レビュー
» 2013年02月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド環境を超える高性能なシステム設計を考える

クラウドは仮想化ソフトウェアなどのオーバーヘッドが大きく、想定通りの性能が確保できないケースがある。最先端の物理環境ではioDriveなどの利活用により、高性能かつシンプルにクラウドを超えるシステムの構築が可能だという。さくらインターネット社長の田中邦裕が解説する。

[PR/ITmedia]

 クラウドによるシステム設計は初期導入コストが安く済む点や、必要なときに必要なだけ動的にサーバ環境を調達できる点が最大の強みだが、共有ディスクや仮想化ソフトウェア周りのオーバーヘッドが大きく性能が出づらかったり、必要な性能を準備しようとすると複数の仮想サーバのスケールアウトが必要だったりと、複雑な構成になりがちだ。

 最先端の物理環境なら、よりシンプルにクラウド環境を超える高性能なシステム設計が可能だ。またFusion-io社のioDriveなどの高速I/Oディスクを活用することで桁違いの性能を体感することができるという。

 本ホワイトペーパーではさくらインターネット社長の田中邦裕が、仮想環境と物理環境の双方のメリットを組み合わせた最先端のシステム設計の在り方について考察する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ