ニュース
» 2013年02月18日 12時31分 UPDATE

ボットネットのクラウドサービス、MBSDが提供

三井物産セキュアディレクションは、シマンテック製品を利用したセキュリティ対策の新サービスを開始した。

[ITmedia]

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は2月18日、セキュリティ対策の新サービス「ボットネットチェックサービス」を開始した。Webを通じたマルウェア感染などの攻撃を可視化するという。

 新サービスではシマンテックの「Symantec Web Gateway」を利用。複数のレイヤでマルウェアの存在をリアルタイムにスキャンしてレポートする。MBSDが製品(セットトップボックス)の設置や稼働監視、ログの収集・保管・分析、レポート作成を一括して行う。

 想定利用料はPC1台あたり月額500円(税別)。MBSDではパートナー企業に同サービスをOEMでも提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -