ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーヒー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ドトールの新メニューが爽やか コーヒーや紅茶が炭酸レモネードと甘酸っぱいマリアージュ
「ミラノサンドB 海老とアボカド・サーモン〜タルタル仕立て〜」も同時発売。(2020/7/8)

PayPayボーナス100万円分がチャージ済み 「BOSS」オリジナル5Gスマホが当たるキャンペーン
サントリー食品インターナショナルが7月7日から、同社の缶コーヒー「BOSS」とソフトバンクのコラボレーション企画「クラフトボス5G!当たる!」キャンペーンを開催する。BOSSオリジナルの5Gスマートフォン「クラフトボス5G」が抽選で5人にプレゼントされる。(2020/7/2)

子猫さん、そこで寝ちゃうのかよっ! コーヒーテーブルの意外な場所でくつろぐ猫がかわいい
最初から猫ちゃんの場所だったかのようなフィット感。(2020/7/2)

テレワークの“朝”は自動化できるか? 「スマート全自動コーヒーメーカー」を試す
“スマート”なコーヒーメーカーがプラススタイルから登場。(2020/6/24)

魔法瓶のサーモスがコーヒーショップを東京でオープン マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店
有料のテイクアウト用カップや、オリジナルのタンブラーも販売。(2020/6/23)

マイボトル推奨で量り売り、テイクアウト専門のコーヒー店をサーモスが展開
魔法びん製造大手のサーモスが、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門コーヒーショップ「THERMOS COFFEE TO GO」を東京の西新橋と大手町にオープンする。量り売りやサブスクリプションサービスも導入する。(2020/6/23)

アプリや音声で操る「スマート全自動コーヒーメーカー」、+Styleが発売 家電連携で「毎回操作する必要はない」
プラススタイルがWi-Fi対応の「スマート全自動コーヒーメーカー」を発表した。アプリやスマートスピーカーによる操作に加え、家電連携にも対応する。(2020/6/11)

プラススタイルが「スマート全自動コーヒーメーカー」を投入する理由
プラススタイルが6月25日に「スマート全自動コーヒーメーカー」を発売する。コーヒー豆と水をセットしておくことで、アプリからの操作でコーヒーを入れられる。同社は「キッチン」向けの製品を強化し、「寝ている間に小人が動くような」世界を目指す。(2020/6/11)

「トムとジェリー」が「タリーズコーヒー」と初コラボ! コーヒータイムもドタバタしている2匹がかわいいタンブラーやエコバッグになりました
コラボならではのイラストがすてき!(2020/6/9)

コメダ珈琲オリジナルグッズ&コーヒーチケットががっつり入ってます! コメダ珈琲サマーバッグが予約受付開始
お店で予約受付中です!(2020/6/5)

缶コーヒー「BOSS」の新CMが、過去映像の再編集なのに感動的 「今までの集大成をここで出してくるなんて」
「ただこの惑星の住人は、宇宙人のアドバイスなどなくても、やるときはやる」。(2020/5/30)

【漫画】人の血を求める魔剣にテキトーな飲み物を与えてみたら…… 「次はコーヒー」「赤ワイン」と読者から追加注文続出
一番おいしい飲み物を知るまで帰れま10。(2020/5/30)

スタバ対抗の中国コーヒーチェーンが経営危機
中国の新興コーヒーチェーン、瑞幸珈琲(ラッキンコーヒー)が経営危機に陥っている。(2020/5/11)

タイムアウト東京のオススメ:
オンラインで買いたい、ロースターのコーヒー豆5選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/4/21)

「蘇の作り方をコーヒー牛乳でやったらどうなるんや!」→ 形容しづらい茶色いビジュアルのなにかが出来上がる
とにかくビジュアルが強烈でした……。(2020/4/17)

医療支援:
ローソンが医療従事者に「スイーツ半額」 新型コロナ感染者が療養するホテルには食事を提供
ローソンが「医療応援策」を発表。新型コロナウイルスの感染者が療養するホテルなどの宿泊施設に食事を提供する。病院内のローソンでは医療従事者にスイーツやコーヒーを半額で提供する。(2020/4/9)

落ち込む母を思いやって娘がカフェ店員に変身 コーヒーとお菓子を届けてくれたほっこりエピソード
ただし、お茶うけはなぜかスルメ。(2020/4/6)

いつも同じ時間に来てブラックコーヒーを買う女の子 お客さんが気になる店員さんの漫画にキュン
何か始まりそう。(2020/3/27)

使い捨てプラスチック削減の実験も:
スタバが新宿御苑に出店、民間企業として初 国産木材で包まれた空間に
スターバックスコーヒージャパンは3月20日、国民公園「新宿御苑」に新店舗を出店する。民間企業としては初めて。自然との調和を目指す店舗となる。(2020/3/18)

キーコーヒーが同社初のアルコール飲料を発表 創業100周年を記念
アラビカ種のコーヒーにシナモンなどを加えたコーヒーリキュールです。(2020/3/6)

広がる影響:
新型コロナでどうなる? コストコの試食、カルディのコーヒーサービス
影響を広げる新型コロナウイルス。カルディではコーヒーサービスを当面休止する。トイレットペーパーの小分け販売を開始したコストコの「試食」はどうなる?(2020/3/6)

カルディの「春のキャニスター缶セット」今年は桜モチーフ! ピンクのキャニスター缶&陶器メジャースプーン&コーヒー豆がセットに
春だ〜!(2020/3/5)

PR:大切な思い、伝えてますか? 「1本の缶コーヒー」で結ばれる絆を描いた短編動画が泣ける
3つの物語です。(2020/3/4)

新型コロナ感染予防へ:
スタバ、容器を使い捨てに切り替え 持参タンブラーへの提供は休止
スターバックスコーヒージャパンは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、店舗オペレーションを一部変更。紙製カップやプラスチック製食器を使用するほか、持参タンブラーにドリンクを入れて提供するサービスは一時休止する。(2020/3/2)

砂時計のようなコーヒーメーカー、デロンギが発売 アイスコーヒーモード搭載
デロンギ・ジャパンがアイスコーヒーモードを搭載したドリップコーヒーメーカー「デロンギ クレシドラ」を発売する。(2020/2/19)

本物そっくりなカルディグッズのミニチュアフィギュア! ちっちゃなコーヒーアイテムがもらえるキャンペーン
集めて並べたい。(2020/2/19)

「彼は元気ですよ」 坂口憲二、兄との2ショットで元気な姿見せる 現在はコーヒー焙煎士
元気そうな笑顔に反響が寄せられています。【訂正】(2020/2/17)

カルディ「ニャンコーヒーセット」 キュートな猫の巾着に“ニャンコーヒー”とレーズンサンドを詰めてます
甘いレーズンサンドでおいしいコーヒータイム。(2020/2/6)

製品動向:
分譲マンションの共用部サブスク、月額500円で設備やオカムラの家具を更新
日鉄興和不動産は、subsclifeのサブスクリプションプラットフォームを活用したマンション共用部の家具や設備をニーズに合わせて更新できるサブスクリプションサービスを開始する。入居者は月額500円の共益費で、共用部のコーヒーマシンやWi-Fi機能、ネットワーク複合機、オカムラのオフィス家具が設置されたワークスペースを利用することができる。(2020/2/3)

雪道で猫たちのしっぽが氷漬けに 通りがかった男性のホットコーヒーが命を救う
3匹とも無事に救出され、新しい家族の元へ。(2020/2/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「おにぎり100円」「コーヒー80円」のミニストップ 値下げ以外に求められる“大改革”
「おにぎり100円」に続き、コーヒーを80円に値下げしたミニストップ。相次ぐ値下げで一定の成果は出てきている。大きく引き離された大手3社に追い付くために必要な戦略は?(2020/1/28)

司書みさきの同人誌レビューノート:
ビーカーを日用品として使うという発想 ビーカーを愛しすぎた人たちがまとめた同人誌が新たな扉を開きそう
ビーカーで飲むコーヒーはロマン。(2020/1/26)

なぜ「冷コー」は消えたのか
大阪でアイスコーヒーを意味する「冷(れい)コー」。今やほとんど使われなくなったが、昭和の雰囲気が濃厚に残る大阪・新世界(大阪市浪速区)では「冷コーあります」というポスターが店頭などに掲げられている。(2020/1/21)

「冷コー」は死語? 2割知らず7割使わない
大阪で親しまれてきたアイスコーヒーを指す「冷(れい)コー」という言葉がほとんど聞かれなくなった。大阪市中心部で、道行く人たちに聞くと、2割以上が知らず、7割が知っているものの使っていなかった。(2020/1/20)

CES 2020:
「Googleアシスタント」の今年の新機能は家族用掲示板や家電の起動予約など
Googleが、CES恒例の「今年提供予定のGoogleアシスタントの新機能」を紹介した。家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。(2020/1/8)

2020年1月6日から:
ミニストップが店内のコーヒーを80円に値下げ おにぎり100円に続く戦略
ミニストップが店内で提供するコーヒーを値下げ。一部のコーヒーの本体価格を93円から80円にする。「おにぎり100円」に続く戦略。(2019/12/27)

2019年で50周年:
UCC、缶コーヒーで食品業界発の「色彩のみ」商標登録 申請から4年越し“悲願”の裏側
UCC上島珈琲は、UCC ミルクコーヒーの色彩デザインを商標登録したと発表した。2015年の出願から4年越しの登録となった。特許庁やUCC上島珈琲の担当者に経緯などの話を聞いた。(2019/12/18)

長年の問題「通勤ラッシュ」:
満員電車にNO! 優雅に座ってバス通勤、広がる? 朝食付きサービスも
ビジネスパーソンの悩みの種「満員電車」。テレワークやフレックス制度の導入でやや緩和しているが、まだまだ朝夕の混雑は激しい。そんな中、郊外などから都心へ向かう優雅なサービスが出始めた。中には朝食、コーヒー付きのものも……。(2019/12/12)

茶色・白・赤 UCCミルクコーヒーの3色が「色彩のみからなる商標」に登録
色だけで分かるってすごい。(2019/12/12)

試用段階:
“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで
食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。(2019/12/9)

タリーズコーヒーの福袋「2020 HAPPY BAG」 使い勝手がよさそうなオンワードコラボのトートバッグ入りセットも
予約受付がスタートしています。(2019/12/5)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

2020年福袋:
毎年人気のカルディ福袋! 定番のコーヒーに、お菓子やワインなど、おいしい中身を紹介します
お得な福袋がもりだくさん!(2019/12/3)

「オフィス以外」のどこにコーヒー売り込む?:
ネスレ日本、「アンバサダーの次」のコーヒーマーケティング戦略とは 
アンバサダー活用でオフィス需要を取り込んできたネスレ日本。今回、決済機能を搭載したコーヒーマシンで新市場を狙う。ネスレアンバサダーの「次」のマーケティングとは?(2019/11/29)

幸楽苑、創業以来初となる「幸楽苑カフェ」を富士宮にオープン らーめんの後にケーキとコーヒーも頼める夢の店舗
富士山が見える最高のロケーション。(2019/11/21)

「まさに人海戦術」「缶コーヒーのCMかな?」 JR東「山手線」線路工事の様子が「こんな光景みたことない」と話題に
すごいな。(2019/11/16)

レジでコーヒーブレイク!? 旅先で見かけたゆるく働く人を描いた漫画 日本の働き方との違いにビックリ&ほっこり
心に余裕をもって仕事できたらいいな。(2019/11/5)

「俺がトースト焼くからゆっくり寝てろ」「私がコーヒーいれるから寝てろ」 ケンカ腰でいたわりあう仲良し夫婦の漫画が和む
このツンデレバカ夫婦! ごちそうさまありがとう!!(2019/11/4)

1964年から2020年へ:
「無駄なことをやり続ける」 喫茶店不況の中、創業55年のレトロ喫茶が人気のわけ
喫茶店の倒産が相次いでいる。東京商工リサーチによると、2019年1〜8月の期間で倒産した喫茶店は42件。過去20年の中で最多ペースに並ぶ勢いだ。こうした中で、新宿にあるレトロな“純喫茶”が9月、新たな店を西新宿に出店した。店名は「珈琲西武」。新宿三丁目にある1号店は1964年にオープンし、今年で55年目を数えるほどの老舗純喫茶だ。喫茶店チェーンでは、200円台からコーヒーが飲める店も増えている中、珈琲西武のコーヒーは最低でも600円。それでも、平日や休日を問わず入店待ちの行列ができるほどの人気ぶりだという。(2019/10/28)

スタバの会員ページで不正ログイン被害 入金機能を一時停止
スターバックス コーヒー ジャパンが「My Starbucks」で数件の不正ログインを確認したと発表した。「スターバックス カード」に入金できる機能を停止。(2019/10/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。