「UCC21520」を発表した。最大12.8kVのサージ耐性や100V/ナノ秒以上の同相過渡耐性を提供する。(2016/7/29)

総務・人事・経理ワールド2016:
16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス
働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポをお届けする。(2016/7/15)

外食で痩せる!:ボリュームたっぷり 上島珈琲店の「海老アボカドサンド」
(2016/6/27)

現行体制でも十分に戦える!:
TI、車載向けの豊富な製品群と参照設計を提供
TIは、幅広い製品ポートフォリオや半導体プロセス/パッケージの技術革新などにより、車載半導体事業の拡大を図る。(2016/6/20)

「ジョージア」ブランドがコーヒーバッグ市場に参入 高齢者など取り込み
日本コカ・コーラは、缶コーヒー「ジョージア」の新商品「ジョージアカフェ コーヒーバッグ」シリーズを発売する。(2016/3/1)

日本TI UCC27714:
従来より40%高速動作する600VゲートドライバIC
日本テキサス・インスツルメンツは、サーバや産業用製品の電源により高い電力密度を供給するゲートドライバ「UCC27714」を発表した。既存のICと比較して40%高速動作を可能にするという。(2015/10/19)

タイガー、2種類のドリップが楽しめる1杯抽出用コーヒーメーカー
タイガー魔法瓶が、2種類のドリップを選べる1杯抽出型のコーヒーメーカー「ACV-A100」を発表した。(2015/9/3)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
モバイルヘルスと個人情報保護の両立の最前線とは
「EU個人データ保護規則」制定化への動きは、欧州各国のモバイルヘルス(携帯機器活用医療)推進施策にも大きく影響する。グローバルな医薬品・医療機器企業の欧州拠点が集中するアイルランドではどのようなことが起きているのだろうか。(2015/7/28)

競合が3社合併しないと追い付けない:
TI、圧倒的な品ぞろえでIoT市場を攻略
Texas InstrumentsのシニアバイスプレジデントのSteve Anderson氏が来日し、成長が見込まれるIoT市場に重点を置く、同社アナログIC事業の戦略を語った。(2015/7/22)

本格的なコーヒー:
家で“サードウェーブを楽しめる、UCCが「DRIP POD」を発表
UCC上島珈琲は、家庭用の一杯抽出型コーヒードリップ「DRIP POD(ドリップポッド)」を発売する。農園や商品開発など地球規模でコーヒー事業を展開していることをアピールするそうだが、本格志向のコーヒー好きの心をつかむことができるのだろうか。(2015/3/20)

ネスレ、コーヒーを平均20%値上げ 4月1日より
コーヒー生豆価格上昇、円安の影響。(2015/2/25)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「ルンバ、トリダス、UCCミルクコーヒー」――ヒットの影にニーズの断捨離あり
事業戦略をいかに立てるか……。戦略とは「戦いを略(はぶ)く」ことであり、お客さまが買う理由を考え抜くことから始まる。(2015/2/2)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
アイルランドにみるビッグデータとセキュリティの世界動向
多数のインターネット企業が欧州の拠点を構えるのがアイルランドだ。北海道とほぼ同じ面積の小国ながら、ビッグデータの利活用とセキュリティやプライバシーなどにおける取り組みが注目されている。(2014/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。