レビュー
» 2013年01月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows 8時代のアプリケーション開発について

次期「Windows」の登場で業務アプケーション開発はどのように変わるのか? @IT読者を対象に実施したアンケート結果のレポート。

[PR/ITmedia]

 Windows 8 Consumer Preview のリリース(2012年2月29日)直後に、Windows 8用アプリケーション開発への興味度合を、@IT読者を対象にアンケートを実施し、その結果をまとめた調査資料。

 およそ70%が検討中、調査中と回答しており、業務アプリ開発者の多くが現在“情報収集段階”にいることがうかがえる。

 Windows 8 用アプリケーション開発について興味のある項目をたずねたところ、情報収集段階のデベロッパーが多いことを反映して「Windows 8 の概要/アーキテクチャ」や「.NET FrameworkとWinRTの関係/相違点」といった内容が上位を占める。

 ただし、それらに続いて「Metroスタイルによるタッチアプリケーション開発」「JavaScript+HTML5によるアプリケーション開発」といった項目が並んだことからは、新しい開発スタイルへの関心も高いようだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -