レビュー
» 2013年02月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:創業65年の老舗企業が決断した「受発注システムクラウド化」の狙い

アパレル縫製用ミシン糸などの製造・販売を手掛ける三山は、クラウドを利用したWeb受注システムを新たに構築。なぜクラウドが前提条件だったのか。同社の狙いと選ばれたサービスの全貌に迫る。

[PR/ITmedia]

 ビジネスのスピードアップとコスト削減。この2つの要求が厳しくなる中、ITにも変革が求められている。これまで業務システムを自社運用してきた企業も、将来的なITを計画するに当たって、クラウドへの移行は無視できないだろう。ハードウェアを持たないことによる保守・運用コストの削減や、堅牢なデータセンターでの安定的な運用は大きなメリットだ。

 アパレル縫製用ミシン糸などの製造・販売を手掛ける三山も、業務システムのクラウド化に強い関心を持ち、実現した1社だ。同社はクラウドの導入に当たり、独自のWeb受注システムをIaaS上に展開したいという要件を抱えていた。また、IaaS上のWeb受注システムを介し、数千というアパレルメーカーとセキュアでローコストに通信をする必要があった。このホワイトペーパーでは、同社が掲げたシステム要件、製品選定のポイントを紹介。「基幹システムクラウド化」という今後の展望を掲げる同社がまず手掛けた、Web受注システムの仕組みとは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -