ニュース
» 2013年02月07日 07時31分 UPDATE

Apple、OS X Serverの更新版を公開 Ruby on Rails関連の脆弱性に対処

「OS X Server v2.2.1」では3件の脆弱性に対処した。いずれも1月に発覚したRuby on Railsの脆弱性に関連している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleはサーバ用ソフト最新版の「OS X Server v2.2.1」を2月5日付で公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社のセキュリティ情報によると、OS X Server v2.2.1では3項目の脆弱性に対処した。いずれも1月に発覚したオープンソースのアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails」の脆弱性に関連したもので、悪用された場合、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される恐れがあった。

 OS X Server v2.2.1は、OS X Mountain Lion v10.8以降に対応する。

関連キーワード

脆弱性 | Apple | サーバ


Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
日本はIT先進国になれるのか? 目の前の問題を解決しつつ、2020年に向けたITの進化を考える