ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーヒー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

砂時計のようなコーヒーメーカー、デロンギが発売 アイスコーヒーモード搭載
デロンギ・ジャパンがアイスコーヒーモードを搭載したドリップコーヒーメーカー「デロンギ クレシドラ」を発売する。(2020/2/19)

本物そっくりなカルディグッズのミニチュアフィギュア! ちっちゃなコーヒーアイテムがもらえるキャンペーン
集めて並べたい。(2020/2/19)

「彼は元気ですよ」 坂口憲二、兄との2ショットで元気な姿見せる 現在はコーヒー焙煎士
元気そうな笑顔に反響が寄せられています。【訂正】(2020/2/17)

カルディ「ニャンコーヒーセット」 キュートな猫の巾着に“ニャンコーヒー”とレーズンサンドを詰めてます
甘いレーズンサンドでおいしいコーヒータイム。(2020/2/6)

製品動向:
分譲マンションの共用部サブスク、月額500円で設備やオカムラの家具を更新
日鉄興和不動産は、subsclifeのサブスクリプションプラットフォームを活用したマンション共用部の家具や設備をニーズに合わせて更新できるサブスクリプションサービスを開始する。入居者は月額500円の共益費で、共用部のコーヒーマシンやWi-Fi機能、ネットワーク複合機、オカムラのオフィス家具が設置されたワークスペースを利用することができる。(2020/2/3)

雪道で猫たちのしっぽが氷漬けに 通りがかった男性のホットコーヒーが命を救う
3匹とも無事に救出され、新しい家族の元へ。(2020/2/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「おにぎり100円」「コーヒー80円」のミニストップ 値下げ以外に求められる“大改革”
「おにぎり100円」に続き、コーヒーを80円に値下げしたミニストップ。相次ぐ値下げで一定の成果は出てきている。大きく引き離された大手3社に追い付くために必要な戦略は?(2020/1/28)

司書みさきの同人誌レビューノート:
ビーカーを日用品として使うという発想 ビーカーを愛しすぎた人たちがまとめた同人誌が新たな扉を開きそう
ビーカーで飲むコーヒーはロマン。(2020/1/26)

なぜ「冷コー」は消えたのか
大阪でアイスコーヒーを意味する「冷(れい)コー」。今やほとんど使われなくなったが、昭和の雰囲気が濃厚に残る大阪・新世界(大阪市浪速区)では「冷コーあります」というポスターが店頭などに掲げられている。(2020/1/21)

「冷コー」は死語? 2割知らず7割使わない
大阪で親しまれてきたアイスコーヒーを指す「冷(れい)コー」という言葉がほとんど聞かれなくなった。大阪市中心部で、道行く人たちに聞くと、2割以上が知らず、7割が知っているものの使っていなかった。(2020/1/20)

CES 2020:
「Googleアシスタント」の今年の新機能は家族用掲示板や家電の起動予約など
Googleが、CES恒例の「今年提供予定のGoogleアシスタントの新機能」を紹介した。家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。(2020/1/8)

2020年1月6日から:
ミニストップが店内のコーヒーを80円に値下げ おにぎり100円に続く戦略
ミニストップが店内で提供するコーヒーを値下げ。一部のコーヒーの本体価格を93円から80円にする。「おにぎり100円」に続く戦略。(2019/12/27)

コーヒー×TSUTAYA 地方スーパーの仰天戦略
書店の減少が止まらない。読書・雑誌離れが進む中、手軽に購入できるインターネット通販が追い打ちをかけ、今年、全国の店舗数は1万3千店を割り込んだ。だが、この状況にもかかわらず出店を増やしているのが、カフェを併設する書店“ブック&カフェ”業態だ。(2019/12/18)

2019年で50周年:
UCC、缶コーヒーで食品業界発の「色彩のみ」商標登録 申請から4年越し“悲願”の裏側
UCC上島珈琲は、UCC ミルクコーヒーの色彩デザインを商標登録したと発表した。2015年の出願から4年越しの登録となった。特許庁やUCC上島珈琲の担当者に経緯などの話を聞いた。(2019/12/18)

長年の問題「通勤ラッシュ」:
満員電車にNO! 優雅に座ってバス通勤、広がる? 朝食付きサービスも
ビジネスパーソンの悩みの種「満員電車」。テレワークやフレックス制度の導入でやや緩和しているが、まだまだ朝夕の混雑は激しい。そんな中、郊外などから都心へ向かう優雅なサービスが出始めた。中には朝食、コーヒー付きのものも……。(2019/12/12)

茶色・白・赤 UCCミルクコーヒーの3色が「色彩のみからなる商標」に登録
色だけで分かるってすごい。(2019/12/12)

試用段階:
“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで
食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。(2019/12/9)

タリーズコーヒーの福袋「2020 HAPPY BAG」 使い勝手がよさそうなオンワードコラボのトートバッグ入りセットも
予約受付がスタートしています。(2019/12/5)

障害とは「テクノロジーの敗北」:
重度障害で寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」――親友の死、引きこもりの苦悩を乗り越えた吉藤オリィが描く「孤独にならない社会」
ロボットが接客して、注文を取り、コーヒーを運ぶ。それだけでなく客と雑談し、メールアドレスの交換もしている。東京・大手町でオープンした「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」でのことだ。ロボットを動かすのは遠く離れた場所で寝たきりで生活する、重い障害のある人をはじめとした外出困難な人たちで、2020年までの常設化を目指している。オリィ研究所所長の吉藤オリィさんに、分身ロボットカフェのプロジェクトが未来をどのように変えていくのか聞いた。(2019/12/4)

2020年福袋:
毎年人気のカルディ福袋! 定番のコーヒーに、お菓子やワインなど、おいしい中身を紹介します
お得な福袋がもりだくさん!(2019/12/3)

「オフィス以外」のどこにコーヒー売り込む?:
ネスレ日本、「アンバサダーの次」のコーヒーマーケティング戦略とは 
アンバサダー活用でオフィス需要を取り込んできたネスレ日本。今回、決済機能を搭載したコーヒーマシンで新市場を狙う。ネスレアンバサダーの「次」のマーケティングとは?(2019/11/29)

幸楽苑、創業以来初となる「幸楽苑カフェ」を富士宮にオープン らーめんの後にケーキとコーヒーも頼める夢の店舗
富士山が見える最高のロケーション。(2019/11/21)

「まさに人海戦術」「缶コーヒーのCMかな?」 JR東「山手線」線路工事の様子が「こんな光景みたことない」と話題に
すごいな。(2019/11/16)

レジでコーヒーブレイク!? 旅先で見かけたゆるく働く人を描いた漫画 日本の働き方との違いにビックリ&ほっこり
心に余裕をもって仕事できたらいいな。(2019/11/5)

「俺がトースト焼くからゆっくり寝てろ」「私がコーヒーいれるから寝てろ」 ケンカ腰でいたわりあう仲良し夫婦の漫画が和む
このツンデレバカ夫婦! ごちそうさまありがとう!!(2019/11/4)

1964年から2020年へ:
「無駄なことをやり続ける」 喫茶店不況の中、創業55年のレトロ喫茶が人気のわけ
喫茶店の倒産が相次いでいる。東京商工リサーチによると、2019年1〜8月の期間で倒産した喫茶店は42件。過去20年の中で最多ペースに並ぶ勢いだ。こうした中で、新宿にあるレトロな“純喫茶”が9月、新たな店を西新宿に出店した。店名は「珈琲西武」。新宿三丁目にある1号店は1964年にオープンし、今年で55年目を数えるほどの老舗純喫茶だ。喫茶店チェーンでは、200円台からコーヒーが飲める店も増えている中、珈琲西武のコーヒーは最低でも600円。それでも、平日や休日を問わず入店待ちの行列ができるほどの人気ぶりだという。(2019/10/28)

スタバの会員ページで不正ログイン被害 入金機能を一時停止
スターバックス コーヒー ジャパンが「My Starbucks」で数件の不正ログインを確認したと発表した。「スターバックス カード」に入金できる機能を停止。(2019/10/25)

プレミアム“キャッシュレス”フライデーの一環で:
ファミマ店内のスマホ決済、「PayPay」や「d払い」を抑えて1位になったのは?
ファミリーマートは10月25日、同社が提供しているバーコード決済「FamiPay」で会計をした人に対し、コーヒーの「ブレンドS」(税込100円)か「アイスコーヒーS」(同)の無料クーポンを提供する。政府の推進する「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」の一環。同社ではキャッシュレス比率が10月以降前年比で6割増にまで増えているという。(2019/10/21)

「香りの総量」は107%に改良:
「香り」のために“ふた”まで新開発 特許も出願 ローソンが異様にコーヒーへこだわる理由
ローソンが、コーヒーの品質向上に心血を注いでいる。10月22日から全国で展開していく新たなコーヒーでは、焙煎の方法を見直す。また、リニューアルしたコーヒーをより良く楽しんでもらうため、ホットコーヒー専用の“ふた”を新たに開発したという。(2019/10/18)

明治のロングセラー飲料「ネスレコーヒー 1000ml」が販売終了に 沖縄のみ販売を継続へ
終了の理由は「長期的に見て、販売物量が減少していたため」とのこと。(2019/10/8)

狙うは「スモールマス」市場:
ネスレ日本、キャッシュレス対応のコーヒーマシン展開 「どこでもカフェ化」実現
ネスレ日本がキャッシュレス対応のコーヒーマシンを展開。主に非飲食系のショップや事業所にレンタルする。集金担当をネスレが代行し「スモールマス」の市場を狙う。(2019/10/8)

チロルチョコの10万倍だと……? Twitterで応募して当たる「コーヒーヌガー超巨大クッション」がめちゃくちゃデカい
圧倒的な存在感。(2019/10/1)

10月1日は「コーヒーの日」! カルディから秋にピッタリの限定コーヒーの入ったバッグや巾着のセットが登場
キリンやチーターのイラストがかわいい!(2019/9/25)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
いいしつもんですねぇ! こぐまのケーキ屋さん(61)「おいしいこーひーのいれかた」
コーヒーの話をしたい店長に胸キュン!(2019/9/22)

タリーズコーヒー×海洋堂のコラボカフェが「大丸心斎橋店」にオープン フィギュアを愉しみながらくつろげる
「TULLY'S COFFEE」の横に「KAIYODO」の文字が新鮮。(2019/9/21)

スタバのコーヒーが買えるボールペン「STARBUCKS TOUCH The Pen」発売 FeliCa搭載、かざすだけで決済
スタバのコーヒーが買えるボールペンが登場。FeliCaチップを搭載し、タッチ決済できる。「ペンとして書きやすく、スターバックスのコーヒーネスを感じられる」製品を目指したという。(2019/9/19)

独自メニューも投入:
ブルーボトルコーヒーが日本1号店を旗艦店にリニューアル 初となるサービスも提供
ブルーボトルコーヒーが日本1号店を旗艦店としてリニューアルする。同店ではバリスタが接客を行う。コーヒーの抽出方法を学べるクラスも開催する。(2019/9/12)

「星屑ブレンド」「満月バターのホットケーキ」……疲れた人だけがたどり着ける架空のコーヒースタンド「満月珈琲店」がステキ
マスターは大きなにゃんこ。(2019/9/7)

コーヒーの香りで目覚める朝 英メーカーのドリッパー付き目覚まし時計
今後、日本でも販売されるかも?(2019/9/2)

白バラ牛乳ファンあつまれー! あの「白バラ」を完全再現したビッグクッションがこだわりのリアルさ
白バラコーヒーもあるよ!(2019/8/29)

カルディでトリックオアトリート! 季節のコーヒー「ハロウィンブレンド」など200種類以上のハロウィーン限定商品にわくわく
もうそんな時期……!?(2019/8/29)

「骨喜=コーヒー」 じゃあ「淡婆姑」「打輪」は何? テストで間違いにされそうな“本当にあった漢字の読み方”
現代人がテストで書くと×になるやつ。(2019/9/17)

朝、優雅にコーヒーを飲んでいたら…… ガラス越しにこちらを見つめるピューマの映像に命の危険を感じる
ピューマが来た!(2019/8/19)

ワンルームや1LDKで飲み物を混ぜたい人へ 先端が小さい「間取り図」のマドラーが発売
「この物件、コーヒー混ぜるのに良さそう」(2019/8/3)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
つめたくておいしいですね! こぐまのケーキ屋さん(55)「あせをかいても冷たくておいしいをあげたい人がいる」
アイスコーヒーがおいしい季節になりました。(2019/7/28)

タリーズに鳥獣戯画モチーフのグッズが登場 動物たちがコーヒーを飲む姿がかわいい
手ぬぐいブランド「かまわぬ」とのコラボ。鳥獣戯画の動物たちが楽しそうにコーヒーを飲んだりキャンプしたりしてます。かわいい。(2019/7/19)

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):
えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い
調理家電で、またひとつユニークな商品が登場した。コーヒーの焙煎機だ。大阪の家電メーカー「ライソン」がクラウドファンディングで公開したところ、3200台以上が売れた。家電量販店などであまり目にしない商品は、どのようにして開発されたのか。同社の社長に聞いたところ……。(2019/7/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国鉄と共に消えた「チッキ便」 新たな枠組みで復活させたい
サザコーヒーと木内酒造が路線バスを使った商品輸送を始めた。その背景に貨客混載の規制緩和があり、全国的に貨客混載の事例が誕生している。地方鉄道にもチャンスがありそうだ。国鉄時代の「チッキ便」を、新たな枠組みで再出発させる契機になるかもしれない。(2019/7/5)

カルディの夏のお楽しみ! 限定コーヒーがオリジナル保冷トートに詰まった「夏のコーヒーバッグ」にわくわく
「アフリカンブレンド」はバッグ限定なのです。(2019/6/27)

どのデザインを覚えてる? 「UCC ミルクコーヒー」の復刻デザイン缶 7月1日発売
誕生50周年記念です。(2019/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。