ニュース
» 2013年02月05日 14時59分 UPDATE

NRI、システム管理の「Senju Family」最新版をリリース

「Senju Family 2013」ではユーザー部門からの要求に迅速に対応できるようにするための新機能を搭載した。

[ITmedia]

 野村総合研究所(NRI)は2月5日、システム運用管理製品の最新版となる「Senju Family 2013」を発表した。3月5日に発売する。

 新バージョンでは情報システム部門の運用担当者が、システム利用者や開発担当者からの要望へ迅速に対応できるようにするための機能改善や新機能の追加などを図った。

 具体的には運用管理基盤を統合して、要求管理や障害管理、変更管理、リリース管理などの全ての運用プロセスにおける対応窓口を一元化しているほか、仮想環境でのサーバの追加や削除、ジョブ操作の制御などの作業を自動化できるようにしている。

 また、システム運用に関わる各種情報を集約して必要な情報だけを表示したり、モバイルデバイスのWebブラウザなどから運用状態をリアルタイムに把握できるようにした。

senjyunri001.jpg 新バージョンの利用イメージ。1は「対応窓口の一元化や、運用プロセス改善機能の充実」、2は「運用業務の自動化」、3は「ユーザー・開発部門・運用部門がリアルタイムに情報共有できる基盤」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ